2018年01月29日 のCoolに過ごそう

朝の雲

コメント(0) (0)

0129clouds01.jpg

自宅ベランダから神戸港・大阪湾方面

 

0129clouds02.jpg

灘・東灘方面

  

0129clouds03.jpg

 

日の出・入り時刻

日の出時刻 7:00

  

0129clouds04.jpg

SONY α7R II + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

  

 

 

instagram.gif

 

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

 ↓ < ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

 

  

コインチェック不正流出事件あれこれ

コメント(0) (0)

coincheku.jpg

 

コインチェックにアカウントを持っているので、コインチェックからこういうメールが送られてきた。

  

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)?本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

XEMは現在108円くらいだけど、補償は88.549円とずいぶん安い金額だ。

 

こちらのまとめを読むと経緯がよく分かる。

coincheck(コインチェック)不正流出事件まとめと今後の影響【ハッキング被害】

    

 

トレーダーならどう考えるか?

 

以下はその考察。

     

nem.jpg

多くの人が見るであろう日足(上のチャート)で見ると、去年の12月頃が買い場だったことがわかるだろう。

一度ピークを付けた直後あたりだ。

  

そして遅くとも今年1月15日(赤い丸印の位置)あたりでは手仕舞いしていないとね。

 

なぜなら、ここでアップトレンドが終わっているからだ。 

赤い移動平均線を見ても納得の位置ではないだろうか。

 

今後の買い時はアップトレンドになってから

価格が赤い移動平均線を超えてからだ。

    

XEMを保有していて、今回の流出被害に遭った人は、たぶんチャートを見ていなかったのだろう。

あるいは見方を知らなかったのかも知れない。

キツい言い方をすると、自業自得。

  

日足ベースでのトレードなら、流出した時点で、まだXEMを保有していたそのこと自体がバツ。

こういう人は早かれ遅かれ損をするものと、相場は決まっている。

     

そもそも投資をしてお金を増やそうというのなら、チャートの読み方の基本くらいは勉強しておくべきだ。

地図の読み方も知らず、コンパスなしで山の中に迷い込めばどうなるかは、言わずもがな。

   

チャートが読めない経済評論家が書くとこうなってしまう・・という絶好のサンプルをご紹介。

 

ビットコインは、今から買ってもいいのか 東洋経済

今のところ、新しい仮想通貨が生まれる場合に、たいていの場合にビットコインとは交換性を持つ。当面の間ビットコインは仮想通貨世界の基軸通貨、あるいは金のような役割を果たすのではないだろうか。イメージは「USドル」よりも「金」ないし「金貨」に近いかも知れない。それ自体で決済が出来るが、別の通貨への交換性を持つ。

だとすると、そこそこの相場(これがいくらなのかわからないのが悩みの種なのだが)は、将来かなりの期間維持されるのではないかと考えている。仮想通貨全体の有用性と可能性を考えると、価格は現在よりも高くていいのかも知れないと直感的には思うが、どのくらいの価格が適当なのかを根拠を持って説明することが難しい。

「今から買ってもいいでしょうか?」と聞かれたら、「眺めているだけのほうがいいのではないですか」と答える。

一般論として、値上がりがこれだけ話題になって注目を浴びてしまった投資・投機の対象は、リスクを考えて割のいい保有対象でない場合が多い。話題になっているからと言って、売りか・買いかを決めなければならないというものではない。

「将来値上がりするのなら、今買っておかなければもったいないのではないですか?」と言う方がいたら、「買えるという確たる根拠を、今あなたも私も持っていないのだから、もったいないことは何もないですよ」と答える。

さて、ここからは、本連載恒例の競馬予想コーナー。週末の関東競馬(日本中央競馬会主催)は、重賞として根岸ステークス(G3)が府中ダートの1400mで行われる(1月28日、東京競馬場11R)。

  

最後は競馬予想というオチ。

ひどい記事だ。

      

経済的に自立するためには、投資という問題とは一生つきあわなければならない。

チャートの読み方くらいは、分かるようにしておきたいものだ。

  

チャートの目利きになれば、人生は大きく変えることができる。

つまり今回の騒動を糧にできるかどうかは、あなたの考え方次第というわけだ。 

      

 

Feedly拾い読みWatch

コメント(0) (0)

FeedlyWatchLogo.jpg

幸福に恵まれるために知恵はいらない。しかし、この幸福を活かすためには知恵がいる

       

「お金よりも時間」と考える若者が増えている

今やSNSなどを通じて世界中のさまざまな他人の体験は見える化されており、多くの物事を疑似的に体験することが容易になっています。それが当たり前の環境で育ったデジタルネイティブ・スマホネイティブ世代の若者にとっては(ほかの人ではなく)"自分がやる意義"を感じられるような体験は特別で、かけがえのない充足感が得られるものへと昇華しているのではないでしょうか。

この"自分がやる意義"について筆者は「介在実感」と呼び、若者の時間の使い方(=時間観)を左右しているのではないかと考えています。若者は介在実感が得られる体験については、時間を「使うとき」として積極的に消費する一方で、その時間を捻出するために、介在実感をそれほど得られない、誰がやっても同じだと判断できるような事物に関しては時間を「ためるとき」と割り切り、削減・効率化を図っているのだと推察されます。

つまり、イマドキの若者にとって、時間は「使うとき」と「ためるとき」に二極化しており、その線引きの基準として重要なのが「介在実感」、ということです。

 

飲食店経営に手を出し「従業員問題」でも地獄を見た漫画家の話 

かつて、八ヶ岳の高原でドッグカフェを経営し、4年半で閉店した自分自身の体験を記事にしたところ、予想以上の反響をいただいた。

 

 

飲食店経営に手を出して地獄を見る人の「三つの共通点」

別に夢を持つ人を揶揄したいのではない。30年間立派に会社勤めをした人や、若くて意欲のある人に、飲食店ではなく、ほかにも才能を活かせる道があるはずだ、と伝えたいだけだ。

 

 

首都圏が阿鼻叫喚、大雪の混乱から見えた「日本人の悪しき習慣」

「顔を合わせてコミュニケーションしないと安心できない」とか「何もかもがデジタル化しているのではなく、紙を見ないとダメか最終的に紙に落とさないとタスクが完結しない」などといった、やはり「目に見えない情報だけでは仕事が完結しない」という習性があるように思うのです。

この問題は、恐らく日本経済の生産性を著しく奪っているわけで、考えてみれば、「実際に雪が降り始めないと判断できない」ということや、「テレワークでは信頼感がないので顔を合わせて仕事がしたい」ということからは何も生まれない一方で、膨大な時間と手間を消費することになります。

   

   

BCN アワードにデジタル一眼の現在をみる 2018篇

ミラーレスは上位3社が揃ってシェアを上げ、およそ7割のシェアを3社が占めるようになり、これは前年比で7ポイント近い上昇。ミラーレスも寡占化が進むか。
特に画期的な新製品がなかったように思うキヤノンがすでに2割のシェアを持ち、ミラーレスオンリーのパナがランク外になって久しいのも複雑。

    

 

ダイエット特集(食の好みと誤った記事)

2015年の厚生労働省「日本人の食事摂取基準」には糖質は必要栄養素ではないことがすでに明記されています。
「三大栄養素だから糖は必須」と書いてある記事は信じちゃダメ。古いです。

不勉強なライター、栄養士はタンパク質からケトン体ができ、脳もケトン体からエネルギーを取り出せるということを知りません。

  

  

アイラブジャパン:日本のメディアの不都合な真実「自衛隊は世界で最も人気があった!」

アラブやアフリカでは高感度世界一。もっとも現地人に好かれているという。

我が国のマスゴミは完全に左翼に成り下がってしまったから、そうした現実を報じる放送局はない。

というわけで、いくつか現実の自衛隊の大活躍をメモしておこう。以下のものである。

  

 

美しすぎる宇宙人「クラリオン星人」の顔写真を公開した男!

宇宙と生命の事実も暴露「彼らは私を壊してしまいました」  

UFOニュースサイト「Alien UFO Sightings.com」が公開している2006年のカヴァロ氏へのインタビューによると、カヴァロ氏はある日を境に空にUFOと思しき奇妙な光を見るようになり、遂には誘拐されるに至ったという。

 

 

2018年1月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年1月

月別アーカイブ