D3車検の代車はカムリ

コメント(1) (0)

0313camry01.jpg

  

アルピナD3が車検のため、11日から入院中。

購入した系列店のリベラーラ神戸は自宅からクルマで10分ほどのところなので、お願いしました。

   

235を購入した加古川のBMWだと、いつもBMWの新車に近い状態のクルマを貸してくれていたのですが・・

BMW218iアクティブツアラー 318 i ツーリング

自宅から遠いため、リベラーラ神戸を選択したわけです。  

  

ところが代車はトヨタ・カムリ。

ありゃあ・・

     

これが一番いい代車だというので仕方ありません。

 

というわけですが、どうしても普段の足となっているD3との比較になってしまいますが、ご容赦を・・

        

0313camry04.jpg

9万1千キロ走行で2008年12月登録のカムリG

 

トヨタ カムリ 2007年7月(平成19年7月) 発売モデル

トヨタブランドの最上級モデルとなる。ミッションは、フロアシフトATのみ。FFは5速、フルタイム4WD(Four)は4速となる。ベースとなるのは「G」グレード。それに16インチアルミホイールやクルーズコントロール、アジャスタブルシートなどがつく「リミテッドエディション」、VSC&TRC、メッキフロントグリル、本革シート&木目調パーツの高級インテリアをもつ「ディグニスエディション」を用意する。快適装備では、スマートエントリー&スタートシステム、左右独立温度コントロール式オートエアコン、ステアリングスイッチ(オーディオ・マルチインフォメーションディスプレイ・エアコン)を全車標準装備。安全装備では、運転席SRSニーエアバッグ、前席SRSサイドエアバッグ&前後席SRSカーテンシールドエアバッグを全車標準で備える。今回の改良では、内装木目調パネルの色をブラウンに変更し、高級感を一層高めたほか、ボディカラーにはシルバーメタリック、グレーメタリック、ベージュマイカメタリックの3色を新設定した。また、足踏み式パーキングブレーキの解除忘れの際に、注意を喚起する引きずり防止警告音を、単発音から連続音にすることで、解除忘れに気づきやすくなるよう配慮している。

国産車なのでガソリンはレギュラー。

  

こちらに諸元表があります。

4815×1820×1470mm カムリ

4645×1810×1445mm アルピナ

  

0313camry02.jpg

 

カムリの方が17センチ長く、1センチ幅広いので、当然室内はかなり広い。

とはいっても「だだっ広い」という感じ。

 

167ps 224N 車両重量:1500kg カムリ

350ps 700N 車両重量:1660kg アルピナD3

 

0313camry03.jpg

  

2362cc・直列4気筒DOHC カムリ

2992cc・直列6気筒ツインターボ (ディーゼル) アルピナD3

 

BMWアルピナ D3(D3)ビターボ リムジン(2014年4月)カタログ・スペック情報 (F30)

 

このスペックからも、カムリとD3とのギャップの大きさが分かります。(笑)

  

エンジンを掛けるときは、スタートストップボタンを押す方式。

一応キーレスエントリー方式です。

  

ただ、音を含め、特に印象に残る点のない、ただのエンジンなので、走って楽しくない。

   

運転席に座ると、シートの座面が妙に固めなのが気になります。

なのに、シート自体はフワフワしているという、なんとも不思議なシート。

わかりやすく言えば、座り心地の悪いシート。

   

0313camry05.jpg

湾岸線での神戸大阪往復を含む、燃費はリッター6.8キロくらい。

街中でのペースは他のクルマの流れより少し早め。

    

サスは前後ともストラットですが、どういう路面であろうと、嫌な突き上げがないように、しつらえてあります。

これはコレで、まあ「あり」かなというチューニングではあります。

 

路面の状態は中途半端に遮断された感じなので、路面が良くても悪くても気になりません。

このクルマの唯一の美点ではないでしょうか。

  

ブレーキのタッチは悪くないのだけれど、踏むとホイールバランスが狂っているかのような振動がペダルから伝わってくる・・ありゃあ

   

高速道路では、ステアリングの手応えを含め、ビシッと真っ直ぐ走ってくれないため、かなり怖い。

100キロくらいで、緩いコーナーを回ると、不必要に緊張します。 

   

0313camry06.jpg

車載のナビがメチャクチャ見にくい。

これはひどい。

   

なので、ナビは iPad のグーグルマップ。

グーグルマップの圧倒的な見やすさが際立ちますねえ。(笑)

  

ただ設置できる場所がないので、ベタベタとどこにでも粘着する

滑り止めパッド スマホホルダー 4枚セット 車載ホルダー

を使って、パネルに無理矢理粘着。

   

粘着力が強いので急加速しても iPad は倒れません。

ですが位置的に凄く見にくい場所。

でも置ける場所がここしかないので、iPad を置いたままでは、検索できないのであります。

       

音楽は、USB接続端子がないのでCD。

音はそれなりの、軽いペナペナサウンド。

クルマのキャラと一緒で、そういう意味での統一感はありますけどね。 

      

    

総評

   

運転する楽しさの全くないクルマであります。

ワクワク感とかとは対極に位置する乗り味です。

 

積極的に乗りたくないクルマなので、ランチはもっぱらカミサンのSLKで移動。

車検でD3がいなくなったのは、月曜から金曜までの5日でしたが、いやあ長かった。(笑)

      

クルマをドライブすること自体には興味が無く、A地点からB地点まで、できるだけ燃料を食わず、クルマに関するトータルコストを、軽自動車以外で、できるだけ安く移動したい人向け?

トヨタ カムリ 2007年07月~2008年12月(全国)の中古車 を見ると、28万円から50万円のレンジ。

     

もしこのあたりの予算しかないケースでもカムリはねえ・・

オレなら、断然シトロエン・クサラを選ぶでしょう。

  

乗っていて、クルマをドライブする楽しさがしっかりあるクルマです。

肝心なところが「まっとう」な作りになっていることが分かります。

なので、代車で借りたとき、ちょっと感激したことを今でも鮮明に覚えています。

    

なので、シトロエンクサラの中古車を探してみましたが、タマがあまりない!

シトロエン シトロエン クサラ 2.0エクスクルーシブ レザーシート 右ハンドル キーレス

走行距離 5.2万km 本体価格 (消費税込) 28万円!

これにSEVをセットすると > 豹変クサラ

  

いやあ、クルマ選びは楽しい!(笑)

    

     

関連記事

   

4万キロインプレ・アルピナD3

アルピナD3インプレッション

アルピナD3

318i vs M235 vs D30

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

トヨタの車は運転して楽しいかった車はないですね。
全車種乗ってないので何ともいえませんが・・・
壊れない性能では一番なのかもしれません。
今は母の送迎に車を使っていますので国産車です。
今までの外車(フランス車)は新車でも、細かいトラブルはありましたからね
O2センサー故障とか、でも3年3万キロはたぶん大丈夫だと思いますが
でもプジョー1007は2万キロ台でスターターモーターが壊れましたけど。
それにしてもシトロエンクサラとはかなりマニアックですね。
クサラという車を御存知の方はかなりの車通でしょうね。
自分も以前に購入候補にあがった車でもあります
クサラかクサラピカソで迷いました。
大きさも小さくて自分にはちょうどいいです。
hatchさんお勧めのDS3も大きさも含めてちょうどいいですね。
しかも2018年式で走行距離がほとんど走ってない車が160万位から
買えてしまいます。かなりお得なような。
知り合いの車屋さんにオークションで探してもらってもいいですね。
しばらくはまだ国産車ですが、次期愛車はシトロエンでも良いかもしれません。


コメントする

2019年3月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2019年3月

月別アーカイブ