日本株週足トレードはまだ継続中

コメント(0) (0)

以前から週足トレードについて、たびたび触れている。

JNKCWD.jpg

特に日本株は最適なマーケットだと言えるだろう。

なぜなら日足がブレたりする、いわゆるノイズを吸収してくれるからだ。

  

下は日経平均の週足と日足チャート。

8月24日の週に、週足チャートは20週移動平均線をブレイクダウン。

JNKCWD-2.gif

下の日足チャートには週足での20週移動平均線を表示している。

この二つのチャートを見比べると、8月24日が絶好のエントリーチャンスだったということがわかるはず。

    

では個別銘柄で、同じタイミングで20週移動平均線を切った銘柄を挙げてみよう。

上側のチャートが週足。 

 

500万円の口座残高なら5銘柄で資金として1500万円まで売買できるわけだ。

つまり一銘柄について300万円分をショートすることになる。

  

2914WD.gif

日本たばこ産業(2914) 

4300円くらいの株価でショートするため、600株。

260万円弱相当の資金で含み益は700円なので600株だと+42万円。

  

8750WD.gif

第一生命(8750)

2020円くらいの株価でショートするため、1000株。

200万円弱相当の資金で含み益は126円なので1000株だと+12万6千円。

  

8630WD.gif

損保ジャパン興亜(8630)

3830円くらいの株価でショートするため、700株。

270万円弱相当の資金で含み益は300円なので+21万円。

 

6326WD.gif

クボタ(6326)

1880円くらいの株価でショートするため、1500株。

280万円強相当の資金で含み益は230円なので+34万円。

 

8795WD.gif

T&Dホールディングス(8795)

1580円くらいの株価でショートするため、1800株。

285万円弱相当の資金で含み益は170円なので+30万円。

  

8766WD.gif

東京海上HD(8766)

4660円くらいの株価でショートするため、600株。

280万円弱相当の資金で含み益は180円なので+11万円。

  

資金1500万円、つまり口座に500万円あれば、+150万円の含み益。

1ヶ月半つまり6週間で+150万円。

月収100万円、週給25万円、日給5万円相当。

年に1回しかこういうチャンスがなかったとしても、500万円の運用成績は年利30%。

   

ここまでは20週移動平均線がアップトレンドラインとなり、そこから陥落したパターンばかり。

つまりとてもわかりやすいパターンだ、といっていいだろう。

    

手仕舞いは日足の20MAを上抜いた位置。

なのでどれもまだホールドだ。

     

次の2銘柄は週足が似たようなパターン。

   

9984WD.gif

ソフトバンク(9984)

7170円くらいの株価でショートするため、400株。

286万円強相当の資金で含み益は1540円なので+61万円。 

     

4503WD.gif

アステラス製薬(4503)

4850円くらいの株価でショートするため、600株。

249万円相当の資金で含み益は307円なので+18万円。

 

週足のトレンドという大きな流れに乗ってのトレード。

そのため、このようにまず負けるということがないのであります。

週足だと日足のブレを見事に吸収するため、とても安心できるのではないだろうか。

 

それに週足なので、株価のチェックは週末に1回だけでいいというのがまた、素晴らしい。(笑)

      

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年10月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年10月

月別アーカイブ