幸せ感は意外に大事

コメント(0) (0)

先日10億円の宝くじが発売されました。

TVのインタビューでは、10億円当たったら何に使いますか?

とTVのリポーターが街角で聞いて回っていました。

住宅ローンの返済・映画を作る、など答えは様々。(笑)

 

10億円あれば、あるいはお金がもっとあれば、今よりも幸せになれる気がしますからね。

では、本当に幸せになれるものなのでしょうか?

      

実を言うと、全ての人は今の状態で、幸せなはずなのです。

程度の違いはあっても、本来そのようになっているものなのですが、では何故幸せに感じない人が多いのでしょう?

それは、幸せを感じるセンサーの性能が違うからです。

     

先ほど、酸素カプセルで1時間ほど過ごし、マイクロバブル風呂に入ったとき、「ああ気持ちいい・・幸せだなあ・・」って思うわけです。

毎日、何かの折に触れ、このように幸せな気持ちになっていると、センサーはどんどん敏感になってゆきます。

そして有り難いという、感謝の気持ちが生まれるのは当然のこととなります。

     

ですが、そういうことを感じなくなっている人は、センサーが使われないため、磨かれることなく、どんどん感度が落ちてゆきます。

そうなってくると、本当なら、あることが起こると、幸せを感じるはずなのに、それを感じなくなってしまうのです。

すると感謝の気持ちも、当然生まれることがなくなります。

    

そして、幸せや感謝する気持ちになれないのは、お金がないからだ、と感じる、あるいは考えることになるのです。

本来の運というものは、こうした幸せを毎日どれだけ感じているのか、そして感謝の気持ちを持って毎日を過ごしているのかによって、大きく左右されるのです。

私たちが持っている「魂」は見えない「紐」によって、本来こうあるべきだという設計図が描かれた、別の世界と繋がっています。

 

人は死ぬと、「魂」は肉体を離れ、本来こうあるべきだという設計図が描かれた、別の世界へ戻り、即時そのデータベースと照合され、そのあとの処遇が決まります。

そこでもう一度人間として生きることになった場合、生まれたばかりの時というのは、本来みんな同じように幸せを感じるように生まれているのです。

ですがそのあと、成長するにつけ、同じ物事が起こったときに、幸せだと思うか、何も感じないのかによって、幸せを感じるセンサーの性能が変わってゆくのです。

   

アメリカでトレードをはじめたばかりで、全く勝てないときのことです。

マーケットが始まると、刻々と動くチャートを見ることができて、自分はなんて幸せなのだ、これは楽しい、これで生活が出来たらどれだけ素晴らしいことだろうか、と常に感じていました。

そして絶対に勝てる方法があるはずだ、絶対に勝ってやる、という強い決意へと繋がってゆくことになったのです。

仕事がなくなった異国の地で、勝てるあてもないのに、漠然とこうした強い思いを抱いていたことを想い出します。

    

幸せに感じる心は、幸運を引き寄せる磁石のようなものかもしれません。

ふとそういう気がして、幸せな気分になり、感謝の気持ちが生まれる。

こうしたサイクルの輪が、少しの出来事で軽く回り始める人は、お金のあるなしに関係なく、幸せな人なのだと思います。

   

塵も積もれば山となるという諺ガあります。

ほんの少しの幸せな気持ちも、毎日積み重なることで、センサーが磨かれるのです。

すると、より幸せな気分が頻繁に湧き上がることになります。

   

そしてそれが運を引き寄せ、さらに幸せになるためのきっかけとして働くのです。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2013年11月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年11月

月別アーカイブ