2015年10月30日 のCoolに過ごそう

Till Bronner

コメント(0) (0)

秋の夜長に聴きたくなるのは、伊達男でもあるティル・ブレナー。

1030tillBronner.jpg

   

Till Bronner - Jazzfestival Viersen 2009

  

  

以前ご紹介したのは・・

Till Bronner - AVO Session 2008 と Antonio's Song

ヘタウマな唄で魅せるアントニオ・ソングだが、間奏が聴きもの。

  

  

ティル・ブレナー / Till Brönner

 

1971年5月6日ドイツ生まれ。由緒ある音楽一家に生まれ、9歳の時にトランペットを始める。クラシックの訓練を積み、「ユーゲント・ムズツィアート」などさま ざまなコンテストで優勝。15歳の時にはクラシックに留まらず、ジャズのコンテストでも優勝し、それ以降は連邦ジャズ・オーケストラに最年少メンバーとし て参加。一方、ケルン音楽大学でトランペットを専攻し、弱冠20歳でベルリンを拠点に活動するホルスト・ヤンコフスキー・オーケストラのビッグバンドのメ ンバーとなる。

1993年には、伝説的ベーシストのレイ・ブラウンが参加した初リーダー作『ジェネレーション・オブ・ジャズ』(Minor Music)を発表。さらに『マイ・シークレット・ラヴ』(1995/同)、『ジャーマン・ソングス』(1996/同)と立て続けにリーダー作を発表。 『ジャーマン・ソングス』では、旧ドイツの古い映画音楽を新鮮なアレンジによって蘇らせ、ドイツ国内で絶賛を浴びた。続く『ミッドナイト』 (1997/BMG)では、マイケル・ブレッカー(ts)をはじめとするNYジャズ界の実力派を迎え、グルーヴィーな作品を完成させた。

そして、1999年5月にヴァーヴ移籍第一弾作『love』が日本発売(海外では1998年9月発売)。この作品は、端正で優雅なミュート・トランペット と、ヴェルヴェットのようなヴォーカルをフィーチュアしたバラード・アルバム。本格的な日本デビュー作となったこの作品は、スイングジャーナル誌選 定<GOLD DISC>に選ばれ、一躍日本のジャズ・ファンにその名を知らしめることとなった。また、その年の同誌主催のジャズ・ディスク大賞では< ニュー・スター賞>も獲得。2000年4月にリリースした『チャッティン・ウィズ・チェット』は、敬愛するチェット・ベイカーへのトリビュート・ア ルバム(前作に引き続き、スイングジャーナル誌選定<GOLD DISC>を獲得)。この作品では、ドラムンベースやファンク・ビートを大胆に取り入れ、チェットの音楽をフレッシュな感性で蘇らせ、ジャズ・ファ ン以外にも大いにアピールした。同年7月には大阪フェニックスホールにて、日本での初のジャズ・コンサートが実現。

2001年、写真家ウィリアム・クラクストンのドキュメンタリー映画『JAZZ SEEN/カメラが聴いたジャズ』のサウンドトラックを担当。2002年発表の『ブルー・アイド・ソウル』では、ファンクやDJの要素を絶妙に取り入れ た、アーバンでスタイリッシュな新世代のジャズ・サウンドを表現し、絶賛を浴びた。同年6月には、東京・大阪でワンマン・コンサートを実施。2004年5 月には、カナダのオンタリオ滞在中に作詞家のロブ・ホーアとともに書き下ろしたオリジナル曲を収録したアルバム『ザット・サマー』を発表。初めてほぼ全編 でヴォーカルを披露し、ナチュラルでメロディアスな楽曲とともに高い評価を集めた。同年11月には初のブルーノート東京公演が実現。

過去にはベルリン交響楽団のピックアップ・メンバーを中心としたサロン・オーケストラ"ディ・ベルリナーズ"でも活躍するなど、クラシックの分野でも評価 は高いが、現在はジャズに専念。プロデューサーとしても活躍中で、2005年9月に発表されたベテラン・ジャズ・ヴォーカリスト、マーク・マーフィーの新 作『ワンス・トゥ・エヴリー・ハート』では、プロデュースはもちろん演奏でも全面参加(今年1月のマークの来日公演にもゲスト参加)。また、イタリアの トップ・プロデューサー/DJであるニコラ・コンテの『アザー・ディレクションズ』(Blue Note)や、3月にリリースされたトゥーツ・シールマンスの新作『ワン・モア・フォー・ザ・ロード』(Verve)にゲスト参加するなど、ヨーロッパを 中心にますます注目度をUPさせている。

 

望遠ズームで日の出

コメント(0) (0)

今日は珍しく曇り空のため、恒例の朝の雲は撮れず。

1018clouds05.jpg

そのかわり、先日撮っておいたショットをお裾分け。

    

1018clouds06.jpg

SONY α7R II + キヤノン EF70-200mm F2.8L IS II USM

  

1018clouds03.jpg

SONY α7R II + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240

 

    

   

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

 ↓ < ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

  

灘散策

コメント(0) (0)

灘は水が美味しいため酒作りで有名なところだが、食べ物も美味しいゾーンだ。 

1017nada06.jpg

 

1017nada01.jpg

このあたりは高級奈良漬「甲南漬」の本拠地。 

 

1017nada02.jpg

明治3年創業の高嶋酒類食品(株)が運営。

奈良漬のような「甲南漬」が人気。

かなり広い店内には、様々な漬物が販売されている。 

  

1017nada03.jpg

魚介類粕漬、各種漬物、佃煮類やみりん等の調味料も販売。

試食もできる。

そしてこの敷地の一角に寿司やさんがある。

  

1017nada04.jpg

カミさんのお気に入りの寿司店。 

  

1017nada05.jpg

なだや

   

1017nada07.jpg

週末はランチでさえ、あらかじめ予約が必要という人気店。

ほとんどは、地元の常連客。 

   

1017nada08.jpg

突き出しには「蟹身」も・・ 

 

食べログの写真を見ればわかるようにに、ここの照明は独特の赤みがかった色。

そのため、正しい色の再現がすこぶる難しい。 

  

1017nada09.jpg

ご飯はできる限り少なくオーダー。

こういうときは、マクロのレンズが欲しい。

このレンズだと、これ以上寄れないからなあ・・ 

  

1017nada10.jpg

最後は巻物。

この味で締めて3千円はリーズナブル。 

   

1017nada11.jpg

甲南漬資料館は神戸公式観光サイトにも掲載されている。

食後はここでのんびりできるのもナイス。 

   

1017nada12.jpg

2010年3月19日、甲南漬資料館(1930年昭和5年建築、旧・高嶋平介邸)をはじめ、灘五郷の木造蔵など、兵庫県内4箇所10件が国登録有形文化財に選ばれたという。

     

1017nada14.jpg

光芒が美しい・・ 

ソニー FE 24-240mm F3.5-6.3 の絞り羽根枚数は7枚の円形絞り・・

キヤノンレンズは、8枚絞りが多いのだが・・

    

1017oasis01.jpg

このあたりまで来ると、必ず立ち寄る阪急オアシス。 

  

1017oasis02.jpg

駐車場が広いしね。 

  

1017oasis03.jpg

店の前では、何かしらの「市」が開かれている。 

1017oasis04.jpg

この日は、キウイ。 

1017oasis05.jpg

ここからは店内になるので、撮影モードはオート。 

つまりカメラ任せ。

 

1017oasis06.jpg

シャッターボタンを押すだけ。 

 

1017oasis07.jpg

ピントもまず外れない。 

 

1017oasis08.jpg

さらに手振れでボケることもほとんどなし。

    

1017oasis09.jpg

帰り道で珍しいトラックに遭遇。 

神戸御影生まれの洋菓子店「ケーニヒスクローネ

最近、糖質のものはすっかり食べなくなってしまったので、ご無沙汰であります。 

 

1017oasis10.jpg

自宅マンションはこの先左側。 

このショットも、フルオートでの撮影。

   

SONY α7R II + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240

    

   

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

 ↓ < ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

  

 

 

トレードとマネージメント

コメント(0) (0)

昨夜(28日)の米国ナスダックマーケット、ショートサイドは早々と失速し、トータルで -920ドル。

chice.jpg

ローソク足3本目のアタマで、ショートサイド銘柄全てのロスが確定してしまったわけだ。

 

そうなると、ロングサイド銘柄で何とか マイナス920ドル を挽回できないか?

と誰もが考えるはず。

 

だがロングサイドの YHOO は -40ドル MDLZも -40ドル。

ローソク足3本目でトータル -80ドル が確定。

つまり残る3銘柄トータルで、計算上 約1000ドル が必要になるわけだ。

   

で生き残った3銘柄の4本目の時点での含み益はというと・・

vrtx3-01.gif

VRTX +500ドル弱

 

2d9805a78f12c92074c195f0ab9dd01ea1915745.gif

CHTR +80ドル弱

 

qcom3-01.gif

QCOM +90ドル弱

含み益はトータルで +670ドル

 

さて8本目・・

qcom3-02.gif

QCOMは +40ドル。

236ガイドラインで跳ね返るのを待つしかない。

今回の目標額はトータルで千ドルだから、ここで40ドルくらい獲っても仕方ないからね。

プランBとして、跳ね返らなければ、ブレイクイーブンで逃げる。

 

なのでQCOM君はあてにならない。

 

一方で好調だったのがCHTR。

CHTR3-02.gif

300株なので、次の足のアタマで確定すると、たぶん +400ドル あたり。

 

さてVRTXが微妙なパターン。

VRTX3-02.gif

500株なので今までの最高値まで行けば +650ドル。

するとCHTRの 400ドル と合わせ、トータルで 千ドル あたりまで獲れそうだ。

しかし現在の足の終値は +430ドル くらい。

 

ただ上ヒゲトレンドラインが右下がりで怪しくなってきている。

   

+650ドル を狙って、もし次が陰線で下げてしまったら +300ドル 以下。

236ガイドラインあたりまで下げたら、ほとんど利益なし。

 

次の足のアタマで出れば +400ドル は確保できそうだ。

そうなるとCHTRとで +800ドル。

あとはQCOM君次第。

ひょっとすると 千ドル に届くかも知れない。

  

+800ドル を確保するのか?

それともVRTXで650ドルを狙い、トータルで千ドルオーバーを狙うのか?

そのかわり上がらなければ、CHTRだけのゲインでトータル +400ドル だけ。

   

chice2.jpg

 

VRTXは次のアタマで手仕舞いが正解だった。

VRTX1028.gif

結局VRTX は+400ドル。

  

CHTR1028.gif 

CHTR は +450ドル

  

QCOM1028.gif

QCOM君は頑張ってくれて+200ドル

   

こうして無事合計 +1050ドル。

目標だった 1000ドル を上回ることができたというわけだ。

 

こうしたケースでVRTXのように揉み合う場合、まずは必要な利益を確保することを優先すべきだ。

ホールドしている銘柄のトータル損益を最大にし、リスクを下げるのがトレーダーの仕事なのだから。

   

つまりマネジメントするチカラ、言い換えれば「考え方」が大事ということになる。

    

これが実際のマーケットでできるかどうかだ。

 

このトレード手法では、入る銘柄も場所も皆同じ。

だがどこで手仕舞うのか・・

  

ここがトレーディングの成否を分けることになる。

    

  

2015年10月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年10月

月別アーカイブ