2015年04月30日 のCoolに過ごそう

EF70-200mm

コメント(0) (0)

ちょっと重いレンズだけれど、これでしか撮れないショットがあるからねえ。

0424C6side02.jpg

というわけで、最近撮ったショット。

  

0424C6side.jpg

  

密度感というか凝縮感は、広角系ズームでは味わえない類のものだ。

    

0424C6side03.jpg

  

0424cafe01.jpg

 

駐車場から、ニケまでに必ず通るカフェというかレストランというか・・(笑)

 

0424cafe02.jpg

  

0424cafe03.jpg

EF70-200mm F2.8L IS II USM 

  

0424bluesky03.jpg

  

珍しい角度からのショット。

カミサンが息子の薬を貰いに行ったときの待ち時間にパチリ。

  

0424bluesky02.jpg

 

ちゃんと、値段なりの写りになってるいるから、レンズ選びは難しいのだけれど。

それもまた楽しからずや。

 

  

関連記事

 

4世代

EOS Kiss に白レンズ

クルマを撮るレンズは?

 

2015年4月までのトータルパフォーマンス

コメント(0) (0)

2013年3月から2015年4月までのボトムスキャンのパフォーマンスをまとめてみました。

0302tradingfloor02.jpg 

実際のマーケットでの2年あまりの数字を集計したパフォーマンスはどれくらいか?

日本株

201504Jperformance.gif 

4月の日別パフォーマンス

資金は約500万円     

 

日本株のネットエイドは2013年6月で終了。

(東京マーケットのパフォーマンスが悪過ぎるため)

201504JTotalperformance.gif 

10月からはマーケット開始後2分の時点でのボトムスキャンのパフォーマンスへ変更しています。

それまでは5分の時点でのパフォーマンスだったわけですが・・ 

            

   

米国株

201504performance.gif 

4月の日別パフォーマンス

資金は5万ドル。

 

 

ネットエイドは9月一杯で終了。 > チャートで見るネットエイド米国株、コンテンツ終了のお知らせ

10月からはマーケット開始後2分の時点でのボトムスキャンのパフォーマンスへ変更。

  

これまでの一ヶ月の平均値は4万6千ドル強。     

201504totalperformance.gif

まだ10月からなのでまだ7ヶ月間のデータですが・・

マーケット開始後2分の時点でのボトムスキャンの表示銘柄を狙う。

という作戦へ変更。 

                     

     

ボトムスキャンのパフォーマンスを比べると・・

日本株は1カ月平均150万円弱(1ヶ月を20日として・一日平均7万1千円強の利益)

米国株は1カ月平均4万5千ドル弱(為替レートは1ドル120円として計算・一日平均27万円弱の利益)

米国株は日本株の約4倍弱のパフォーマンス 

    

ここからどれだけ獲れるかは、トレーダーの腕次第というわけです。

        

「幸せ度」の高い毎日を送る方法

コメント(0) (0)

自分の考え方で「幸せ感」を引き寄せ、高いレベルを維持する。

0430happy.jpg

ある方法を身につければ、これが現実のものとなるのです。

 

人は誰もが、自分の「内に宿る神」を持っています。

そうした自分の境遇に感謝の気持ちを持てるようになれば、毎日が幸せに過ごせるようになります。
    

なぜなら、幸せ度は外的な原因や自分の所有しているものによって、左右されるものではないからです。

もしそうなら持っているモノのが増えるにつれ、どんどん幸せになってゆくはずなのではないでしょうか。

 

欲しいモノが買えない。

そういう人は、幸せではないのでしょうか?

   

では、深く眠っているときというのはどういう状態でしょう?

自分の身体を含め、所有しているものは何もない状態のはずです。
    

幸せを感じる夢の中では、モノを持っていないにもかかわらず、幸せを感じることができるのです。

なぜなら睡眠中というのは「肉体を持たない、精神だけの自分」でいる状態だからです。

    

人が死ぬと、現世の所有物は肉体も含め、すべて置いてゆかなければなりません。

モノというのは、いつかは必ず捨てなければならない宿命なのです。

にも関わらず、人はこうしたモノのため、あるいはお金のために、他人からモノを奪い、他人を傷付けるのです。

 

人はモノが無いという状態を、不幸だと錯覚してしまいがちなのです。

ですが金が無い、仕事が無い、恋人がいない、結婚できない、ということが、本当に不幸なことなのでしょうか?  

もし、これを不幸だとするなら、この状態と逆になれば、幸福になれるものなのでしょうか。

    

金持ちで仕事があり恋人がいる。

あるいは結婚して子供もいる。

というように全てが叶えられても、幸福には感じられないことがあります。

     

なぜなら、モノを所有するにつれ、別の問題が浮上してくるのが、この世の習わしなのです。

幸せかどうかは、心の問題で、すべては脳にある考え方に依存しているのです。

    

モノの中に、幸せはありません。

テレビのCMや通販を見ていると、あたかもそのモノを手に入れれば、幸せになれるかのような、錯覚に陥ることがあります。 

    

小さな子供が、無一文の裸でも、嬉々として走り回るのは何故でしょう?

子供は成長するにつれ、自我が大きくなります。

すると、オモチャが無い、お菓子が無い、と不幸に感じ始めるのです。

 

肝心なことは、モノを味わうための心、気持ちなどの「精神」なのです。

    

すべての不幸の原因は、毎日を過ごせていることに対し、それが当たり前だと錯覚することから始まるのです。

人が生きているということは、ありえない奇跡の連続から生まれているのです。

  

科学者は生命を追求すればするほど、「奇跡」としか表現できない体験をするといいます。

そのため真に優秀な研究者ほど、無神論者から転向し、信仰を持ち始めるのです。

NASAの宇宙飛行士の多くは引退後、神父になる事が多いのはそうした理由からです。

   

こうした考え方が身につくと、今まで気付けなかった、様々な「有り難さ」に気がつくようになります。

そして自分の心に、安心と感謝の念が湧き起こり、自然に安定した気持ちのままで、様々なことに集中することができるようになるのです。

   

幸福は本来人の中に備わっているのに、考え方と気持ちの持ち方で、それを感じることができなくなってしまいがちです。

環境やモノなどの外的な原因によって、幸福度が高くなったり、不幸になるのではありません。

人間に生まれつき備わっている純粋な幸福感は、一人一人の心の中にあるのです。

   

こうしたことを時に触れ、意識することによって、物が溢れ返っている世の中で雑念を抱くことなく、毎日を過ごすことができるようになるのです。

自分の心を、どの位置に置いて、この世界を見るのか?

その見方によって、景色は大きく変わってゆくのです。

   

ある人は、「この世は監獄だ」と言い、別の人は「この世は美しい世界だ」と言います。

全く同じものを見ているのにもかかわらず、これだけの違いが生まれるのです。

このように同じ今を生きていても、このように、どう考えるかによって、世界は違って見えるのです。

       

目の前に見える光景に、騙されないことです。

見える光景よりも、遙かに大事なことは、自分の心が「今」どんな状態にあるのか?です。

     

怒り、悲しみ、心配は自分が今見ている景色の、どこに視点を置いているのかによって生まれるのです。

多くの人は、自分の心の状態を意識することなく、目の前に見える景色を優先して生活しています。

 

毎日を幸せな気持ちで過ごすには、自分の心の状態がどうなっているのかを、折に触れ意識することです。

そうすれば、相手の嘘も見えるようになります。

    

そうした心持ちで毎日を過ごしていると、それはやがて奇跡を生み、同時にあなたの見える景色も変わってゆくはずです。

 

 

朝の雲

コメント(0) (0)

0430clouds01.jpg

自宅ベランダから大阪湾方面

  

0430clouds02.jpg

 灘・東灘方面  

  

0430clouds03.jpg 

5DMarkⅢ EF16-35mm F2.8L USM   絞り・露出ともマニュアルで撮影。 

 

2015年4月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年4月

月別アーカイブ