組織と個人

コメント(0) (0)

退職したり、スピンアウトして、いざ起業しようとして、まず直面する、大きな壁があるのだが、意外と気づいていない人が多い。

0415luck.jpg

組織で働いてきた、感覚や価値観が染み込んだままで、今までと同じように起業しようとしても、うまくはゆかないことが多い。

なぜなら、個人と組織ではビジネスのやり方が違うからだ。

 

カイシャでは組織的に「お客に商品を売りつける」ビジネスモデルが基本となっている。

長年、普通の企業に勤めているうちに、アタマの中は、知らず知らずのうちに、この考え方だけになってしまっていることが多い。

   

アマゾン・楽天などのサイトでは、欲しい商品を検索すると、値段順に表示される。

そして安いところから、チェックして買う。

 

だが買ってしばらくしたら、どこの店で買ったかなどは、すぐに忘れてしまうだろう。

チェックを外し忘れたら送りつけられる、スパムメールは読みもせずにゴミ箱行き。

 

これが典型的な消費者の行動ではないだろうか。 

大資本の組織ならともかく、個人が起業しても、儲かる商売ではない。

    

個人起業家が、こうした薄利多売競争に巻き込まれると、疲れ果て、結局モチベーションが続かなくなるのだ。

一日の大半の時間を注ぎ込んでも、大した利益にならなければどうだろう?

継続させるためのモチベーションは下がる一方となるのは当たり前。

 

なぜなら、金儲けだけの、いわゆる「感動のない商売」だからだ。

 

こうした大手とのハードな価格競争というシステムに嵌まり込むと、個人企業家に勝ち目はほとんどないのが現実なのだ。

  

0415strawberry.jpg

  

トレーディングでは、こういう日のこういう結果に巻き込まれるというか、遭遇することがある。

予期せぬタイミングで、予期せぬ事が起こるためだ。

    

時間的、経済的な余裕から何が生まれるのか?

ワンパック300円を切る「いちご」ではなく、600円以上のものを何も躊躇もなく、2パック買いできる幸せ。

毎日の充実度というか、幸せ感は、意外にもこうした小さな事の積み重ねなのかも知れない。

  

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年4月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年4月

月別アーカイブ