2013年01月07日 のCoolに過ごそう

帰省

コメント(0) (0)

6日の新幹線最終で娘が帰ってきた。

去年の10月に結婚してから初めての帰省。

元気そうだ。

  

夜は家族で久しぶりの ロ岩ロ岩好・アムアムホウ      

20120107amama4.jpg    

 

娘は大手会計監査法人のボスの秘書をやっているが、相変わらず景気は悪いという。

アウディーやBMWなどの、高級外車は景気がいいらしい。あと製薬会社も。

パナやソニーなどはダメダメらしい。

    

リーマンが潰れ、野村へ潜り込めなかった連中が入社したときは仕事のできないヤツばかりで、あれでは潰れるのは当然だと。

なのでどんどんクビになったらしいが、それでもまだ残っていると、呆れていた。

仕事ができないという自覚はあるようだが、何とかして潜り込めば・・というスタンスらしい。(笑)

    

カミサンとネイルサロンへ行ったりと、忙しく休暇を謳歌している。

年末は休みなしで働いたので、今回は3日ほど滞在できるという。

 

 

サポートとトレンド

コメント(0) (0)

下は1月4日夜のナスダック総合指数3分チャート。

comp3-120403.gif 

さてあなたはこのチャートで、何が見えているだろうか?

どこへ真っ先に目が行くだろうか?

 

指数は上のチャートのように、上下の236を抜けず、狭いレンジで推移。

こういう日は、指数の動きはあてにならないわけだ。

こういう日に勝てないのは、見ているところが違うからではないだろうか?

  

その銘柄が、指数と連動しているのか、それとも関係なく動く銘柄なのか?

これを常に意識しているかどうかだ。

そして指数と関係なく動く銘柄を見つけること。

  

 

2013-01-04 23:34:57 はっち CME COST

CME0104.gif

+475ドル

3本目でエントリーだ。

         

2013-01-04 23:36:42 はっち ROST short

ROST0104.gif

+150ドル 

3本目でエントリー。

 

2013-01-04 23:40:16 はっち LULU short

LULU-3-0104.gif

+400ドルのパターン。

3本目でエントリー。

下は1分足。

LULU-Trend-0104.gif

この銘柄は指数と関係なく動いたわけだが、途中でプルバックが来ている。

だがサポートを破らない限り、大きく負けることはないわけだ。

自分がエントリーした位置と、サポートの距離を常に意識することが大事。

  

トレーーディングで、見極める必要があるのは抵抗線とトレンドライン。

 

2013-01-04 23:33:21 はっち SBUX MLNX MNST

MLNX0104.gif

+800ドル


指数と関係なく、どんどん上げた銘柄だ。

45分にエントリー。

こういうのを狙わなくては・・

 

 

2013-01-04 23:47:34 はっち DECK

DECK0104.gif

+400ドル

6本目でエントリー。 

 

2013-01-04 23:47:36 はっち VIAB

VIAB0104.gif

+245ドル +160ドル

 

まず5本目でエントリーだ。 

 

下も5本目でエントリーできるはず。

  
2013-01-04 23:48:03 はっち CTXS

CTXS0104.gif

これは応用問題。

236より手前でエントリーできるようになるためには、サポートが見えていなければならない。

CTXS-2-0104.gif

 

 

2013-01-04 23:49:06 はっち FFIV ORLY

FFIV0104.gif

+350ドル

  

 

FFIV-2-0104.gif

これはわかりやすい例だ。見逃してはならないパターンだと言えるだろう。

     

いかがだろうか?

これだけ勝てるチャンスがあったわけだ。

チャートのどこを見ればいいのか?

 

見えない人は、3分足でワンクリックシミュレーションをこなすことだ。

それも数多くだ。

一日30分でもいいから、毎日続ける事。

こうした地道な努力ができない人は、トレードで成功することは諦めた方がいい。

   

自分がエントリーした位置から、サポートがどれくらい離れているのか?

これを常に意識することで、どこでエントリーすればいいのかが、自然にわかるようになる。

3分足でワンクリックシミュレーションをたくさんこなせば、必ず見てくるはず。

そうすれば、次にエントリーできる、美味しいカタチの銘柄候補を常に把握できるようになるだろう。

 

 

  

購買力が戻るマーケット二日目

コメント(0) (0)

新ルールによる東京マーケットはどう動いたのか?

東京マーケット7日(月)の概要

日足での注目銘柄のトータルのゲインは +25円

ではボトムスキャン銘柄は?

1207BS5.gif

開始から5分後の表示銘柄

ロングサイド銘柄は抜けていないので、狙いはショートサイド

 

6954-120701.gif

ファナック(6954) +29ティック

 

86.30-120701.gif

NKSJ HLDGS (8630) +40円

 

この2銘柄だけで+69円相当の利益。

株価がデイトレード向きではない銘柄は見送り。

 

1207BS6.gif

開始から6分後の表示銘柄

 

新たに登場した中部電力(9502)

9502-120701.gif

中部電力(9502) +17円

 

日足での注目銘柄のトータルのゲインは +25円

ボトムスキャンの場合は3銘柄合計で +86円 

 

緑は利益ゾーン

 

ああ!プリンターが・・

コメント(2) (0)

昨日ブルーレイディスクのレーベルを印刷しようとしたら、プリンターにB200という表示が・・

「故障だから修理窓口へ連絡してくれ」というメッセージが出た。

「晴天の霹靂」というか「藪から棒」といえばいいのか、とにかく今まで快適に動いていたのに、いきなりだ。

 

 

いつ買ったのかは覚えていないが、キヤノンMP640という機種を調べてみると発売日が2009年9月中旬からなので、3年前後使っていることになる。

書類のほとんどは、スキャンスナップを使っているが、免許証のスキャンなどは、どうしても複合機能を持つプリンターを使うことになる。

写真印刷はほとんどしないが、CDやDVD、ブルーレイディスクなどのレーベル印刷で結構よく使っているのだ。

 

今回も年末から撮り溜めた映画をハードディスクから、ブルーレイディスクへコピーし、ラベルを印刷しようと電源を入れたら、いきなりメッセージが出たというわけだ。

修理に出してというと時間がかかるし、修理代を考えたら、新しいのを買った方がいいだろう、という方向になったわけだが、さて何を買うかだ。

最近のプリンタ事情には全く疎いので、ネットでザッと調べてから、ハーバーランドのソフマップへ。

 

ここは最近6階から9階の広いフロアに移転し、コジマと提携していることを前面に打ち出している。

20120107sofmap.jpg

 

詳しい人を呼んで説明を聞くが、イマイチ説得力なし。

なので、HAT神戸のヤマダ電機へ移動。

しかし店員の口が臭かった。(笑)

   

ヤマダ電機には説得力のある店員が居て、ずいぶん参考になった。

速攻で帰宅して、アマゾンでポチッ。

さて何を買ったのでしょうか?

 

続く・・

  

関連記事

プリンタ到着 

レーベルプリント

週末はフォトショップ技勉強デイ

 

 

起業についての考察

コメント(0) (0)

アメブロを筆頭に、ネットの世界では、起業して成功しようとする人たちのブログを、沢山読むことができます。

ですが、ほとんどのものは、ブログを読みに来る人を顧客にしようとしています。

そして起業の考え方や工夫を書くのではなく、それを何とか売ろうとするわけです。

 

たとえば、アメブロの規約を読むと、そういうブログは、いつ削除されるかわからないリスクを負っていることになります。

私はアメブロのブログで、読者を自分の仕事の顧客にしようと、書いているわけではありません。

自分の仕事は、独自のサーバーを持ち、独自のドメインを取得し、有料の情報と全く同じものを、すべて無料で公開しています。

    

 

なぜなら、仕事で稼いでいるわけですから、WEBの読者を対象に儲ける必要はないからです。

収支がブレイクイーブンなら上出来で、税金面で言えば、マイナスだと、もっとナイスなのです。(笑)

     

ですが、世間ではほどんどの場合、これだけ儲かる方法を教えるから、というもので、無料で公開されているものはほとんどありません。

何億円も稼いでいる人なら、タダで教えることもできるはずなのにです。

どんなことでも、知っているだけではダメで、それを実行に移せなければなりません。

    

ですから凄い方法をタダで教えても、できない人は一生できないのです。

自分で決めたことを守るのも、その一つです。

本来、タダで教えたからといって、競争相手が沢山増える心配など、全くないわけです。

  

         

真に成功した人は、何をどう考え、どういう風に毎日を過ごしているのか。

具体的な方法論よりも、その根底にある日常にこそ、真の成功の原動力が潜んでいるのではないでしょうか?

ですから、プライベートな部分が見えない、あるいは見せない人は、要注意です。

       

アメリカで大事な人を家族へ紹介し、自宅のパーティーへ招待するのには、理由があります。  

本当に成功し、仕事のできる人には、かならず一定の共通点があります。

成功している人には、それはすぐにわかるものですが、そうでない人には見えないのです。

世の中、良くできています。(笑) 

      

アメリカでは、おおよそ55歳から65歳以上の人が起業を成功させる確率が高いというデータがあります。

成功確率は、20歳から40歳歳の人よりも、2倍近くも高いのです。

フェイスブックなどの若い創業者は、数少ない例外だということを、忘れてはなりません。

   

      

企業を成功させるには、その分野に対する高い知識と、顧客のニーズを熟知し、協力してくれる人たちのネットワークが必要です。

そして何のために、どれくらいまで成功したいのか?という、具体的な目標が何よりも大事になります。

お金を残したいのか、手元に残らなくても、経済的な生活水準を上げたいのか、などといった目的によってやり方は全く変わってくるわけです。

ですから、本来人のやり方を、そのまま真似ても、うまくは行かないものなのです。

    

たとえば、マンションなどの不動産経営では、家賃に対する消費税はない代わりに、認められる必要経費が少なく、最後は高い税金を払わなくてはなりません。

控除される経費などの計上が少ないビジネスは、いくら売り上げがあっても、手元にお金は残らないのです。

回すことができても、漕ぐのをやめると、倒れてしまうのは、稼げば稼ぐほど、税金で持って行かれるからです。

   

       

日本から、ゲイツやジョブズやザッカーバーグのような逸材が何故輩出しないのか?

景気が悪くなればなるほど、大企業や公的組織に就職し、若いときから守りの体勢で一生戦わず、組織にしがみついて生きようとする人が増えるのです。

ですが、そういう人たちには、起業で必要な考え方が、スッポリと抜け落ちてしまうのは、当然のことなのです。

   

自分の価値が長年続けてきた仕事だけという状態では、真に経済的な独立を成功させることは、今や難しい時代なのです。

市場へ一人で投げ出されても、生きてゆける力を付けるには、自由な競争の中で真に必要となるものを知るため、ある程度の期間は、揉まれる必要があるのです。

 

シングルモルトウイスキーでも、12年ものより21年もの方が、遙かにコクがあって美味しいのです。

さてアナタは何年ものなのでしょうか?(笑)

   

2013年1月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年1月

月別アーカイブ