Feedly拾い読みWatch

コメント(0) (0)

FeedlyWatchLogo.jpg

どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある。

   

「毎日同じ服はおしゃれ」が招く百貨店不況

使い続けるうちに好きになって、同じシャツが20枚あったり、同じ靴が4足あったりする。少ない種類のアイテムで、数だけが増えていくのだそうです。

黒のスーツというのは、基本的に異性にモテることを狙ったものではありません。仕事中は、モテなくてもいい。それどころか、女で勝負しているとは思われたくない、それよりも実用性を重視する、という考え方の女性が増えているのでしょう。仕事をしているときは、男も女も関係ない、オフィシャルな人間であるということのアピールなのです。

これは、現在女性が下着やスカート、ファンデーションにかけるおカネが減り続けていることにもつながる問題です。自らを"飾る"ためのものを買うのではなく、例えば下着であればファストファッションブランドの「ユニクロ」で、汗を吸う機能付きのものを買う。これは、男性が「歩きまわってもムレない靴下」を買うのと同じ発想です。

極めつけは、先日会った、ご両親が60歳前後だという25歳の女性です。彼女は、少し古風な格好をしているのですね。どう古風かというと、花柄のフェミニンなスカートを履いていて、私が大学生だった80年ごろの服装と似ているのです。彼女の親も、ルイ・ヴィトンを沢山持っていると言っていました。さらに、「デートの際は彼氏に車で迎えに来て欲しい?」と質問したところ、「アウディで来て欲しい」と言うのです。これは、完全にバブル世代の価値観。私はこれを、「隠れバブル」と呼んでいます。

働く女性は、おカネがあっても百貨店にはいかない。

   

村上春樹がノーベル文学賞を取れない理由

そもそも本当にノーベル賞候補なのか?

そこで問題は、村上春樹の諸作が「理想主義的傾向」にマッチするか否かということになるわけだが、なかなか判断が難しいところだ。

春樹の小説は構造に類型がある。喪失感や虚無感を抱えた主人公が何か(ピンボールマシン、羊、ガールフレンド、妻......)を探している。世界は2層になっていて、現実と異界が接触しており、その間の行き来によって物語は推進力を得ている。異界には何か邪悪なもの(羊、やみくろ、リトル・ピープル......)が存在しており、現実世界へ侵入してくる。

   

乗り心地の良さは、地球にも優しい──Audi「eROT」は、未来のショックアブソーバーシステム

011年にドイツの自動車メーカー5社が策定した48V電源の規格「LV148」。

ドイツで行われた公道テストでは、舗装状態のよい高速道路で3W、路面の荒れた一般道では613Wのエネルギーが得られている(平均すると100~150Wにも及ぶという)。

従来の油圧式ダンパーを電動制御に変えることで、その反応は速く、また慣性も最小に抑えられる。さらにソフトウェアによってダンパー特性を自由に設定できるため、路面の凹凸だけでなく、ハンドルを握るドライヴァーそれぞれの運転スタイルに対応することも可能だ。

Audiによると2017年にはこのシステムが搭載された次世代モデルの導入が予定されているという。

      

アデランスを追い詰めたかつら市場の"激変"

同社とアートネイチャーは、女性用に関してはテレビCMと展示会という2本柱で新規顧客を集めてきており、CM効果が薄そうだからといって止めようものなら、ライバルにその枠を取られ、シェアを奪われる懸念が出てくる。展示会については両社とも抑制傾向にあるが、大幅に減らせば今度は「ユキ」などに付け入られかねない。

つまり、コストがかかるCMや展示会を維持しつつも、ネットなどで新たな誘引策を探ることになるわけだが、ネットの場合は電話と違って直接会話ができないため、実際に予約してもらうのは簡単ではないようだ。

   

【画像アリ】世界初、超高速「カプセル型」UFOを東京上空で激写! 研究機関も「正真正銘のUFO」と認定

自動観測撮影装置ロボット「SID-1」(限定販売中)が2機のUFOをキャッチ

スピードはおよそ2,000km/hとなる。音速をはるかに超えており、スピードは戦闘機のそれと同等あるいはそれ以上の高速飛行だったということになる。

宇宙現象観測所センター(SPOC)は、地球の大気圏内の宇宙や空中で発生しているさまざまな不思議な現象や物体、なかでもUFOを積極的に補足して記録していくという意図のもとで設立された世界でも類を見ない初の試みである(MUFONもその威力の凄さを認めている)。

   

もはや北朝鮮、安倍首相の所信表明「自民党議員の起立・拍手」の裏側!

見た目の異様さ以上に恐ろしい事態が

こいつはヒトラーか、金正恩にでもなったつもりなのか。昨日、衆院本会議で行われた安倍首相による所信表明演説をみて恐怖で鳥肌がたった。それくらい、あの光景は不気味なものだった。

  

ミニ・クーパーSワークス210

速いミニ好きにとっては絶好の1台。ジョン・クーパー・ワークスの派手な出で立ちに少し抵抗があり、パワーもそこまでは必要ないと考える人、そして普段使いもできて、なおかつ十分に速く、バランスのとれたミニが欲しい向きにはベスト・バイといえるだろう。

 

BMW M140i

後輪駆動のバランス、なめらかな6ポット・エンジン、息を呑むほど賢い8速AT。M140iは、先代に負けぬほど優秀なモデルである。

1シリーズのボディに340psのエンジンを搭載するのだから、遅い訳はない。しかも、フォーカスRSやシビック・タイプRと違って、ガリガリのハードコアではなく、普段使いもできるスーパー・コンパクトというのが実にBMWらしい。更に、このクラスでは唯一と言って良いFR。駆動輪と操舵輪が異なるがゆえのステアリング・レスポンスの良さも大きな魅力だ。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2016年10月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年10月

月別アーカイブ