面白さに繋がる日記とは?

コメント(0) (0)

前回の日記の最後で、「一次情報だけで構成された日記には、意外な盲点が潜んでいる」という指摘をしました。

 つまり「今日、誰かと、どこかへ行って、こういうことがあったよ」という一次情報の持っているリアリティーの高さを、どう生かすのか?

というハードルがあるわけです。

面白さに繋がらない理由はいくつかあります。

 

写真があり、その説明

そして最後に

「とても楽しそうな雰囲気でしょ?」

「実際に本当に楽しかったのです」

 

この例のように説明の書き込みが不足すると、独りよがりな「楽しさ」という文字だけで、終わってしまうことになります。

具体的に、どういうことのどの部分がどう楽しく感じたのか?

言い換えれば、面白い映画の中のあるシーンを、文字で表現する、というような、「ストーリー」があるかどうかです。

 

手はいろいろあります。

具体的な方法は、下記のリンク先をご覧ください。 

書き方の技術・秘訣・テクニック にヒントがたくさんあります。

テーマを増やせ

日記に一味加える方法

 

手っ取り早いのは、写真を使い、読み手の想像力を広げるという方法です。

写真というビジュアルと文字とが補い合うため、書き手の想いが、読み手に伝わりやすくなります。

ですが写真があるからといって、文字での説明が不足すると、面白くなくなることもあるわけです。

 

ですが、誰が見ても美しい、目を引く、ハッとするような、「普通じゃないレベルの写真」を撮り、仕上げることができれば、文字がなくても大丈夫。

このように、日記を書くときに、普通以上の写真に関するスキルがあると、面白さのランクを上げることができるのです。

どこにでもあるような内容や写真、つまり、あなたのブログでなくても読むことができるレベルだと、読み手は、面白いとは感じてくれないものなのです。

 

写真や文字を通じて、あなたの情熱が伝わるかどうかです。

あらゆる手を使って、試行錯誤を繰り返す。

ここが勝負になるのではないでしょうか。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年8月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2012年8月

月別アーカイブ