2015年06月21日 のCoolに過ごそう

日曜点描

コメント(0) (0)

日曜日の神戸は朝から青空が覗く空模様。

0621bluesky01.jpg

午前中は、午後に予定している税理士とのミーティング用資料の作成とプリントアウト。

 

昼はカミサンが、蕎麦を食べたいというので、クマちゃんところのそばにある蕎麦屋へ。

0621soba.jpg

この蕎麦屋さんは、最近人気があって、昼時は待たなければならないことも多いのです。

ランチを楽しみ、外へ出てみると・・

 

0621patrolcar01.jpg

なにやら騒がしい雰囲気。

 

0621patrolcar02.jpg

パトカーが合計4台も集結。

警官はどこかの建物の中にいるような気配。

  

0621patrolcar03.jpg 

ニッサンNOTEのパトカーは、かなり珍しいのでは?

カミサンは、その足でクマちゃんところで2時間ケア。

 

その間に三宮方面へ戻り、クラウンプラザで税理士とミーティング。

カミサンを迎えに行かなければならないので、1時間ほどで切り上げ、再び須磨へ。

途中でシトロエンのディーラからの電話で、クルマは出来あがっているという。 

 

クマちゃんところの前でカミサンをピックアップし、自宅前で落とし、クルマの交換のため一路東灘方面へ。

クルマを引き取るとき、「あのあと遡って調べてみたら、4万キロくらいの時に全部交換してました。」

というオチでした。(笑)

 

つまり4万キロくらいで、ダメになっているということになります。

イグニッションコイル交換には、追記。

 

0621C6repair01.jpg

連日の雨模様の天気のためそろそろ洗車をしないと・・

というタイミングだったのですが、運良くディーラーは洗車をしておいてくれました。

   

帰路途中5分くらいで、再び同じ症状が出現したので、慌ててUターン。

ディーラーがコンピュータで履歴を調べたところ、今度は3番だという。

奥の左が4番・右が6番。今回はこの2つを交換したわけですが・・

C6-V6engine2.jpg

去年交換した5番以外はそろそろ寿命だということで、手前側の3つも交換することに・・

   

0621C6repair02.jpg

手前側はカバーを外すだけなので、ショールームの前でボンネットを開け、30分ほどの作業で完了。

これであと4万キロほどは大丈夫でしょう・・とのこと。

 

で、帰り道に、ふと空を見上げると、不思議なものを目撃したのです。

何と、UFOらしきモノが静止していたのです。

位置的には下の写真のずーっと左側。

0621bluesky03.jpg

ヘリや飛行機なら動き方で分かるのですが、この物体は静止しているので最初は一瞬星かと思ったのです。

ですがよく考えると、こんなに明るいときに、星が見えるわけはないのです。

中央の球体が太陽の光で反射し、その回りに輪がありました。

なのですぐに、星ではないとわかったのです。

   

何かな?UFOなのかな?

とじっと見ていると、そのままグングン小さくなり、やがて消えてしまったのです。

時間にすると5秒くらいでしょうか。

それとももっと長かったのか・・

 

あっという間で、写真に撮る暇もなく消えてしまいました。

    

消えたあとも目で探しましたが、跡形もなく消えてしまったあと。

とにかく、その物体はキラっと光っていて凄く美ししく、思わず見とれてしまいました。 

   

何かの見間違いかも知れませんが、そんなことより、そのあと、何だかとてもいい気分でした。

何だかすごくいいモノを見たという満たされた気分というか、いい意味での軽いショックの余韻が心地よかったのです。

 

帰宅してクルマをガレージへ入れてから、いつもの定位置で夕暮れの空を撮りたくなりました。  

0621bluesky02.jpg

これがそのショット。

 

一日の終わりが、こういう気分の日曜日というのは生まれて初めて。

理由はないけれど、アレを見たあと幸せな気分になるというのは、実に不思議。

でもまあ、いきさつはどうであれ、「幸せを感じる気分」というのは、いいものです。

 

 

素晴らしい人生、それは青年時代に考えたことが壮年になってから実現されることである - ヴィニー

 

代車はプログレ

コメント(0) (0)

今回の代車は、トヨタ・プログレ

0620progres05.jpg

モーターデイズによる新車試乗記 第124回 トヨタ・プログレ 

たまに街中で見かける車ですが、もちろんドライブするのははじめてです。

さてドアを開けて運転席に座ると・・

 

0620progres06.jpg

リアビューは、タクシー専用車のCOMFORTに似ている。

高級車を謳うのなら、もうちょっと何とかすればよかったのにねえ。

 

ステアリングのチルトや上下への動きは、全て電動。

シートのアジャストも当然電動で、シート座面の右サイドにある、スイッチでで調節するタイプ。

 

ランバーサポートも付いているのですが、皮のシートがツルツルして滑りやすいのでした。

さらにシートの形状がカラダをホールドしてくれないため、イロイロ調節はしてみたのですが結局ダメ。

とにかく座り心地の悪い、落ち着かないシートがまず残念な点でした。

     

0620progres07.jpg

こうしてみると、まるで黒塗りのタクシー。(笑)

   

サスは典型的な金属バネの動きですが、乗り始めの印象は決して悪くありませんでした。

ただ、ハイドロのC6に慣れているカラダには、特にヒョコヒョコと落ち着かない乗り心地に感じるわけです。

C6と比べなければ、まあこんなものかなと思います。

 

今まで借りたプジョーやC5等の代車は、こうしてみると、やはり乗り心地は、群を抜いていることがわかります。

足回りはもちろんのこと、フランス車に共通するのは、何と言ってもシートの座り心地のよさです。

     

さて走り出すと、足回りから発生する上下動と、シートクッションの反発の周期とが噛み合っていない動きをするのです。

この「ちぐはぐ」な組み合わせのため、いまいちクルマが安定せず、落ち着かない乗り心地になってしまっています。

  

特にブレーキをかけると、さらに前後の加減速Gが加わるわけです。

そのため、いわゆるブレーキング時の「止まり心地」がすこぶる悪いクルマです。

 

ブレーキ自体の踏み心地や、効き具合はそれほど悪くないのですけどね。

こうして乗り換えてみると、特にC6の乗り心地のよさが際立った次元だということが、よくわかります。

 

C6はブレーキングのたびに、そのフィールのよさで感動しますからね。

ブレーキの「減速質感」の高さに、今更ながら感心する次第。

ブレーキパッドを変えてある、C6と比べると、全くお話にならない違いといっていいでしょう。

           

音は割と静かです。

ですが、もちろんC6にはかないません。

  

それとウィンカーの音が全くしませんでした。

でもたぶん、これは故障でしょう。

         

0620progres08.jpg

走行距離は7万4千キロ強。

      

トランスミッションは変速ショックをほとんど感じないうえ、加減速とも、とてもスムース。

ここはこのクルマの優秀な点です。

 

加速は、まあまあです。

回りに遅れることなく加速しますし、急ぐときは踏めばいいわけですから。

      

ただ踏んだときの加速中のエンジンの回る感触が、どうも安っぽいのが残念な点です。

それとC6に比べるとボディー剛性が低いのでしょうか。

シャーシーのガッチリ感がないため、この部分でも高級感が損なわれる要因となっています。

   

それと60キロ以上の領域になると、ステアリングで修正をしないと、真っ直ぐ走らないという傾向があらわれます。

C6のような、矢のように直進する、という感覚に慣れているため、余計にそう思うのかもしれませんが。

    

乗り心地は固めで、フワフワし過ぎないのは良い点です。

ただ、路面のデコボコのいなし方が下手で、路面状態に左右されチョロチョロと動きたがるのが難点でしょうか。

そのため、自然に修正舵を当てながら走ることになり、こういう点も高級感を損なっている点といっていいでしょう。 

        

0620progres09.jpg

それと、天気が良いとフロントウィンドウへのダッシュボードの反射が、意外なほど強く映り込みます。

ウィンドウはそれほど寝ていないのですが、日が当たると明るい灰色は、ほとんど白に近い色になりますからね。

C6はダッシュボードへの反射対策をしてあるため、余計に見にくく感じるのかも知れません。

ダッシュボード反射撲滅作戦の効果・その2

ダッシュボード反射撲滅作戦の効果・その3

ダッシュボード反射撲滅作戦の効果・その4 

   

0620progres15.jpg

オーディオはカセットテープのプレイヤーまでついているのが時代を感じさせてくれます。

CDプレイヤーは動作せず。(笑)

これは好みの問題ですが、木目の色と灰色とのマッチングがねえ・・(笑)

 

ただエアコンは、もの凄く効きます。

今頃の季節になってくると、駐車後に乗り込むと、車内はかなり暑くなっていることが多いのですが・・

そういうときでも、爽快なほどグングン冷えてゆきますからね。

この素晴らしい冷え具合は、まさに快感といっていいでしょう。

       

0620progres16.jpg

ナビのリモコンは、置き場所へスッポリと嵌まり込むようになっています。

こういう秒に細かい所への配慮は、さすがトヨタ。(笑)

   

ナビには結構面白いギミックが仕掛けられています。

0620progres10.jpg

左のボタンを上へ押すと・・

   

0620progres11.jpg

このようにディスプレイが起き上がるのです。

最初だけですが、オオっと思いました。(笑)

   

0620progres12.jpg

そしてシーソースイッチになっている下側のボタンを押すと、手前へ傾きます。

  

0620progres13.jpg

さらに下側のボタンを押すと、さらに手前へ。

   

0620progres14.jpg

実はもう一段手前へ傾くのですが、ここまで手前へ傾くと、かえって見にくいですな。

ということで、トータルで角度は4段階が選択できるのですが・・

でもそこまで調節できなくてもいいと思いますけどね。(笑)

  

0620progres18.jpg

意外にも、iPad 車載ホルダーがうまい具合に使えました。

ラッキー。

  

0620progres17.jpg

0620progres20.jpg

0620progres19.jpg 

0620progres21.jpg 

それと車から降りる時、エンジンを停止させると、ハンドルがゆっくりと上へ跳ね上がります。

ハラの出ている人のための装備なのでしょうか。

 

C6は運転席のドアを開けると、全てのドアロックは自動的に解除されます。

 

ですがプログレの場合、運転席のドアを開けても、助手席側や後ろのドアは、ロックされたまま、という仕様。

C6に慣れていると、この仕様はとても不便。

   

ですがこのクルマの場合、キーについているアンロックのボタンを押すとロックは解除されます。

ですが車のエンジンを掛けたまま、助手席側のドアを開けようとすると・・

ストレスは最大限に高まるので要注意です。(笑)

  

あと、トリップメータが2種類ついていたり、リセットボタンの位置が操作しやすい場所にあるのは便利です。

C6は、探し回らなければ分からない位置にあるうえ、しかもボタンが押しにくいのですよこれが。

ですが、慣れれば全く問題なし。

それに乗り心地のよさと、一貫して漂う高級感が、そうした細かい不満を一瞬のうちに、消し去ってくれますからね。

  

一日だけの試乗でしたが、結論としてスピードを60キロ以上出さない運転をする人には、お薦めです。

プログレの中古車は、オーナーが丁寧に乗っているケースが多いため、全体的な傾向としてヤレも少なく、値段を考えると良い選択だと思います。

 

ただ、それ以上の速度域になると、一気に馬脚を表すクルマではありますけどね。(笑)

     

      

関連記事

【中古車流通研究所】オーナー日記 

 

2015年6月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2015年6月

月別アーカイブ