2016年10月10日 のCoolに過ごそう

今日の切れ端

コメント(0) (0)

秋らしい涼しさになってきたので、夏に撮ったショットを・・ 

sumaPark02.jpg

     

mosaic01.jpg

ショットはすべてAUTOを使わずマニュアルで撮影。

  

mosaic05.jpg

もちろん Photoshop で現像。

    

Lasweet03.jpg

マニュアルで撮ると微妙な明るさの違いが表現できる。  

Lasweet04.jpg

ホテル・ラ・スイート  

Lasweet01.jpg

    

mosaic02.jpg

mosaic03.jpg

mosaic04.jpg

     

orientalhotel01.jpg

オリエンタルホテル  

orientalhotel02.jpg

  

mosaic06.jpg

モザイク  

mosaic07.jpg

mosaic08.jpg

  

portTower04.jpg

ポートタワーは至る所から見ることができる。  

portTower03.jpg

portTower02.jpg

portTower01.jpg

portTower05.jpg

portTower06.jpg

   

C6NightRear.jpg

珍しい C6 のナイトショット。

 

sumaPark01.jpg

クマチャンところのそばにある、海浜公園。

   

  
SONY α7R II + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

  

 

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

 ↓ < ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

 

 

アウディS3

コメント(0) (0)

ゴルフR試乗記で書いた、アイドリング回転数での籠り音と街乗り速度域での味気なさ。

じゃあ同じ仲間のアウディS3だと、どうなのか?

ということで、外車ディーラー通りにあるアウディの中古車売り場へ。

1006audiS300.jpg

試乗準備のため、ナンバープレートを付け替え中。

    

1006audiS302.jpg

定評のインテリアは、高級感あり。

   

1006audiS301.jpg

メーターも、派手な電飾系のゴルフRとは大違い。

  

右下の燃料系を見ると、LEDが2つ、つまり燃料が空だということを示している。

中古車売り場での試乗は、なかなか難しいのが現実。

 

クルマは売り物、つまり商品なので、走行距離が伸びることは避けたいわけだ。

なので遠くへの試乗は嫌がるのは当たり前田のクラッカー。

  

なので、試乗できても、ほんのその辺を走るだけ。

  

第一印象は余り良くなかった。

というのは運転席に座ったときのシートの座り心地が良くなかったからだ。

何だかホールド性が悪く、落ち着かなかった。

     

短い試乗時間だったので、肝心の走行性能を含めた乗り味とかはよく分からず。

ただS3でも、アイドリング回転数で、同じような籠り音が出ることは確認。

     

指摘すると助手席の営業マンは、すかさずモードを、エコモードへ切り替えた。

すると、回転数が落ちて、厭な籠り音は消えたのだが、何だかなあ。(笑) 

  

走行モードの切り替えスイッチは、ゴルフRもアウディS3もトグルスイッチなので、左から右へカーソルが移動するだけ。

戻すことはできないため、標準のモードから、いわゆるエコモードへ替えるには、ボタンを何度も押す必要がある。

  

一番左がエコモード。

左へ移動するにつれ、標準>スポーツ>カスタム などという順番で選択することができる。

  

こうした走行モードを切り替えるという解決法だと、毎回止まるたびに、これをやらなければならないわけだ。

 

この手の高性能エンジンを積んだ車の場合、こういう音は4気筒だと、避けられないのか?

      

 

じゃあ6気筒では、どうなのか?

 

この手のハイパフォーマンスカーの代表で6気筒を積んでいるモデルと言えば M235i

BMWの「あの直6エンジン」を積んだモデルだ。

  

ゴルフR(車重1500Kg) や アウディS3(1510Kg) は280馬力。

だがBMWM235i は、2シリーズの軽い車体(1550Kg)に、356馬力の6気筒エンジン。

 

BMWの方が 40キロから50キロ重いが、76馬力もの強力なエンジンを積んでいる。

  

1006BMW01.jpg

味見のため自宅から割と近い、六甲アイランドにあるBMWの中古車売り場へ。

    

1006BMW02.jpg

BMWらしいショールーム。 

   

1006BMW03.jpg

M235i  の在庫はは赤と白の二台。  

 

1006BMW04.jpg

Mバッジが付いているリアのエンブレム。

 

こちらもディーラーは試乗に乗り気でなく、その辺をグルっと回っただけ。

だが、さすがに6気筒はスムース。

アイドリングでも、厭な籠り音が出ないことを確認。

  

というわけで、この手のベストパフォーマンスカーはBMWM235i。

 

という独断と偏見のオチで、ゴルフRから始まったシリーズ日記はひとまず、ひと区切り。(笑)

  

      

     

おまけ

  

間違いのない選択

車速と変速プログラムとアクセル操作の関係によってはドンというショックとともに変速してしまうことが低速域においてなくはないけれど、ま、この程度なら別に。だったら書かなくてもいいか。すいません。

化粧っけの強い乗りアジのクルマは個人的には好きなタイプではないし「W124」を思い出したりは別にしなかったけれど、いまのこのテの物件のなかではかなりかもっと正解のチョイスであるといっていいのではないか。

  

  

2016年10月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年10月

月別アーカイブ