該当銘柄がないときはどうすればいいのか?

コメント(0) (0)

昨夜の米国ナスダックマーケット26(金)は「該当銘柄なし」という不作。

ではこの日のように2分の時点のボトムスキャンTOP10銘柄で良いパターンがない場合。

どうすればいいのだろうか?

0626BS2-2.gif

日頃から Top ではなく Fib モードでの表示で追いかけることができるスキルを身につけることだ。

   

そして表示された銘柄の中から、条件のよいフォーメーションを探すのだ。

最も高い優先順位は ギャップアップ + 呑み込みパターン。

1本目がこのパターンに填っている銘柄をチェックすればいい。

  

TOP表示で銘柄を追えるようになったら、この方式での訓練がお薦め。

するとエントリーできるチャンスと、勝てるチャンスの両方が手に入るというわけだ。

 

NFLX0626.gif

NFLX 100株で+600ドル

ギャップアップ + 呑み込みパターン

ほぼ神風ギャッププレイ?

   

  

HZNP0626.gif

HZNP +330ドル

薄いギャップアップ + 呑み込み パターン

0626BS2.gif

ボトムスキャンの2分の時点の表示では、マイナス236からの飛び出しが少ないため、トップ5には入らないわけだ。

次に狙うのは3本目のアタマでエントリーできるパターンだ。 

0626BS3.gif

35分の時点の表示。

つまり上のボトムスキャンの表示は、3本目以後のエントリーを狙うリストになるわけだ。

  

YHOO0626.gif

YHOO +370ドル

 

GPRO0626.gif

GPOR +740ドル

 

FEYE0626.gif

FEYE +870ドル

以上は3銘柄同時エントリーできるパターンだ。

  

3銘柄トータルでのパフォーマンスは+1980ドル!

 

Top ではなく Fib モードでの表示で追いかける。

そして、3本目以後のエントリーも狙う。

 

トレードは工夫と応用するチカラが必要。

お試しあれ。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年6月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2015年6月

月別アーカイブ