2015年10月17日 のCoolに過ごそう

老いは誰にでも公平にやってくる

コメント(0) (0)

誰もが老後破産老後貧乏にいつかは直面することになる。

1018age.jpg

意外な伏兵は、遅かれ早かれ、必ずやってくるのだ。

 

「幸せ」感はどこで、そして何で決まるのか?

もちろん 金銭感覚 にも依存するわけだが、それだけではない。

  

このことは、今更始まったことではなく、黄金の人生とその価値 や 黄金の人生を現実化する方法などで、繰り返し書いている。

なぜなら50歳直前にアメリカで、この問題に直面したからだ。

というよりも、向き合わざるを得なくなってしまったのだ。

きっかけ ・ きっかけ7 ・ きっかけ8

  

その根底を支えている最も大事なことは、まず「健康である」、という一点ではないだろうか。

精神と肉体は表裏一体のため、まずは攻めやすい肉体面での健康から手を付ける。

なぜなら、このアプローチが最も入りやすく、現実生活での実現性が高いからだ。

 

 

幸福はまず何より健康のなかにある - G・W・カーチス

  

    

具体的な方法や関連した事柄は、 健康・生活のカテゴリでまとめている。 

   

大事なことは、手を付けられることは、今からでも早速やってみるという点だ。

フットワークが悪く、実行に移せないのであるなら、なおさらだ。

 

老いは誰にでも公平にやってくる。

だが、やる気があって努力をする人には、チャンスは必ずやってくるものなのだ。

    

健闘を祈る!

     

   

おまけ

 

幸せ感は意外に大事

毎日の過ごし方

幸せのルール

 

 

メタボーンズマウントアダプター

コメント(0) (0)

VILTROX EFマウントアダプターで書いたように、SIGMA 35mm F1.4  が時々動作不良を起こすので、ブランBとして注文しておいたメタボーンズのマウントアダプターについて。 

1010metabones01.jpg

キヤノン純正のレンズは、ほぼ問題なく動きます、というか使えます。

動作不良を起こすと、シャッターが下りないので、一度カメラの電源を切って入れ直せば、まず使えるようになります。

週末雑感は、メタボーンズ +  EF24-70mm F2.8L II USMの組み合わせです。

 

1010metabones02.jpg

 

ただ、EF16-35mm F2.8L II USM は朝日を撮るときに、ファインダーで見えていた明るさと、撮れた写真との明るさが連動しないことが多く、結局は撮影した枚数がやたら増えてしまうのです。

24-70ミリと比べると、少し古いレンズなので、こういうことが起こるのかも知れません。

よく分かりませんが・・

  

1010metabones04.jpg

  

EF24-70mmとの組み合わせだと、動作はかなり安定していますが、100%OKというわけではないのがねえ・・(笑)

とはいっても、キヤノンのレンズが使えるのはありがたいハナシです。

 

1010metabones03.jpg

FUJIFILM X20 で撮影

キヤノン EF70-200mm F2.8L IS II USM は、まだほとんど出番はないのですが、動作確認はしてあります。

一段落したら、作例をアップする予定。  

    

  

関連記事

 

胎動するAF対応マウントアダプター NEX-7+キヤノンEF-Sレンズ

METABONES製 SONY NEX Eマウント用 電子接点付キャノンEFアダプターVer4

    

    

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

 ↓  前回5位 > 現在4位 < ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

  

 

以前、足の攣りについて書いたことがあるのですが、今回は骨折捻挫の後、消えない痛みについて。

1017kneepain.jpg

足関節捻挫の鑑別と捻挫後遺症についてなど、ググれば沢山出てきますが、じゃあどうすればいいのか?

ギブスで固めるとか、「歩く」などという笑止千万のアドバイスばかり。

とにかく血行を良くし、筋肉の疲れを取り、筋肉の凝りをほぐすには、暖めるのが一番。

家庭用温熱治療器 宝石温熱マットをお薦めします。

ウチではミニマットは、ソファに敷き、シングルマットはベッドにセット。

   

このバイオマットについては、以前も書いたので下記へ引用。

  

  

ミニマットでホッカホカ

カミサンのお母さん(88歳)は、以来1週間ほどバイオマット・ミニを使われていますが、股関節に金属を入れている部分が痛く、今までは鎮痛剤を飲んでいたそうです。

飲むと一発で痛みは止まるほど良く効くそうなのですが、担当医からは痛みが止まったら、飲むのは出来るだけ控えてください、と言われているという。

それだけ効くということは、副作用も強いのでしょう。

     

ところがバイオマット・ミニで暖めていると、痛みが全くなくなるというのです。

とにかく、大喜びで、最近は一日中ミニ・マットに貼りついて使っているとのこと。

 

 

痛みとバイオマット

つい先日カミサンのお母さんから、ぶどうと梨が、段ボールで送られてきた。

ミニマットでホッカホカの記事で書いたように、約1ヶ月で股関節に金属を入れている部分の痛みが、全くなくなったらしい。

今や強力な鎮痛剤とは全く無縁の生活だという。

 

凄いものを教えて貰ったお礼で、ぶどうと梨を段ボールで送っていただいたというわけだ。

バイオマットは、こうした酷い痛みだけではなく、どうやっても取り切れなかった、古傷や腰の痛みも、1ヶ月も使えば、見事に消えてゆくから不思議だ。

  

こうしたいわゆる古傷のような悪いところは、バイオマットで一時的に熱を加えると、一旦かなり痛くなるようだ。

だが、そのうち見事に消えてしまう。

これを繰り返しているうちに、痛みはだんだんと薄れ、やがてそれまでかすかに感じていた痛みさえ、全く痛くない状態へと変化してゆくのだ。

  

筋肉の疲れをとり、コリをほぐす作用があるため、.神経痛、筋肉痛の痛みにもかなり強力に効くようだ。

  

 

効果テキメン

ニャンで書いたモコだが、今年で12歳なので64歳くらいだろうか?

最近バイオマットミニの上で寝ていることが多い。ところがそのせいだろうか、やたら元気なのだ。

まず動きが軽やかになり、走るのも速くなって、別の猫のように元気になってきた。

 

カミサンも娘も、バイオマットとの威力は凄いと、ビックリ。

餌もよく食べるし、まるでうんと若返ったようなのだ。

これにはちょっと驚いた。

  

1026biomatmini.jpg

今回娘が里帰りしているのだが、風邪気味で調子が悪かったようだが、このミニマットに座り、温度を上げて2時間ほどテレビを見ていたら、すっかりよくなったようだ。

 

 

おまけ

 

 

 

2015年10月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年10月

月別アーカイブ