2018年11月26日 のCoolに過ごそう

時間との勝負

コメント(2) (0)

1126time.jpg

TAMAさんの「もう薬は要らない!」シリーズの投稿です。

今回は「時間との勝負」です。

ありがとうございます。

  

こんばんは

難病を抱えると それは運命
生まれる前にその人生を自分で選んだ と言う話があります。
選んだ記憶はありません。

結核は1935年から終戦まで 死亡順位一位の病気でした。『亡国病』
戦後 BCGやマイシンが出て普通の病気になり 今は名前を聞く事も無くなりました。
きっと戦前結核になった方は 生まれる前に自分で選んだ と言われたのでしょう。
そんな筈はない。ふざけるな! ですね

時間さえあれば 科学や医学が進み どんな病気も根絶できるようになる
そう思えます。

最近 健康診断のオプションでマイクロRNA検査が受けれるようになりました。
高いけど癌が見つかれば安い。
乳がん すい臓がん 大腸がん は100% 他も90%近い制度で発見
有名人の方ですい臓が陽性になったが 余りに小さい病変で 最新のMRI3テスラでも
見つける事ができない状態 ステージマイナス1だったそうです。
ただすい臓ガンはあっと言う間に大きくなるガンなので1年後には手遅れ状態になっています。血液を一滴取るだけ! 採血ではなく 一滴! そして簡単に治癒。根絶。

ガンが死亡原因トップの座を明け渡すのは もう目の前に来て言います。
日本人の2人に1人が掛かるが 簡単に発見されて 治る病気 に なります。
生まれる前に決めた病気でも寿命でもありません。

医療マフィアも 医療費が切迫した予算破綻による
おかみの大方針転換には逆らえません。
それでも まだまだ 日本の医療界は抵抗しています!

先ほどの有名人の知り合いは
乳がんの転移理由をアメリカの専門医に検査/相談したところ『アメリカで許可取り消しの抗がん剤が原因によるもの』と断言されたそうです。日本では許可されているのです。
怖い!知識は力なり 勉強は嫌いですが 健康で長生きは好きです。

 
IGE検査は良くきくアレルギー検査 即時型
IGG検査はあまりきかない遅発型アレルギー検査
日本では検査受けれませんが、アメリカに送る事はできるようです。
こちらも少し高い。
遅発型なので 食べた後2日後とかに何か体調不良 調子が悪いなど出てきます。

もちろん当然食べない方が良い。
自身が何か病んでいるなら 当然 即時型はもちろん遅発型も絶対食べないべきです。
なぜか厚生省や日本の医療界は 此方を是とはしない!
少々食べ物に制限がでても 日本ほど豊かな国なら 他の食物で栄養をカバーできます。
時代錯誤も甚だしい! まあ 過度の食物制限は望ましくない と言う方針だそうです。
建前はです。商社や農家のロビー活動があるのでしょう!
合う合わないは自分で探して 排除する物を見つける必要があります。

今飲んでいるNMNはしばらく在庫切れが継続されていました。夏ごろですね!
舌下タイプになって爆発的に売れてるようです。
と言う事は強烈に効果があるのかも。
テロメアをのばすサプリや遺伝子治療もあります。このサプリは超高価 遺伝治療は億

でも遺伝子解析は十数年前に2000億円したものが今は個人でも数十万 
近いうちに数万円で遺伝治療して 若返りができ 病気根絶が できるのでは と
想像しています。 


少し真面な事を書きましたので脱線したいと思います。

昔 松下松蔵と言う神がかった方がいました。
どんな病気も簡単に治したようです。凄い予言も的中させています。
現代にもそういう方は沢山います。
そういった方に 『 エイ 』 と一声かけてもらって治りました
が 楽でいいですね!

そういった方の周りは どうしても 人が集まりますので 宗教になってしまいますが、
宗教でも何でも 不治の病なら 治った者の勝ち ですから 

では また 

 

 

マイクロRNA検査とは?

 

 

NEDO:乳がんや大腸がんを1回の採血で発見

 

 

「乳がん診断」は来年から実用化 血液検査で「がん」診断 こんなことまで、すぐ分かる!(週刊現代)

  

  

実際に検査が受けられる 病院リスト付き(週刊現代)

 

 

線虫がん検査が世界のがん医療を変える!N-NOSE開発物語 | HEALTHCARE Biz

 

 

蘇ったテスラ

コメント(0) (0)

2018-11-26_06h44_15.png

 

テスラが蘇った!

何よりもチャートが物語っている。

1126tslachart.jpg

テスラの7-9月(第3四半期)決算発表は24日の通常取引終了後

赤い20日移動平均線を上抜いた位置で買いだ!

  

  

テスラの内部事情をマスク氏が語る 9月は社員全員が毎週100時間以上の労働 - ライブドアニュース

今やテスラの販売台数は、ポルシェ、メルセデス・ベンツ、BMWを上回り、米国内で生産・販売される自動車で首位にのぼりつめた。テスラ車は高価ながらも、競合のエンジン車よりも高度な技術を搭載し、ランニングコストと安全性の面でも優れている。

テスラはこの第3四半期、アナリストたちの予想を裏切る素晴らしい決算を達成した。一部の人々は、リスクを負いながら世界を変えようとしている同社の戦略的なビジョンを理解する業界人や"専門家"はほとんどいないと指摘してきたが、それが正しかったことが証明された形だ。ほぼ全ての人が、テスラの財務状況や将来構想を見誤っていたことになる。 

何かを「できるはずがない」と言う人は、それを実行している人の邪魔をすることをやめるべきなのだ。

 

 

シリコンバレー事情を「深聞き」 テスラ工場見学と狂気の沙汰

 

 

テスラ・モデル3をバラバラに分解、その結果モデル3の利益率は30%にも達することが判明

 

 

テスラがEVに隠した「謎バッテリー」の正体 | 経営

 

 

 

テスラ・モデル3に試乗したBMWのプロドライバーが驚愕。「まるでBMW M3のようだ」

 

 

 

2018年11月

« 前月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2018年11月

月別アーカイブ