意外な展開セミナー初日

コメント(0) (0)

今回参加されている方は九州在住の38歳。

FXを4年ほど取り組まれてきたという。

1005trade2.jpg

1歳になる子供さんの将来のため参加されたようだ。  ご本人のブログ

  

この日の目的は、まず画面レイアウトが使いやすいかどうかをチェックする。

そしてボトムスキャンで表示される銘柄をチャートで追い切れるかどうか。

という二点。

    

1005BS2.gif

  

下が米国ナスダックマーケット05(月)での彼のシミュレーショントレード結果。 

  

1005tradelog.jpg

  

VIABはポジションサイズが半分の500株なので、本来の1000株なら+140ドル。

VIABとLRCX はエントリーのタイミングが1分遅れ。 

   

1005LRCX02.gif

LRCXはマイナス50ドル

チェックシートの付け方は、まだやってないからね。

   

本来なら・・

LRCX1005.gif

LRCX +420ドル

  

VIAB1005.gif

VIABは本来ならこういうタイミングででのエントリーと手仕舞い。

  

YHOOも本来の1000株なら+60ドル。  

というわけで、実質的な累計損益は+351ドルということになるわけだ。

    

1005SWKS01.gif

SWKSは間違ってロングボタンを押したのだが10秒後には正しい方向のショートサイドへエントリー。

YHOOの手仕舞いと同じタイミングだったので交錯、手仕舞いのタイミングが少し早かったのが惜しい。

+255ドル

この足が終わるまで待てれば、+450ドルくらいにはなったはず。

  

1005tradelog.jpg

1005SWKS02.gif

6トレード目と7トレード目は、間違いエントリー。(笑)

 

FXのトレードの経験をお持ちなので、実際のマーケットでも落ち着いた様子。

というわけで、まずは一安心。

この調子だとデモトレーダーやCQGの操作に慣れるのも早いはず。

   

まだチェックシートの付け方はやっていなかったので、手仕舞いのタイミングを隣でアドバイス。

ただし、エントリーの銘柄選択などは全て彼の判断で、この部分は一切口出しせず。

   

総じて、全く初めで、これだけ慌てず落ち着いて処理できれば、出来過ぎと言っていいレベルではないだろうか。

というわけで、二日目の今夜が楽しみだ。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年10月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年10月

月別アーカイブ