ジャパン・タクシー

コメント(1) (0)

0319Japantaxi04.jpg

  

 

東京のタクシーは、かなりの台数がジャパン・タクシーに入れ替わっています。

今回の研修では、六本木のホテルから青山までの移動はタクシーを使ったのですが、今日はそのインプレッションを!

  

数あるタクシーの中で、ジャパンタクシーを捕まえるのは、割と簡単です。

とはいっても六本木とか青山アタリでのハナシですが・・

 

0319Japantaxi02.jpg

 

数人の運転手さんに話を聞いてみました。

   

最も多かった運転手さんの不満は、乗客が乗り降りするときに使う「パワースライドドア」の閉まる時間が遅いという点でした。

確かに乗り込んでから、ドアが閉まり切るまで、待たされます。

 

確かに最初乗り込んだとき、「何故スタートしないの?」とふと思いましたからね。

ま、すぐにドアが閉まるのを待っていることはわかりましたが・・ 

 

さすがトヨタというか何というか、早速3月15日に改良型が発売されたようです。

トヨタが「ジャパンタクシー」を一部改良して発売

パワースライドドアの閉じる時間を従来の6.5秒から5.0秒へと短縮とありますが、これじゃあねえ・・

 

ある運転手さんはこの程度だと「ホンの気持ち程度早くなるだけ」とのことでした。

  

あと車椅子を載せるときに必要な、スロープ設置から車いす固定などに要する時間を3分程度へと短縮とありますが・・

ある運転手さんの言では、これでは根本的な解決にはなっていないとのこと。

 

理由を聞いてみると・・

スロープ設置から車いす固定などに要する時間を3分程度へと短縮されても、乗り降りが車の横からと言うのが致命的だそうです。

 

0319Japantaxi06.jpg

確かにこれでは、1車線の道ではこのタクシーが止まっていると、通せんぼ状態になります。

相当道幅の広い道路ではなければ交通の邪魔になるだけ。

  

クルマの後から載せるようにするばいいのにと思うのは、筆者だけでしょうか?

今から変更するには、トランクのLPG燃料タンクが邪魔になるはず。

 

自動車評論家は、誰もこの点については、触れていませんねえ。

メーカーや国への忖度?(笑)

      

  
0319Japantaxi03.jpg

それはさておいて、天井が高いためでしょうか、室内は広く快適です。

シートの座り心地はイマイチですが、近距離の移動なら気にならないでしょう。

  

ハイブリッドなので、停車中はとても静か。

ベースとなっているのがシエンタらしく、乗り心地もシエンタのようでした。

 

シエンタの謎 や シエンタ試乗記 で書いているように、シエンタそのものは、筆者にとってはいまいちな印象でしたが、その後改良されているのでしょうか?

ま、タクシーとして使うために、いろいろなテストはしているはずです。

 

なので、一般的なタクシーの代表といえる、それまでのクラウン・コンフォートのような酷い乗り心地ではありませんでした。

もちろん後席だけでの印象ですけどね。

  

個人タクシーの、今の前の世代のクラウンも乗ってみましたが、乗り味は遥かに高級感があり快適です。

 

0319Japantaxi05.jpg

夜の六本木でも、ジャパン・タクシーが目に付きます。 

   

JPX TAXI 試乗!

  

0319Japantaxi01.jpg

  

ある運転手さんの会社では現時点では6割ほどがジャパン・タクシーだそうですが、今年中にはすべて入れ替えるそうです。

国が補助金を出して支援していますしね。

  

東京の街が、ジャパン・タクシーだらけになるのは、時間の問題のようです。

   

  

関連記事

   

増加中の新型タクシー専用車「ジャパンタクシー」、現場から聞くトホホな感想

ジャパンタクシーを現役タクシー運転手が評価してみた

ジャパンタクシーへの大きな期待と思わぬクレーム【藤井真治のフォーカス・オン】

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

>乗り降りが車の横からと言うのが致命的

言われてみればな~るほど、ですね。

自動車の専門家は自動車の事にしか目を向けない。
自動車は道路を走るものだ、って肝心な事を忘れているのかなぁ。

コメントする

2019年3月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2019年3月

月別アーカイブ