手仕舞いの位置

コメント(0) (0)

せっかく、良い動きの銘柄にエントリーしても、しっかりホールドできず、チャンスを逃がしてしまうトレーダーは多い。

そのためにもチェックリストをしっかりつける事だ。

たとえ1銘柄だけのホールドする場合でも、チェックリストをつけることで、確実にホールドすることができるのだ。

ではサンプルで、ポイントを解説しておこう。

下は昨夜の米国ナスダックマーケット4(木)でのサンプルだ、

 

2012-10-04 22:33:26 はっち NFLX EBAY PCLN COST AMZN

2012-10-04 22:49:28 はっち VRTX NFLX

NFLX100401.gif

500株で +420ドル

チェックリストをつけていれば、最初の陰線の後では出られないはず。

もし陰線が2本続いたのであれば、チェックリストは △△ となるため、その後で出ることができるが、このケースではホールドだ。

 

 

問題は次の陰線の部分。

ここで出てしまうトレーダーは多いはず。

NFLX-3-100401.gif

大事なことは、ストップを正しくつける。

この部分で陰線2本は続いていないので、チェックリストが △△ にはならない。

つまりここで出る判定には、ならないはずなのだ。

 

 

手仕舞う位置だが、それまで続いている陽線の幅がどれだけあるのかを見れば、予測ができるだろう。

NFLX-4-100401.gif

最初の陰線の後の陽線からは 0.95ポイント 上げてプルバックが来ている。

次は陽線3本で 0.92ポイントなので、そろそろ限界だろうということがわかるだろう。

そうすれば次のローソク足の始まった、よりゲインの多い位置で手仕舞いできるはず。

陰線2本の後で、出るのが本来の位置だが、こういう考え方で手仕舞ってもOKということだ。  

  

    

2012-10-04 22:35:41 はっち VRTX

2012-10-04 22:49:28 はっち VRTX NFLX

VRTX100401.gif

500株で +450ドル

陰線2本のあとでの手仕舞いではないが、ゲインはすでに450ドルもあるうえ、先物が落ちてきている。

チャートがしっかり読める、トレーダーなら、ここで手仕舞うことができるはず。

陽線がこれだけ続き、ギャップダウンで陰線が確定したら、次のローソク足のアタマで手仕舞いだ。

陰線をもう一本待つと、ゲインが大きく減ってしまうことになる。

 

繰り返すが、必ずチェックリストをつける。

トレードをする場合は、チェックリストをつけることを習慣化することだ。

これだけ書いても、つけないトレーダーは、結局マーケットから退場することになる。

ご愁傷様。(笑)

 

下記がサンプルのチェックシート

チェックリスト前半(エクセルファイル形式・ダウンロード)

チェックリスト後半(エクセルファイル形式・ダウンロード) 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2012年10月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2012年10月

月別アーカイブ