コカの葉は聖水?!

コメント(1) (0)

1127coca.jpg

     

ユニークなサイトをご紹介!

      

精神科医の使命: 21世紀のコカの葉と生活保護

インカ帝国やマヤ文明では、「コカイン」などの麻薬は奴隷のための薬であった。苦痛に満ちた労働を強いられても、「コカの葉」(コカインを含有)を噛みしめながら働き続け、苦役に耐え、コカインの力で脳内の報 酬系が満たされ、苦痛感からも解放され、奴隷としての一生ではあったが、幸せな人生であり、巨大な遺跡を作り上げたのだった。

 

介護疲れや、リストラなどで、医療機関へ相談に行けば、向精神薬をもらえる確率は非常に高い。

あなたが負担するのは、1割から3割。

 

あとは国が払ってくれる。

新型うつ病や引きこもりやアルコール依存症だと診断されれば、働く代わりに生活保護という権利を手に入れることさえできるのだ。

    

生活保護における 医療要否意見書の記載について

  

   

劣悪環境で働くポトシ鉱山の坑夫に会って「働く」ということをもう一度考えた

コカの葉を、噛みながら仕事をする。 > 疲れや空腹を忘れる。

飲み物は、度数の高いアルコールと、糖分のたっぷり入ったジュース。

  

凄いなあ・・(笑)

   

現在はコカに含まれるコカインの代わりに、「SSRI」や「非定型抗精神病薬」つまり向精神薬を貰うことができる。

これを文明の進歩と呼んでいいものなのか?(笑)

    

でもいまだにこうやってネットで売ってるんですねえ。

 

働かず生活保護のもとで、向精神薬をオーバードスし、毎日ラリって過ごす。

アル中のヒトなら確実に嵌まる、天国のようなドツボなのです。

     

労働力が足りない今、外国人労働者が大量に日本へ入っています。

生活保護を受けながら、バイトする方法はあるため、南米人などは、簡単にドツボを見つけ、自ら喜んで入るでしょう。

 

入管法改正案、衆院委で可決 野党の反対を押し切り

事実上の移民政策? 入管法改正案の問題点は

大量の外国人を短期間で受け入れれば、社会の分断や排斥を招く可能性があり、治安悪化につながりかねません。子供の教育や社会保障の在り方、数が増えることで予想される地方参政権を求める声にどう対応するか-などの点も挙げられます。

また、改正法案では外国人の報酬について同一業務に従事する日本人と同等以上とし、就労が認められた分野の中での転職も認めているため、日本人との職の奪い合いが起きる可能性があります。一方、不況などで外国人労働者が一斉に本国に引き揚げた場合、労働の現場が混乱する恐れもあります。

そのほか、家族の帯同や永住が認められる「2号」が移民とどう違うのか、定住者であれば職業を自由に選べる現行制度との整合性をどう取るのか、といった指摘もあります。

 

外国人労働者の中には今の法律の盲点を見つけ、その情報をネットワークを通じて交換、利用している人達も少なくないのです。

生きるために懸命な人達の前では、日本人は歯が立たないのが現状です。

   

こんなことをしていると医療や保険年金の費用で、日本はいずれ潰れるのではないかと、ふと思ったりします。

       

生活保護の医療費で自己負担をしないために注意すべきこと

なんてのがありますしね。

   

生活保護の受給を開始すると医療扶助が支給されます。

つまり無料(タダ)で病院に通院して向精神薬を手に入れ、ラリることができるのです。

  

ただし指定医療機関ではない病院で受診をしてしまった場合は、医療費が支給されません。

夜間休日医療センターは当然指定医療機関なので、心配いりませんが、土曜日に病院を受診した場合が問題です。

  

病院側も指定医療機関ではないと説明してくれると思いますが、それでも受診したいと言って受診した場合などは、医療費の請求が生活保護受給者にいきます。

しかも、生活保護受給者の場合、国民保険等がないため、医療費の3割ではなく、10割請求されてしまいます

  

なのでこのリストにある病院(指定介護機関)へ行けばいいわけだ。

生活保護法に基づく指定医療機関・指定介護機関一覧(46機関)

   

神戸だと、父がお世話になった神戸労災病院があります。

あそこの中のレストランは、わざわざ行く価値があるほど 、何を食べても美味しいです。

糖質制限などいっとき忘れて食べると実にうまい。(笑)

  

劣悪環境で働くポトシ鉱山の皆さんが、日本のイマの状態を知ったら、ぶっ飛ぶでしょうね。(笑)

外国人労働者100万人時代へ

    

2017年は過去最高を更新し、約128万人。

すでに、都内中心部のコンビニでは、殆どの従業員が外国人というケースも少なくありません。

世界的にこういう動きは拡大しています。

    

   

あっちはコカの葉。

こっちは、向精神薬。

 

あっちは鉱山で働く。

こっちはセブンイレブンででバイト。

  

 

米セブンイレブンの不法移民雇用、当局が全米で一斉摘発

   

 

さてどれだけ早く、抜け穴を塞ぐことができるか?

ここですね。

  

カネが穴からダダ漏れになって底を突いてしまうのか?

それとも、一刻も早く穴を塞ぐことができるのか?

 

97歳の父は、ヘミシンクの波の音を聴きながら、1日1時間で週3日DRTロボットで揺られながら、幸せに暮らしています。

これこそが天国ではないでしょうか。

     

私は午前中だけ週3日そのためのボランティアをしています。

10分ごとにリモコンでスイッチを操作するだけですけどね。

  

あと、水分はVAAMで砂糖の代わりにラカントをアマゾンで直送しています。

ヘルパーの皆さんのご協力あってのことですけどね。

 

ただ家賃はコミコミで一ヶ月30万円ほど。

  

私はボランティアなのでタダ働きです。(笑)

ですがそのおかげで、元気です。

       

他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。ふりかけるとき、自分にも数滴はかかる - ユダヤの格言

    

    

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

ユダヤ人は流石ですね(^^)

お父様の天国は憧れですね~
あと30数年後までにどれだけ準備が出来るかですね~

筋肉貯金も頑張りたいです!

コメントする

2018年11月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2018年11月

月別アーカイブ