ガン(癌)のカテゴリーを追加

コメント(1) (0)

1031cancer.jpg

 

がんを表現する時に、ひらがなの「がん」、カタカナの「ガン」、漢字の「癌」の三つの書き方があります。

  

「がん」と「ガン」については同じ使われ方をしていますが、「がん」と「癌」には違いがあります。

がん=悪性腫瘍全体の事を指す
癌=悪性腫瘍のうち上皮性のものを指す > 上皮性とは、表(体表)に繋がっている全ての部分

 

「肺がん」「肺癌」や「胃がん」「胃癌」は正しい表記です。

癌という漢字が読みづらいのと見た目の印象で、ひらがな表記にしているケースが多くなっています。

 

ひらがなとカタカナについては同じで、「がん=ガン」の二つに違いはなありません。

ひらがなの言葉から「がん」という言葉に続く文章になる時に、わかりにくくなります。

ですので、このサイトでは、以後「ガン」と表記します。

  

  

はじめまして、さいたま市在住の53歳男性です。

いきなりのメールで恐縮です。

母親が、すい臓がんになったのをきっかけに、様々な治療方法を模索する中こちらのブログにたどり着きました。

今現在の治療としては、免疫治療を受けております。

保険がききませんので、1クール5回の治療で300万弱の治療代金がかかります。

それでも、完治すれば安いと思いますが、やってみなければわからない部分もあります。

その治療と併用して、免疫を上げる努力をしています。

平熱が35度台と低いので何とか体温を上げようとしています。

そこで、こちらで紹介しているオカダイオン治療器、ライフ治療器、三井温熱器が気

になりメールした次第です。

購入するにはどこから買えば良いのか、アドバイスいただければ幸いです。

すべての機器を一度に購入するのは金銭的に無理なので

まず購入すべき治療器はどれが良いでしょうか。

お忙しいところ申し訳ありませんが、アドバイスいただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

20180711

 

はじめまして。

がん細胞に近赤外線を照射して消滅させる、がん光免疫療法の治験が始まっています。

数年のウチに実用化されると思いますが、それまで持ちこたえることが出来るかどうかです。

 

自分の抵抗力を上げるための免疫療法は抗がん剤投与より遥かにいいと思いますが1クール5回の治療で300万弱というのは、結構な金額ですね。

すい臓がんが、どの程度の段階なのかが分かりませんので一般的な話としてですが、以前に書いた記事が参考になると思います。

◆体温が低いと言うことですので、まずは三井温熱器を購入されてはいかがでしょうか。 

   

三井温熱器 | ダイアモンドライフ神戸 

https://goo.gl/X3P52K

(Amazon.co.jp: 三井式温熱治療器Ⅲ(MI-03型)&マイハンドらくらくⅡ: ドラッグストア)

アマゾンだと8万円半ばです。

 

上腹部痛があればそのアタリを「アチチ」反応が出るまで温めます。

対費用効果の高い方法だと思います。

  

  

◆次にお勧めするのがタカダイオンです。

 

大量のマイナス電子を体内に取り込むことで細胞の酸化還元が急激に促進され、

活性酸素が除去され、細胞の活動力が飛躍的に向上します。

 

この細胞活動の活発化により免疫細胞も活発化し、結果的に体温が上昇します。

毎日行うことで、細胞が常に活発化し、平熱が上がってゆきます。

 

私が開発したパワーアップキットとのセットがベストです。

こちらから購入できます。

ダイアモンドライフ神戸 - Yahoo!ショッピング

27万円です。

 

まずはこの2種類で、体温は確実に上昇します。

ですので、体調はかなり良くなると思います。

  

  

◆つぎはライフ治療器です

ライフデジタル治療器操作方法 | ダイアモンドライフ神戸

ALSの友人が広い部屋へ移動した際に電源を切ったので、設定が必要になりました。 以下はそのための ライフ治療器  の操作説明です。

https://goo.gl/b6w2tz

(ライフデジタルプロフェッショナルV2 | Rife Machine) \93,600

 

これは特定の周波数でがん細胞を破壊するという仕組みですが

基本的にはAWGと同じです。

 

◆最後はバイオマットでしょうか

バイオマット最新情報

これは体全体を温めるものです。

50万円ほどします。

現在ヤフーショッピングで販売の準備をしています。

  

購入されるのであれば優秀な代理店をご紹介できますので、ご遠慮なく。

  

以上の機器は私が実際に使った経験のあるものばかりです。

がんで重度の方数名へアドバイスしていますが、おしなべて状態は良くなっています。

   

病状がどの段階なのかが分からないので、これ以上詳しいアドバイスはできませんが、参考になれば幸いです。

   

  

色々とアドバイス頂きましてありがとうございます。

免疫療法も1クール(5回)が無事終わりました。

MRI検査では特に病巣らしきものが見当たらないということで安心していたのですが、血液検査の結果、CA19-9の値が6万台という異常な数値で現在はPET CTの結果待ちというところです。

血糖値も上がり、自宅でインシュリン注射をするようになりました。

体調も1ヶ月前は良かったのですが、現在は腰痛や体調不良も出てまいりました。

ブログで紹介して頂いている糖質制限や、食事療法などは自分なりに地道に続づけているところです。

   

    

多くの方からメールをいただいていますが、有益な情報として多くの方に見ていただくため、事前承諾なしですが、匿名にさせていただき、やりとりの内容を公開しています。

どうか了承ください。

必要であればLINEでのやりとりもさせていただきます。

  

これからバイオマットがますます恋しくなる寒い季節を迎えます。

 

現在日本の代理店の一員としてヤフーショップピングから、どなたでもリーズナブルな価格で購入できるように交渉中です。

バイオマットミニ単体でも購入できるようにと考えています。

 

今しばらくお待ちください。

  

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

膵臓がんで免疫療法をされている方のご家族からのメールということで興味深く読ませて頂きました。

私も身内から7月頃に「初期のすい臓がんで手術をする。」と知らされました。
7月末に手術をして現在自宅療養中です。
担当医から術後の抗癌剤を提案されて、本人の希望で現在は飲むタイプの抗がん剤を服用中です。

退院一カ月後から日中は週に6日間AWGをかけさせ、ライフデジタルは毎晩かけさせています。その他に、手術前からずっと「こだわりシエスタ」と言う天照石の岩盤浴効果がある小さなマットでふくらはぎを温めています。
このマットはタカダイオンを製造している会社が製造していますので体温を上げる効果は抜群です。

仙台市内に温熱療法が出来る病院があり、今週から週に1回ペースで通い始めました。温熱療法(ハイパーサーミア)は抗癌剤の効きを良くし、抗癌剤の副作用の軽減をしてくれるそうです。
その病院での温熱療法と「朝晩二回の還元陶板浴」で乳癌が消えたという方のブログを読み、還元陶板浴を調べたところ、身体を温めながら大量のマイナスイオンを浴びるというものの様です。

であれば、今やって貰っていること(マットで体温を上げながらAWGやライフデジタルをする)でもいけるかな?・・・と考えています。
もしも私が何も持っていない状態だったらバイオマットが欲しいところですが、今は手持ちのアイテムを最大限に活用して貰っています。
本を何冊か読んだ結果、「身体を温める」と「大量のマイナスイオン」が癌には効果が有るというのが共通した意見だと思いましたので。

小豆やブロッコリー、里芋や大根などの根菜類も積極的に採って貰っています。
血液のアルカリ化に「ねじめのビワ茶」を買って煎じてあげたのですがお口に合わなかった様でその後にリクエストがありません(笑)


コメントする

2018年11月

« 前月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ