父が検査入院

コメント(0) (0)

0110hospital01.jpg

   

97歳の父が入所しているホームから連絡があり、循環器検査のため労災病院へ入院したという。

最近痙攣を何度か起こしているので、その原因究明のための検査入院らしい。

症状としては痙攣で3秒から5秒ほど、気を失うというものだ。

        

0110hospital02.jpg

  

日赤病院で脳を調べて貰ったが異常なし。

そして、循環器を調べることになったのだが、あいにく日赤病院ではベッドの空きがなかったため、労災病院へ入院することになったというわけだ。

    

0110hospital03.jpg

  

翌日担当医から話があり、原因は不整脈だという。

頻脈ではなく、脈が遅くなるタイプらしい。

      

要は心臓を動かすための電気系統の回路が問題で、動作が悪くなっているのだという。

普通こういう症状の場合、平均年齢までの患者だと、ペースメーカーを埋め込むのが普通だという。

   

97歳というと、先生が施したペースメーカーを埋め込む手術では、最高年齢に近いのだという。

その方の場合、術後少し合併症が出たという。

    

0110hospital04.jpg

 

ペースメーカーを埋め込まない場合、心臓が止まる可能性は低くないという。

その場合、いざとなったら救命処置を施すことになる。

   

だが高齢になると、救命処置そのもののダメージが大きくなる懸念がある。

たとえば電気ショックや人工呼吸で、あばら骨が折れたりすることも起こりえるわけだ。

     

それとホームへ戻って、心停止になった場合、当然救命体制は病院のようにはゆかない。

そのため、ペースメーカーを埋め込んでいないと、ホームへ戻ってもヘルパーさんに、大きな負担を掛けることになりかねない。

   

ただペースメーカーを埋め込まない選択をした場合、寝ている時間が長いため、起きているときに心臓が止まるという確率は低いだろう。

  

どういう選択がベストなのか?

とにかく、本人やカミサン、さらには入所しているホーム側にも相談する必要がありそうだ。

  

とにかくまず、本人がどうしたいかだ。

     

というわけで、心臓の様子を見るため、少なくとも来週までは入院の予定。

だが労災病院は、見舞いに行くにも車で10分もかからない距離なので、大いに助かる。

      

     

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2019年1月

« 前月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019年1月

月別アーカイブ