変わってゆく背中

コメント(0) (0)

balancewave01.jpg

 

DRTロボットは、ただ横に揺れるだけしか能が無いわけです。

なのでロボットと呼ぶにはチョットなあとは思うのですが、でも効き目が素晴らしい。

  

一般的にマイナス電子が体内に入るときは、吸入器より30%、体表より70%が入るといわれています。

  

皮膚には経穴(つぼ)があります。

「つぼ」には多くの毛細血管と神経の末梢が分布し、皮膚で最も電気抵抗が低い場所です。

  

電気抵抗が低いと、マイナス電子が入る最も良い条件になるため、吸入口が「つぼ」になります。

パワーアップキットは、皮膚の重要なツボを銀布で覆うことで、そのゾーンに該当する臓器などへダイレクトに、マイナス電子の刺激を送ることができます。

  

背中の背筋に沿った頸椎沿線を銀布で覆い、DRTを行うとマイナス電子の刺激が背筋から全身へ送られるわけです。

面白いのは、内蔵へダイレクトにアタックするクイックチャージとの違いです。

   

balancewave02.jpg

 

午後のクイックチャージの代わりに、DRTロボットで3セット30分をやってみましたが、これがまたいい。

何と言っても気持ちいいのがいい。

  

それとDRTロボットの揺らし方は、首がよく緩む気がする。 

仰向けの姿勢でのDRTだからこその効果だろう。

 

 

好きなときに好きなだけできる    

   

背中のユラユラは、仰向けでも全く問題なし。

背中が緩むと、体全体が緩むので、リラックスできます。

 

マニュアルで刺激が少ない方がいい場合はマニュアルモードで。

でも通常はオートの3がお勧め。

  

昨日は午前中は父のところで3セットやったあと、自宅へ戻って、DRTロボットで3セット。

 

凝りが溜まらないうちに、緩めてしまうことができる。

なぜなら、誰に気兼ねすることなく、スイッチを入れるだけで動くから。

 

躊躇なしにDRTロボットを「こき使う」ことができるようになると、どういうことが可能になるのか?

体調をどんどん良くすることができるようになります。 

 

tama さんの感想はというと・・

    

まず馬淵さんにタカダイオン+3セットDRTを施術して頂きました。

やはりこれは効く かなり効く が 感想です。

 

そしてロボットDRTでの施術。

これは便利でナイス。

 

細かい動きはできませんが 継続性はこちらが上。

毎日するなら間違いなくロボットの勝ち。

 

これからの世の中を反映しています!

普通の ************** や ************** は失業しますね。

  

 

背中がどんどん良くなるという意味 

 

DRTロボットは、体にほとんど負担のかからないであろうと思われる、実に柔らかな動作で揺らしてくれるのです。

そのため、何回続けてやっても、いわゆる揉み返し状態のような反応は一切起こりません。

   

カミサンが、そんなにやって大丈夫なの?

やり過ぎると良くないわよ。 

  

と心配をしてくれますが、全く問題なし。

   

今日も、朝起きがけに3セット。

たぶん出かける前にもう3セット。

 

父のところから帰ってきてからも3セットやるでしょう。

たぶん。

   

というのはやればやるほど、背中はどんどん緩むからです。

オレの背中は堅くない!と思っていたとしても、さらにほぐれてゆくのです。

 

じゃあ、その先で何が起こるのか?  

 

というわけで、今週末の体験会でも体験できるようにと現在計画中です。

そこまで待てない人は、アマゾンで買ってしまうのがいいでしょうね。(笑)

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年6月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年6月

月別アーカイブ