DRTロボット

コメント(0) (0)

balancewave02.jpg

 

あえてDRTロボットと書きましたが、読んで字のごとく。  

ついに見つけました。

絶対あるはずだと探し回りましたからね。

 

既存の上下運動の振動マシンに両サイドに動く左右の振動を追加した「立体的な3D振動マシン」。

 

ALINCO(アルインコ) 3D 振動 フィットネスマシン バランスウェーブ【振動調節16段階】 FAV3017

アマゾンで ¥ 32,184 でした。

 

ベストセラーの一位なんですね。

カスタマーレビューを読むと、いい感じなのでポチッ!

  

balancewave01.jpg

床面保護の専用フロアマットが付属。

幅 80×奥行45×高さ15.5cm

 

四角いクッションは、息子が足をドンドンする、いわゆる多動になったとき、敷くために購入。

 

ottostyle.jp 低反発座布団クッション スクエアタイプ アマゾンで3900円。

45センチ×45センチ×15cm 【ヘタリを抑える3層構造/表と裏で異なる感触】 ブラウン

 

この「横揺らしロボット」と高さがツライチなのが、凄い偶然!  

  

 

重いので安定した使い心地

 

21キロと結構重いので、非力で小柄な女性だと動かせないかも。

その代わり、体を乗せたときの安定感が抜群。

 

高級感のある「DRT運動」をしてくれるのだ。

 

リモコンが付属しているので便利。

balancewave03.jpg

これは本体側パネル

 

タイマーは最長が10分なので結構短く感じる。

そして止まったら一度起きて、面に圧を掛けない状態にしないと選択やプレイができない仕組みだ。

 

3つのオートモードがあって「03」を選択すると、完全なる横揺れだけのモードになる。

好みの速度を16段階で調節可能とありますが、最も遅くしても、さらに遅いともっといいと思いました。

  

だがこれは凄い!

オートで動くので、ゆっくりとそして早く揺れたりと、動きにバリエーションがあるのです。

早い動きから遅い動きへ移るときの減速感が実によく制御されています。

 

思わず感心しました。

こういうところで、機械の持つ独特な高級感を感じるんですね。

つまり、実に気持ちいい、ということです。

   

昨夜着いたので、寝る前に3セットやって寝たのですが、当然熟睡することができました。

   

さらに、ベッドに横たわると「背中が軽い感」がジワーと広がる感じ。

凄くナイスな状態で、眠りに落ちることができたのです。

    

で朝起きたら早速3セットやりました。

  

そのあとマイクロバブル24時間風呂で目を覚まし・・

今ヘッドバンドをアタマにセットしてこれを書いています。

 

  

いくらでもほぐせる

  

自分の工夫でどうにでもなるという快感が凄い。

 

本来はこの器具の上に立ち使うわけで、筋肉のトレーニングのためのものです。

ですが何と「横揺らしロボット」としても使えるのです。

   

  

気兼ねなくできる!

 

あなたにDRTを快くやってくれるパートナーがいたとしても、これがあれば何倍も幸せになれるはず。

これが結論です。

  

3つのオートモードの1とか2だと上下動も加わった、メーカーが主張する「3D」的な動きをします。

横揺れだけじゃなく、たまにはこの3Dモードでグリグリやると、なかなかよく効くんですね。

 

凄いなあ・・と感心しながらも、体調すこぶる良し。(笑)

 

 

こちらに使ってみたレポート多数あり

 

   

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年6月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年6月

月別アーカイブ