工夫

コメント(0) (0)

トレーディングでは、自分なりの工夫というのはとても大事な点だ。

特に何かを継続的に検証する際には、こうした独自の視点は、スキルの向上に大きく役立つのだ。

昨夜は比較的難しいパターンだった。

一筋縄ですんなり動く銘柄が少なかったからだが。

 

ではいくつかの銘柄をチェックしてみよう。

 

2012-08-21 22:34:16 はっち ADSK QCOM

SNDK.gif

1000株銘柄なので +770ドル

2本目で入ればさらに利益は増える。

ストップはエントリーした位置。

 

 

2012-08-21 22:37:33 はっち ONXX

2012-08-21 23:17:38 はっち ALTR ONXX ADSK PCLN ONFA WYNN

ONXX.gif

500株銘柄なので +900ドル

最初の37分は3本目なので、このローソク足のあとでは入れない。

入るとカットロスになるわけだ。

236で跳ね返り、直近の高値抜きでエントリーだ。

 

 

トレーニング中のあるトレーダーの昨夜のトレーディングの分析を Executioner Internal から転載。

彼は、デモトレーダーを使って執行している。

 

◆総括

・比較的に良く動いたが急落もあり、利益確定が少し難しい日だった。反省点はオープニングの利益確定。すぐ逃げるのか、ホールドしてプルバックをやり過ごすのかの判断が遅かった。1分足で逃げどころを決めるなど、早くアクションがとれるように改善したい。



◆相対比較(オープニングのみ)

 <39/3> Hold +305 / Total 0

image

■CL記入:△○

■判定
ホールドと判断したが、次ローソクで急落したので、途中脱出

■結論
オープニングなので、OK

■脱出後のチャート
image

image

■CL記入:○○

■判定
ホールドと判断したが、次ローソクで急落したので、途中脱出

■結論
オープニングなので、OK

■脱出後のチャート
image



 

<42/4> Hold 0 / Total +40

image

■判定
エントリー後、同時保有していたQCOM、ADSKが急落し、SNDKももみ合ってきたので、見切りをつけて脱出

■結論
オープニングユニットを確実にプラスにするためなのでOK

■脱出後のチャート
image



 

 

<54/8> Hold +120 / Total +40





image

■CL記入:△○

■判定:ホールドと判断したが、次ローソクで急反発してきたので途中脱出

■結論
トータル損益がほぼトントンなので、間違いではないが、出来れば3分間隔で判定したい。

■脱出後のチャート
image





image

■CL記入:△○

■判定:ホールドと判断したが、次ローソクで急反発してきたので途中脱出

■結論
トータル損益がほぼトントンなので、間違いではないが、出来れば3分間隔で判定したい。

■脱出後のチャート
image





image

■CL記入:△○

■判定:ホールドと判断したが、次ローソクで急反発してきたので途中脱出

■結論
トータル損益がほぼトントンなので、間違いではないが、出来れば3分間隔で判定したい。

■脱出後のチャート
image



 

このレベルのトレーディングができる人はなかなかいないだろう。

なぜなら、難しく思えるパターンでも、ルール的にエントリーできる銘柄へ、積極的にエントリーしている。

これは恐怖心を持つトレーダーには、なかなかできないことではないだろうか。

 

彼の良いところは、脱出後のチャートを添付しているという点だ。

手仕舞いの判断が正しかったかどうかを検証しているわけだ。

このような独自の工夫をするという積極性は、彼のスキルに必ずよい影響を与えるはず。

今後が大いに期待できるトレーダーだ。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年8月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年8月

月別アーカイブ