Canon EOS R

コメント(0) (0)

EOSR.jpg

  

フルサイズミラーレス一眼でついに登場!

キヤノン EOS R。

巷での評価はある程度固まったようです。 

  

キヤノン EOS Rレビュー:写真はキレイ...なだけに、ミスは痛恨

米GizmodoのBrent Rose記者がしばらく使ってみたところ、思わぬ部分がいろいろ気になってしまったみたいです。

    

Canon EOS R  は3030万画素で、EOS 5D Mark IVと同じ画素数。

筆者のメインカメラであるソニーの、α7R III はカメラ有効画素数が約4240万画素。

この差は編集画面で見ると、少なくないはず。

   

EOS Rは光学ローパスフィルター付きなので、カリっとした描写が苦手・・

ソニーの α7R III は、光学ローパスフィルターは付いていないので、カリカリに仕上げることができます。

EOS Rは、本体に手ブレ補正がないのも痛い。

 

EOS Rのバッテリーライフは350枚(常温EVF使用時)

α7R III  のバッテリーライフはファインダー使用時:約530枚

液晶モニター使用時:約650枚 (CIPA規格準拠)

 

タッチパネル操作を撮影設定の重点に置いているため、ビューファインダーを覗きながらの撮影では、AFポイントの設定が難しいのが痛い。

つまり屋外での風景撮影などでは、秋から春まで手袋を装着して撮影することが多く、その場合タッチパネル操作は、半年間できなくなるわけです。

  

4K動画は30fpsで撮れますが、画像はごっそり1.75倍クロップしてしまう。

APS-Cセンサーのカメラだって1.5倍クロップまでなのに・・

つまり24mmレンズを事実上42mmにしてるのと同じ。

基本的に4Kは広角では撮れません。

    

期待していただけに残念カメラ

設定 > 1shot > 撮影画像確認 OFF > LVソフト撮影 モード1 で撮ると、シャッターが切れたあと、通常画面に戻り、約0.5秒後、約0.5秒のフリーズ発生ののち通常画面。

  

フルフレームミラーレスカメラのベストは、やっぱりソニーの α7R III でしょう。

  

   

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2019年1月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019年1月

月別アーカイブ