CS60あれこれ

コメント(0) (0)

1219CS60.jpg

     

25日(火)午前中に、カミサンとCS60神戸でケア。

カミサンは2回目、筆者は4回目であります。

     

痛みとしては2回目がマックスで、3回目はかなりラクになりました。

というわけで4回目は、我慢する系の痛みは皆無という状態。

     

さてカミサンの2回目は、全身もの凄い痛みだったようだ。

見ているとカラダをよじっていたので、さぞ疲れたはずです。

    

つまり相当悪いところがある、というサインなのだろう。

おまけにカミサンは揉み返しが強く出る体質なので、痛みが長引くという気の毒なパターン。

    

27日には岡山まで片道2時間ほどのドライブでフラワーロードさん(仮称)のところへ伺った翌日ということは、つまり昨日CS60神戸で75分で5回目の施術を受け、疲れをワイプアウト。

 

5回目になると心地よい痛みだけなので、とても気持ちいい時間を過ごすことができました。

それと擦って貰った場所から、「軽さ」の感覚に覆われて行くのが、また心地よい。

  

開発者の西村先生は「CS60の施術での痛みは、痛みを感じることによって、脳へ指令が送られて、悪い箇所を治せという指令を送る」と説明されている。

と言うことは、5回目でほぼ悪いところはない、ということになるのだろうか。

   

CS60神戸の西山先生からも、かなり健康な状態だという、嬉しい一言をいただきました。

2回目は、かなりゴリゴリとした擦り方のように感じましたが、5回目になると、軽くスリスリされているような気がしました。

 

だけど客観的に見ると、施術されている先生のチカラの入れ具合というのは、カミサンや娘の施術を見ていると、毎回同じように見える。

逆に痛いときの方が気持ち、優しくされているようだが、どうなのでしょう。

だが受ける側としては、痛いと力が入って強く施術されているように感じるわけです。

  

これはCS60を手に入れて、イロイロやってみないと、わからないだろうね。 

    

75分が終わると、カラダの奥深い芯からの疲れが、あたかも引き抜かれたかのような爽快感を伴い、体の軽さが実感できます。

メンタル面での心地よさとあいまって、静的な奥深い元気さが充満した感覚を伴うのが素晴らしい。  

      

CS60での施術を受けていると、調子の良い状態の基準が、それまでと変わってゆくのです。

こういう体験は類を見ないもの。

 

こうした状態で、年末から新年を迎えることができるのは、実に幸せなことではないでしょうか。

  

 

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2019年1月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019年1月

月別アーカイブ