ミトコンドリアを増やすには?

コメント(0) (0)

mitochondria.jpg

ミトコンドリア

    

  

ミトコンドリアから発生する活性酸素は、ガン細胞にダメージを与えることができます。

そして、ガン細胞自体をアポトーシス(細胞死)させることができるのです。

 

ミトコンドリアは酸素や栄養素をもとにスタミナの元となるATPを生成します。

ATPは作られるとエネルギーとして消費されてしまいます。

作られる量は一日に約50キログラム!

   

ネルギーが足りないと細胞が感じると、ミトコンドリアは増えるようにできています。

 

ATPは特殊な液体を混ぜると光る性質があります。

たとえば蛍やホタルイカなどはATPを使って光るようにできているのです。

 

ミトコンドリアは体内に酸素を多く取り込むことでフル回転するようになります。

アンチエイジングにも必要なATPつまりエネルギーを産生します。

酸素カプセルに1時間ほど入ると、そのあと元気に感じるのは、そのためです。

 

というわけで、ミトコンドリアを増やす方法です。

  

身体に寒さを感じさせる。

温泉から出たら、水風呂に入る!

  

「きつ目」の運動で鍛えると、ミトコンドリアが増え、元気になります。

特に太ももやお尻など下半身には、大きな筋肉が集まっています。

そのため、下半身の筋肉を増やすスクワットなどを続けるとミトコンドリアが効率よく増え、疲れにくい体になるのです。

  

0912squatmagic01.jpg

スクワットを続けるにはスクワットマジック

 

Doorjim02.jpg

そして上半身を鍛えるには、ドアジム マルチエクササイズを使ったL字懸垂がお勧めです。

 

最初はキツイと感じる運動でも、1週間ほど続けると、きつくなくなってゆきます。

それはミトコンドリアが増えてゆくためなのです。

 

病気とはミトコンドリアが足りなくなった状態のことを指します。

身体には悪くなったところを治す力がもともと備わっています。

ですが、治すためにはエネルギーが必要です。

  

ミトコンドリアが十分にあれば、病気になっても、すぐに健康になることができるのです。

     

ミトコンドリアがうまく機能しない人は、細胞の中のミトコンドリアが少なく、一つひとつに負担がかかっているためです。

疲弊したミトコンドリアからは、活性酸素が発生しやすく、老化の原因になります。

活性酸素は、ミトコンドリア自身も弱めてしまうのです。

  

運動不足になると、食事としてとった糖や脂肪が余り、肥満になりやすいのです。

ミトコンドリアでエネルギーを作る際には、酸素以外にもアミノ酸やビタミンなどの成分が必要です。

  

ですから砂糖を避け糖質制限などで食事に気をつけると、ミトコンドリアにとって追い風となります。

糖質制限の効果をパワーアップする方法 ・ 人は肉食動物

   

カロリー制限をする。

週に1回1食抜くといった習慣を続けるだけで、2週間でミトコンドリアは増えてゆきます。

食べ過ぎは、ミトコンドリアがATPを作り出すのに必要な量より、糖や脂質を摂取することになるため、メタボへと繋がってゆきます。 

     

肥満は、高血圧や高血糖になりやすく、これがミトコンドリアの力をさらに弱めてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

またストレスも、ミトコンドリアを弱める原因です。

ストレスを減らすアルカリ化ドリンクで、尿をアルカリ化すれば、ストレスに強くなります。

 

こうしてあまり費用をかけず、手軽に毎日できる方法で、ミトコンドリアを増やすことができるのです。

病気の予防や、エイジングケアに、ぜひ活用してください。

 

 

関連記事

 

ソマチットとミトコンドリア

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2019年6月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ