冴えないなあ・・

コメント(0) (0)

さて、6月に入っての東京マーケット

全く精彩のないオープニングでした。

jnkc-0601.gif

何しろ日経平均指数の3分足は、上下の236ガイドラインを抜けず。

当然ギャップを埋めるチカラももないままで前場が終了。

では、こういうときはどうすれば?

 

もちろん最も安全性の高い古典プレイの代表30分ギャッププレイだ。

30分の高値安値を抜くか、ギャップから飛び出したらエントリー。

というシンプルなトレード手法。

 

0601JBS2.gif

オープニングで填まったのは一銘柄だけという不作。

8053-0601.gif

住友商事(8053) +7千円 クアトロセットアップ 

クイックマジックプレイであり、30分ギャッププレイでもあるわけだ。

だがゲインはたった7千円。(笑)

       

  

こういうときは日足も見ておく。

下はスイングスキャンプロの表示。

0601sscan.gif

つまりハイローバンドギャッププレイ銘柄も見ておくわけだ。

4911-0601-D.gif

直近の高値を抜いた位置なので安全なパターン。

 

4911-0601.gif

クイックマジックプレイで、30分ギャッププレイでもあるわけだが・・ 1万7千円。

渋いなあ・・(笑)

 

 

東京マーケットはこれだからねえ。

  

 

何といっても、公的年金やかんぽ生命保険の信託銀行経由買いなどで上げてきただけの日本株。

信託銀行は昨年10~12月期だけで国内株式を2兆円近く買い増し。

 

なので後場で仕込まれるわけだ。

そこで昼休みのギャップを利用した、クイックマジックプレイ、30分ギャッププレイ狙い。

0601JBSPM.gif 

8750-0601.gif

第一生命(8750) +1万3千円 クアトロセットアップ

 

 

8591-06016.gif

オリックス(8591) +1万9千円 クアトロセットアップ

これだけ上げても 2万円に届かない日本株。

買い手がいないからなあ・・

   

  

2914-0601.gif

日本たばこ産業(2914) +7千円

ギャップから飛び出したトコロを狙う30分ギャッププレイ。

でも、7千円ですかあ・・

 

でもこういう後場狙いは拘束時間が長い割にゲインは少ない。

というわけで、やはり米国マーケットですな。

というオチ。(笑)

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年6月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2015年6月

月別アーカイブ