2015年04月15日 のCoolに過ごそう

週明け点描

コメント(0) (0)

昨日はもう一つの不動産の仕事のため、顧問弁護士の事務所へ。

0414yodoyabashi02.jpg

2013年の夏前頃から交渉していた、賃借人との立ち退き交渉の話が、この3月にやっと合意。

1年半ほどかかったが、いやあ長かった・・(笑)

 

 

登記されている木造建物の滅失登記手続きのため、湾岸線を阿波座まで走り、弁護士事務所のある淀屋橋へ。

 

0414C6enginetreatment.jpg

 

出発前に、修理から戻ってきたC6へエンジンオイル添加剤、セラミックパワーリキッドを注入。

3週間ぶりのC6の第一印象は、とにかく静かな車だということ。

 

高速道路を走ると、まさに高速巡航艦C6

それと着座位置が低いためだろうか、重心の低い、あたかもスポーツカーのような感覚。

 

いやあ痛快。

   

0414C6Windowglass.jpg

  

これは FUJIFILM X20で撮った、運転席側のサイドウィンドウの断面。

樹脂の多層膜を挟み込んだラミネーテッド・サイドウィンドウで、二重ガラスになっている。

高い静粛性の一つの要因だろう。

   

0414yodoyabashi.jpg

この費の神戸と大阪は、結構な雨が降る空模様で、傘が面倒だった。(笑)

 

朝9時半頃に出かけ、10時半から弁護士と相談。

1時間ほどで終わったので、近くで見つけたランチバイキングへ。

 

0414lunch01.jpg

新しくできたホテルユニゾの地下にあるオシャレな宮崎牛の店。

天の幸 山の幸

 

0414lunch02.jpg

うおまんグループが宮崎牛の美味しさに出会ってオープンした店だという。

インターフェロン治療も終わったので、食欲が出てきているため、こういう店との出会いは、プライスレス! 

   

0414lunch03.jpg

料理は和食中心。ランチは1280円から。

ランチバイキングはご飯2種類、前菜12種類、スイーツ3種類。

飲み物コーヒー紅茶(アイス、ホット)ほうじ茶、蓮茶、玄米茶、ティバッグ12種類。

 

0414lunch04.jpg

スイーツも数は少ないですがクオリティが高く、レモンのシフォンケーキ、葛きり、そして特に名物の土鍋プリンなど。

ランチバイキング形式だが選択肢が多く、また素材や味も素晴らしく、全部食べたわけではないが、ハズレはほとんどなしだろう。

ブッフェの中でもトップクラスの内容。

    

0414lunch05.jpg

予想外だにしなかった、レベルの高いバイキングにちょっとビックリ。

13時以降は惣菜バイキングのみを1,000円で利用できるという。

     

0414lunch06.jpg

右上はもやしとネギがベースのお好み焼き。

小麦粉を使わずという素晴らしさ。(笑)

左はキャベツの酢のものだったが、実にいい味だった。

   

0414lunch07.jpg

2500円を切る値段の「しゃぶしゃぶ」ランチは、満足度高し。

このランチを食べるだけのために、湾岸線を走ってもいいかな、とふと思ったほど。

   

そのあと、京橋にある大阪市の固定資産税の部署へ立ち寄り、ちょっとした調査。

  

2時半には高速で一路神戸方面へ向かい、3時過ぎから、クマちゃんところで2時間ケア。

今週は一日おきのスケジュールだが、グングンよくなるのが実感できるから凄い。

週二度ペースへ持ち込むことができるかどうかが、当面の課題かな?(笑)

 

 

組織と個人

コメント(0) (0)

退職したり、スピンアウトして、いざ起業しようとして、まず直面する、大きな壁があるのだが、意外と気づいていない人が多い。

0415luck.jpg

組織で働いてきた、感覚や価値観が染み込んだままで、今までと同じように起業しようとしても、うまくはゆかないことが多い。

なぜなら、個人と組織ではビジネスのやり方が違うからだ。

 

カイシャでは組織的に「お客に商品を売りつける」ビジネスモデルが基本となっている。

長年、普通の企業に勤めているうちに、アタマの中は、知らず知らずのうちに、この考え方だけになってしまっていることが多い。

   

アマゾン・楽天などのサイトでは、欲しい商品を検索すると、値段順に表示される。

そして安いところから、チェックして買う。

 

だが買ってしばらくしたら、どこの店で買ったかなどは、すぐに忘れてしまうだろう。

チェックを外し忘れたら送りつけられる、スパムメールは読みもせずにゴミ箱行き。

 

これが典型的な消費者の行動ではないだろうか。 

大資本の組織ならともかく、個人が起業しても、儲かる商売ではない。

    

個人起業家が、こうした薄利多売競争に巻き込まれると、疲れ果て、結局モチベーションが続かなくなるのだ。

一日の大半の時間を注ぎ込んでも、大した利益にならなければどうだろう?

継続させるためのモチベーションは下がる一方となるのは当たり前。

 

なぜなら、金儲けだけの、いわゆる「感動のない商売」だからだ。

 

こうした大手とのハードな価格競争というシステムに嵌まり込むと、個人企業家に勝ち目はほとんどないのが現実なのだ。

  

0415strawberry.jpg

  

トレーディングでは、こういう日のこういう結果に巻き込まれるというか、遭遇することがある。

予期せぬタイミングで、予期せぬ事が起こるためだ。

    

時間的、経済的な余裕から何が生まれるのか?

ワンパック300円を切る「いちご」ではなく、600円以上のものを何も躊躇もなく、2パック買いできる幸せ。

毎日の充実度というか、幸せ感は、意外にもこうした小さな事の積み重ねなのかも知れない。

  

 

 

 

 

 

2015年4月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年4月

月別アーカイブ