Babyface

コメント(0) (0)

babyface.jpg

  

David Foster & Friends

Babyface (Kenny Edmonds) & Kevon Edmonds - I Swear

  

Written by Gary Baker and Frank J. Myers

  

I swear by the moon and the stars in the sky
And I swear like the shadow that's by your side

僕は誓うよ、空に輝く月と星にかけて
僕は誓うよ、君のそばにいる影のように

I see the questions in your eyes
I know what's weighing on your mind
You can be sure I know my part
'cause I stand beside you through the years
You'll only cry those happy tears
And though I make mistakes
I'll never break your heart

君の瞳に不安が見える
君の心に何が覆っているのかがわかる
自分の役割はわかっているさ
だって、長年君のそばに僕はいたのだから
あの幸せの涙を流すだけなんだろ
僕が間違っても
君の心を傷つけたりはしないよ

  

And I swear by the moon and the stars in the sky I'll be there
I swear like the shadow that's by your side I'll be there
For better or worse till death do us part
I'll love you with every beat of my heart
And I swear

僕は誓うよ、空に輝く月と星にかけて 僕は一緒にいるよ
僕は誓うよ、君のそばにいる影のように
僕は一緒にいるよ、良い時も悪い時も
死が二人を分かつ時までずっと
胸の鼓動と同じように、君を愛するのさ
僕は誓うよ

  

I'll give you every thing I can
I'll build your dreams with these two hands
We'll hang some memories on the walls
And when (and when) just the two of us are there
You won't have to ask if I still care
'cause as the time turns the page
My love won't age at all

出来ることなら何でも君に捧げるよ
この二つの手で、君の夢を作り上げて見せるさ
壁に思い出の写真を飾ろう
僕たち二人だけがそこにいる時
君は僕に、まだ心配しているのって、聞く必要はないのさ
だって、時が思い出のページをめくっても
僕の愛は全く色褪せることはないのだから

  

And I swear (I swear) by the moon and the stars in the sky I'll be there (I'll be there)
I swear (and I swear) like the shadow that's by your side I'll be there (I'll be there)
For better or worse till death do us part
I'll love you with every beat of my heart
And I swear

僕は誓うよ、空に輝く月と星にかけて 僕は一緒にいるよ
僕は誓うよ、君のそばにいる影のように
僕は一緒にいるよ、良い時も悪い時も
死が二人を分かつ時までずっと
胸の鼓動と同じように、君を愛するのさ
僕は誓うよ

And I swear (I swear) by the moon and the stars in the sky I'll be there (I'll be there)
I swear (and I swear) like the shadow that's by your side I'll be there (I'll be there)
For better or worse (better or worse) till death do us part
I'll love you with every single beat of my heart
I swear
I swear
I swear

  

  

ベイビーフェイス

1980年代から1990年代初頭にかけては、活動を共にしていたL.A.リード(彼はザ・ディールにおいてはドラマーであった)の影響もあり、リズムとビートを強調したダンスナンバーか、コンテンポラリー色の強い都会的なラブバラードが中心だったが、1990年代中頃にL.A.リードとのコンビ活動を解消すると、1993年の自演曲"When Can I See You"や、1996年のエリック・クラプトンに対するプロデュース曲"Change The World"に代表されるような、アコースティックでフォーキーなミディアム/スロー中心というスタイルに傾いていった。

それでもプロデュースで提供する曲は、現在に至るまでも幅広く、アップからミディアム、スロージャムまで幅広くこなす。 マドンナの最大のヒット曲「Take A Bow」では東アジア・テイスト、Chrisette MicheleのBest of Meではボサノヴァ・テイストと、R&Bのカテゴリーに収まらない曲調でも才能を発揮している。 自身のパフォーマンスする楽曲に関しては、スロージャムの割合が多い。

   

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2016年10月

« 前月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年10月

月別アーカイブ