入院中の父への説明書

コメント(1) (0)

0111-hospital02.jpg

労災病院の駐車場にある大きな木

   

労災病院へ入院中の父へ、現状を伝えるため、説明書を作成。

 

0111-hospital03.jpg

  

耳が遠いので、口頭で説明するのは無理筋なので仕方なし。

補聴器をすれば聴こえるのに、面倒がって付けないのであります。

    

0111-hospital01.jpg

0111-hospital04.jpg

土日祝日は正面入り口は閉鎖されている・・

0111-hospital05.jpg

夜間休日通用口を利用。

 

0111-hospital07.jpg

ロビーには自動演奏ピアノが置いてある。

 

  

まずは2頁の説明文で現状を説明・・

  

  

検査入院

 

97歳の父が入所しているホームから連絡があり、循環器検査のため労災病院へ入院。

最近痙攣を何度か起こしているので、その原因究明のための検査入院らしい。

 

症状としては痙攣で3秒から5秒ほど、気を失うというもの。

日赤病院で脳を調べて貰ったが異常なし。

 

そして、循環器を調べることになったのだが、あいにく日赤病院ではベッドの空きがなかったため、労災病院へ入院することになった。

翌日担当医から話があり、原因は不整脈だという。

頻脈ではなく、脈が遅くなるタイプらしい。

 

要は心臓を動かすための電気系統の回路が問題で、動作が悪くなっているのだという。

普通こういう症状の場合、平均年齢くらいまでの患者だと、ペースメーカーを埋め込むのが普通だという。

 

97歳というと、先生が施したペースメーカーを埋め込む手術では、最高年齢に近いのだという。その方の場合、術後少し合併症が出たという。

ペースメーカーを埋め込まない場合、心臓が止まる可能性は低くないという。

その場合、いざとなったら救命処置を施すことになる。

 

だが高齢になると、救命処置そのもののダメージが大きくなる懸念がある。

たとえば電気ショックや人工呼吸で、あばら骨が折れたりすることも起こりえるわけだ。

     

それとホームへ戻って、心停止になった場合、当然救命体制は病院のようにはゆかない。

そのため、ペースメーカーを埋め込んでいないと、ホームへ戻ってもヘルパーさんに、大きな負担を掛けることになりかねない。

 

ただペースメーカーを埋め込まない選択をした場合、寝ている時間が長いため、起きているときに心臓が止まるという確率は低いだろう。

  

どういう選択がベストなのか?

とにかく、本人やカミサン、さらには入所しているホーム側にも相談する必要がありそうだ。

  

とにかくまず、本人がどうしたいかだ。

 

というわけで、心臓の様子を見るため、少なくとも来週までは入院の予定。

だが労災病院は、見舞いに行くにも車で10分もかからない距離なので、大いに助かる。

  

  

0111-hospital06.jpg

 

 

そしてCS60に関する11ページの説明書を作成・・

  

  

検査入院中にCS60という器具で、不調の場所を修復する施術が可能!

 

 

生体電流整流器「CS60」は、特殊な半導体回路を内蔵した健康施術器具です。

身体の生体電流を整え体内の老廃物を分解排出し、細胞を活性させます。

 

「CS60」は 60兆個の細胞を自然に滑らかな状態にするという、Cell Smooth 60 trillion からつけられた名称です。

 

 

1218CS60-01.jpg

 

 

最近多くの研究者によって、人の老化(寿命=生命エネルギーの低下)のメカニズムや病気の発症メカニズムに、ミトコンドリア起因することが明らかになってきました。 

ミトコンドリアは、人の細胞60兆個の内部にある小器官で細胞内に数百個から数千個あります。

 

仕事は「エネルギーの製造」で、水素と酸素を使って燃焼してエネルギーに換えています。

この様なことでミトコンドリアは生体電流の「発電所」と言われています。

ミトコンドリアが多く、活性していると元気であり数が減ると動きが悪くなり息切れや動悸が激しくなり老いを感じるようになります。

細胞内のミトコンドリアが減少し稼働率の悪化が老化であり、生命力の低下を招きます。

 

ミトコンドリアを活性化すれば大方の痛みや病気は改善します。

ミトコンドリアはATP回転(電位移動)することで発電しますが発電内容は通常我々が使用している電気ではありません。

 

酸化還元電位-150mv~-180mvと言うマイナス電位を発電します。

マイナス電位はアルカリ性で細胞を軟化し血流を良くして、消炎、鎮痛作用、酸化物質を抑制、拡散します。つまり老化の抑制ができます。

 

一方プラス電位(活性酸素)は細胞が結集して固まる傾向が強く炎症を起こします。

人の老化は、ミトコンドリアが水素と酸素を反応させてATP(アデノシン三リン酸)細胞を回転させますがその時に安定していた酸素が分解され暴走をします。これが「活性酸素」です。

 

「活性酸素」は安定を求めて細胞内を飛び回り、細胞にぶつかる度にミトコンドリアを傷つけます。

傷ついたミトコンドリアは死滅し細胞内でのミトコンドリアの数が減少してエネルギーの製造が減少するのが老化現象です。

 

人の細胞は60兆個もありその中でミトコンドリアは一つの細胞内に平均1000個としても天文学的な数量になります。

しかし60兆個の細胞が全て活動をしている訳ではないのです。

 

60兆個の内、約30%が活動していると言われています。

他の生物では腸内細菌では善玉菌が約10%で残りは日和見菌と大腸菌が締めています。

 

働きアリの世界でも20%が一生懸命働いていて20%がサボリ60%が日和見と言われていますが、我々人間の社会でも同じような環境でしょう。

話が逸れましたが60兆個の細胞の活動率が上がるとどの様な事が起きるでしょうか。

 

老化の原因は細胞内に生存するミトコンドリアのATP回転での発電時に活性酸素が放出させるためです。

活性酸素の元は呼吸による酸素です。

  

一回の呼吸量は個人差がありますが大体決まっています。

酸素供給量は同じでミトコンドリアの発電所が「CS60」の施術により活動率を上げると酸素の燃焼効率が上がり活性酸素の発生が抑制できると考えます。

 

車でいえば燃費効率をあげると排出ガス量が減少する様なものです。

 

「CS60」は、細胞内のミトコンドリアに直接働きかけ活性化するため、慢性的な肩コリ・痛み・シビレなどの諸症状が緩和されるばかりではなく、基礎代謝量の改善により、免疫力アップ、自然治癒力アップ、老化防止、ダイエット効果、美容効果等を上げることができる他に類を見ない画期的で近未来の医療を担う健康施術器具です。

 

 

 

日本が誇るビジネス大賞2017に選ばれた製品です

生命機能を司るミトコンドリアを活性化
特殊半導体回路を内蔵したマッサージ器

 

療養型メディカル・ケア・ハウスの運営などを手掛ける「株式会社日本イノベーション」が技術力と生体研究の成果を結集して開発した生体電流整流器『CS60』が療術界で注目を集めている。

 

特殊な半導体回路を内蔵、身体の深部に溜まった迷走電流や静電気を抜取り生体電流の乱れを整え、体内に潜む老廃物を分解排出し、細胞を若返らせ痛みやシコリを短時間で改善させる効果が期待できる電源不要のハンドマッサージ器型真空掃除機。

 

レンタル方式で普及を図る意図は、「本物だからこそできる」「効果が無ければ何時でも解約できる条件契約」ほかに、販売目的の模倣品が出てきたときに「日本イノベーション」のレンタル以外の製品はすべて模倣品と見分けるために消費者に分かりやすくするために「一切の販売はしない」ということらしい。

退職者や高齢者、シングルマザー、生活保護受給者を念頭に『CS60』で施術する療術院開設のビジネスモデルも構築し、フランチャイズ展開も進行中だ。

 

『CS60』は、手のひらに載るサイズで、外観はアルマイト加工の胴と球状の銅製突起から成る。

 

Cはセル(細胞)、Sはスムーズ(滑らか)、60は60トリリオン(60兆)を表し、Cell Smooth 60trillionを縮めた名称。血液やリンパなどの流れをスムーズにするとの意味を込めている。

 

同社の西村光久社長は、不純物を含んだ水素ガスを安価で効率よく大量に高純度化する精製法と製造装置を発明し、2010年に特許を取ったほか多くの分野の商品開発をしている技術力を持つ人物。

 

『CS60』の開発にあたっては、人の老化のメカニズムや病気の発症メカニズムに深く関与する細胞内のミトコンドリアの働きに着目し、活性化させることに主眼を置いて機能、構造などに工夫を重ね、施術者が使い易い形状に行きついた。

「単純化していえば、人間の身体は電気で動いています。

 

60兆個ある細胞の中に数百から数千個のミトコンドリアが存在し、電子転換してマイナス電位を発電し、エネルギーを生み出します。

 

この過程で酸素が分解暴走してプラス電位の活性酸素が発生し、ミトコンドリアを傷つけ、その数が減少してエネルギー製造が減少するのが老化現象です。

 

『CS60』は、このプラス電位やストレスによる静電気や神経を電線と考えての漏電事故の炎症を強力な磁界による吸引力で引き抜いて細胞を活性化させ、自己治癒力を向上させるのです」

 

数例の症例を上げると帯状疱疹の痛みで困った男性が来処した時に痛みが無くなるまでの施術時間はわずか5秒。これは神経(電線)に漏電して熱を持ち、この環境を好むウイルスが集まり炎症を起こしている。

 

神経(電線)に漏電している部分を『CS60』を当てると瞬時に漏電部分を引き抜くと痛みが消えるとともに行場の失ったウイルスも消滅する。

5年前に脳梗塞で左半身の機能が麻痺して一生車椅子ですと医者から宣告された40代の女性が1時間の施術で立ち上がりユックリとした足取りでわずか5メートルの距離だが自力歩行して本人もご主人も涙した。

 

70代の女性が階段を1段も上がれなくなり、横断歩道でも青信号で渡り切れない状態が『CS60』の施術後は階段を駆け上がり歩道も急ぎ足で歩けるほどになり近所では評判の元気なお姉さんと呼ばれている。

 

細胞の活性化で分かりやすい症例がある。飲食店で調理中に包丁で深く指を切り、止血も大変な状況で止血後に『CS60』で患部を擦っておくと翌日には切り傷がない状態や熱湯を浴びた手を『CS60』で擦っておくと火傷の形跡がない状態になっている。

 

これは自然治癒力以上の細胞の活性があり再生機能が大幅に増加した結果。

 

開発後、2010年9月から同社は無償で1年6ヵ月間『CS60』を使った施術を繰り返し、効果を検証し、製品化するプロセスを踏んだ。

「検証期間にはアルツハイマー病、各種がん、パーキンソン症、難病で困っていた人達のご協力を頂き感謝しています。この先は、寝たきり老人を無くす事や医者から見放された難病で苦しむ人達のお役に立ちたい事と2020年の東京オリンピックでアスリートを元気にして多くのメダル獲得を目指したいですね」

 

『CS60』は、施術で球状の突起を着衣の上から摩るだけで少しのテクニックを習得すると高齢者でも5日間の研修を受ければ施術に使用できる。すでに東京、静岡、大阪にチェーン店ができ、今後、東北や九州に拠点を設け、増やしていく計画だ。

 

難病を抱えたり、居住地が遠かったりしてサロンに通うのが困難な人向けに会員制の家族用レンタルも進めている。

 

(ライター/斎藤紘)

 

 

私も体験してきましたが、CS60という器具で体の表面を撫でるという施術です。

悪いところを擦ると、結構痛みが出ます。

 

その痛みの原因は、私たちの細胞内にあるミトコンドリアに関係しています。

通常のミトコンドリアはATP回転してマイナス電位を発電していますが、不具合が起きている個所では、このATP回転がスムーズにおこなわれていません。

 

この回転をスムーズにするのがCS60です。

強力な吸引力で細胞内のプラス電位(細胞が固まる作用)を引き抜きます。

   

すると、ミトコンドリアが大慌てでクルクルとATP回転を始めようとしますが、細胞が酸化し硬化しているので、ミトコンドリアはスムーズにATP回転できず施術箇所に痛みが生じる事になります。

暫らく施術すると、マイナス電位の発生により細胞の軟化、消炎、鎮痛効果によりATP回転がスムーズになり痛みが和らぎます。

  

ということですがものは試しで、一度やってみませんか?

  

やってみたいのであれば、知っている先生がいるので、労災病院へ来て貰って施術を、お願いできます。

  

  

0111-hospital08.jpg

 

この日は11頁のCS60の説明文は途中まで。

翌日に残りを読んで貰ったが、この調子だと何度か目を通してもらう必要がありそうだ。

    

   

続く・・ 

  

   

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

お疲れ様です

流石と言うか 俊敏な動きにはいつも驚かされます。

私の経験からも本社HP上の情報からもCS60は間違いなく心臓関係
循環器関係に効果ありますよ とお伝えしようと思っていました。
色々な条件も有るとは思いますが、お父様には何らかの効果がでるのでは
ないでしょうか。

只 病院内での施術ができるのかどうか
この辺りは色々と煩いドクターや看護師もいますので 突破し難いと二の足を踏みますが、既に前に進んでおられるようで感心致します。

何か劇的な成果が出る事を祈っております


たま

コメントする

2019年1月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019年1月

月別アーカイブ