移りゆく銘柄を選択する方法

コメント(0) (0)

チャート画面表示が、いわゆる「神経衰弱モード」になっているケースが多いことを、このコラムでは、何度も指摘している。

一度習慣化されてしまったクセを直すのは、そう簡単ではないのだ。

だが直さない限り、一日250ドル、つまり一ヶ月5千ドルの利益を3ヶ月間続ける事はできないのだ。

  

銘柄を追跡するために表示されているウィンドウを並び変える、という技術は、繰り返せば、意外に簡単に習得できるものなのだ。

なぜなら「慣れ」は繰り返すことで、習慣化することができるからだ。

いわゆる「時間薬」のため、ある程度の時間さえかければ、誰でもできるようになる技術だといっていいだろう。

 

こうした訓練の障害になるのは、エゴ。

今までと違う方法なので、最初はスムースにできないのが当たり前なのだ。

だが「今までと違う」という違和感は「変えたくない」という心理となり、進むべき方向を変えてしまうのだ。

 

あるべきコースへ軌道修正をするには、正しく意識することから始まる。

トレードフロアでのトレーニングでは、このことを、しつこく繰り返し指摘している。

  

マーケットメーカーが率先して買っているあるいは売っている銘柄というのは、何か理由があるからだ。

だが我々は、リアルタイムでそれを知ることはできない。

だがチャートにはその軌跡がハッキリとあらわれるものなのだ。

 

どんどん上げている銘柄には、高値抜きを狙ってエントリーすることになる。

そこで障害になるのは、「これだけ上げたのだから、もう上がらないだろう。」という勝手な思い込みだ。

このように、トレーディングで障害になっているのは、意外にも「エゴ」や「思い込み」という、自らの心の「内」にあるものなのだ。

 

動いている各サイドのトップスリーを狙ってエントリーし続ければ、一日250ドルなど楽勝に獲ることができるのだ。

昨夜のマーケットは、比較的簡単な展開だったが、それでも勝てない人は、250ドルさえ獲ることができなかったはず。

その原因がどこにあるのか?

この検証ができていないと、また同じ事を繰り返すことになるわけだ。

  

下記のトレーダーの記録をご覧いただきたい。

指示した銘柄をきちんと追っていることがわかるはず。

彼のトレード記録の銘柄とと、ネットエイドでの指示銘柄を照合すると、見事に一致している。

チャートで銘柄を監視するシステムがきちんと機能していなければ、こうしたトレードはできないだろう。

見事だ。

  

2012-10-01 22:32:39 はっち KFT GILD BIIB CELG WYNN
2012-10-01 22:38:06 はっち QCOM INFA short
2012-10-01 22:38:29 はっち TIBX short
2012-10-01 22:39:42 はっち KFT AMGN BIIB ROST ESRX COST

 

下記は Executioner Internal  というトレードフロアのトレーダーのためのブログからの引用。

 

image

 

◆総括

・前半で獲れていたので、経済指標発表後の急伸にも躊躇なくエントリーできたのが良かった。相対比較・判定にも大きな問題なし。



◆相対比較(前半のみ)

 <42/4> Hold +375 / Total 0

image

■CL記入:○○

■判定:ホールド

■結論:OK

image

■CL記入:○○

■判定:ホールド

■結論:OK

image

■CL記入:×△

■判定:ロスカット

■結論:OK

■脱出後のチャート
image



 

<45/5> Hold +465 / Total -96

image

■CL記入:○○

■判定:ホールド

■結論:OK

image

■CL記入:△○

■判定
ホールドとしたが、次ローソクが大きめのギャップで始まったので脱出

■結論
オープニングなので確実性重視でOK

■脱出後のチャート
image

image

■CL記入:△○

■判定:ホールド

■結論:OK



 

<48/6> Hold +430 / Total +14

image

■CL記入:○○

■判定:ホールド

■結論:OK

image

■CL記入:△△

■判定:ホールド

■結論:OK



 

<51/7> Hold +575 / Total +14








image

■CL記入:○△

■判定
レンジアベレージ付近でもみ合っていたので、早めに利益確定。

■結論
欲を言えば、反対色が出るまでホールドしたいが、9月はホールド続けて、利益を獲り逃していたことが多かったのでとりあえず10月序盤は確実性重視でいく。

■脱出後のチャート
image

image

■CL記入:△○

■判定:ホールド

■結論:OK

image

■CL記入:×△

■判定
陽線→ドウジ→ギャップダウンで脱出

■結論:OK

■脱出後のチャート
image



 

<54/8> Hold +125 / Total +484

image

■CL記入:○○

■判定:ホールド

■結論:OK



 

<57/9> Hold +50 / Total +484

image

■CL記入:△○

■判定
垂れてきたので脱出

■結論
OK。指標発表後にはもう一度入りなおしているので問題なし。

■脱出後のチャート
image

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年10月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年10月

月別アーカイブ