イグニッションコイル交換

コメント(0) (0)

C6入院の巻で書いた症状が再発。

V6エンジンの一つが発火していないような振動を伴い、踏んでもいつものように加速しないという症状。

1227C6side02.jpg

駐車で車を離れ、戻って再びエンジンを掛けると、症状は収まったり、そうでなかったり。

ということを繰り返すので、ディーラーへ電話をしたら定休日。

 

で翌日の金曜日に電話したら、代車を用意しておきますと・・

だが不思議なことに、入院当日になると症状が収まってしまった。

1227C6side.jpg

仕方ないので、とりあえず予約をしてある時間にディーラーへ。

コンピュータで記録を調べると、ミスファイアの履歴が残っていたらしく、原因はやはりイグニッションコイル。

   

前回は3つ並んでいるところの真ん中を交換。

今回交換しなくてはならないのは下の写真では右側。

運転席側なのでカバーを外し、さらにちょっとやりにくい位置だという。

C6-V6engine2.jpg

C6は、横置きV6エンジンなので、前側なら、待っている間に交換できるらしい。

部品は一つ7千円くらいだというので、ついでに左のも交換することに・・

 

C6の場合、イグニッションコイルは普通、こんなには保たないのだという。

去年一つ交換したタイミングまで、全部が保ったというのは、初めてのことらしい。

で、遅くとも日曜日には退院できるとのこと。

 

追記

後日談です。

日曜日にディーラーへクルマを引き取りに行ったとき、「あのあと遡って調べてみたら、4万キロくらいの時に全部交換してました。」

ということでした。(笑)

     

    

さて今回の代車は?

rentacar01.jpg

代車を借りた帰路にパチリ。

    

0620progres04.jpg

  

0620progres02.jpg

   

さて何というクルマでしょうか?

0620progres03.jpg

   

0620progres01.jpg

これで分かるでしょう。^^;

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年6月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2015年6月

月別アーカイブ