福島第二原発で冷却装置が停止

コメント(0) (0)

福島・茨城・栃木で震度5弱 福島県に津波警報

日経は福島で震度5弱 原発に異常なし と書いている。

fukushimadaini.jpg

だがテレビでは福島第二原発で冷却装置が停止したと騒いでいる。

   

福島第二原発、燃料プールの冷却停止

22日早朝に福島県沖を震源とする地震の影響で、同日午前7時半現在、東京電力福島第二原発(同県富岡町、楢葉町)の使用済み燃料プールの冷却装置が停止しているという。現在、東電が原因を確認している。

原子力規制委員会によると、止まっているのは、3号機の使用済み燃料プール。冷却システムのポンプが停止している状態という。ただ、燃料は十分冷えている状態で、ただちに影響が出ることはないという。

   

福島第二原発3号機 使用済み核燃料プールの冷却装置停止 NHK

東京電力によりますと福島第二原発3号機の使用済み燃料プールでは冷却用のポンプが停止しているということです。午前6時すぎの燃料プールの水温は28度7分で、1時間に0度2分ずつ上がっていくと予想され、運転上の制限の値としている65度には1週間程度で達する見込みだということです。

   

この程度の揺れで冷却装置が止まるなんて、あまりにも脆弱すぎるのでは?

少々の地震でも、冷却装置は止まらないようにすべきだろう。

  

プールには、使用済みと未使用の核燃料が計2544本もあるのだ。

第二第三の安全装置があって然るべきでは? 

        

今回は一週間の猶予があるようだが、もっと大きい地震でより被害が大きくなれば、一週間で故障が直せるとは限らないわけで、また福島第一と同じ事が起こる可能性があるということになる。

   

結局、原子力規制委員会・原子力規制庁・東京電力は結局3.11から何も学ばず、対策も出来ていないことがわかったわけだ。 

こんな連中が、古い原発を再稼働させようとしている。

 

嗚呼!

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2016年11月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年11月

月別アーカイブ