父の事故

コメント(1) (0)

今日の夕方、公園で犬を散歩中の父が、自転車に跳ねられるという事故があった。

伸縮リードが伸びた状態で、父と犬の間を自転車が後ろから通り抜けようとしたようだ。

細いリードが見えなかったのだろう。

 

子供の通報で、マンション入り口の受け付けから電話が入り、駆けつけたら、すでに救急車が向かっているとのこと。

とっさに、免許証・現金3万円ほど・車のキーを持って前の公園に駆けつけると、カミサンが大丈夫だという。

速攻で駐車場から車を出し、救急隊員から搬送病院名を聞いて追走。

 

だがあっちは赤信号も何のその。(笑)

なので、iPad で病院を検索、ナビを頼りに病院へ到着すると、まだ救急車が止まっていた。

あまり大きな病院ではないため、駐車場がない。

コインパーキングへ停めて、徒歩で病院へ駆けつけると、すでに救急車はいなかった。

  

結局打撲だけで、骨折・ヒビなどはなく、不幸中の幸い。

膝と両手と右肘の打撲だったので、衝撃が分散されたのだろう。

医者は91歳の年齢を考えると、これだけで済んだのが不思議だという。

運動神経がよく、足腰が強いからだろうと、驚いていた。

 

面白い医者で、「オレは91歳までは生きられないかも知れない」と笑っていた。

結局父と一緒に歩いて駐車場のC6まで戻り、無事帰宅。

とにかく慌ただしい夕方だった。

 

明日は、少し痛むかも知れない。

不幸中の幸いに感謝だ。^^;

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

お父様の怪我、軽傷とのことでなによりです。
昨年初夏、ランチでご一緒させていただきました。
私の父(89歳)と、だぶっております。
早い回復をお祈りいたします。サトウ

コメントする

2012年10月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年10月

月別アーカイブ