うはらの湯

コメント(0) (0)

1002uharanoyu01.jpg

  

東灘の「うはらの湯」へ行ってきました。

こちらがオフィシャルサイトです。

  

この手の温泉での現時点でのベストは芦屋浜にある水春

この水春と比較してどうだったのか?

というレポートであります。

    

10月1日にオープンした翌日なのでガラガラでした。

1002uharanoyu06.jpg

 

朝6時オープンで夜は11時30分まで(最終受付は11時)

水春は10時(日祝9時)からなので、ここの朝6時から営業というのはポイントが高いです。

水春も夏は9時から夜12時までやっているようですが・・

   

1002uharanoyu07.jpg

1002uharanoyu05.jpg

1002uharanoyu04.jpg

エントランスにはオープン祝いの胡蝶蘭が・・

1002uharanoyu03.jpg

入り口の受付側をパチリ。iPhone 7s Plus で撮影。

  

平日は大人一人1100円でしたが、バスタオル+フェイスタオルのセットが200円なので合計1300円。

水春は館内着+レンタルタオルセット込で1400円 

 

さて肝心の風呂です。

 

[ 露天エリア ]
生源泉大岩風呂、大岩風呂、足つぼの湯、電気風呂・座湯、うたたねの湯、五右衛門風呂、高濃度炭酸泉

[ 内湯エリア ]
源泉灼熱の湯、長寿の湯、人肌の湯、シェイプアップバス、ジェットバス、六甲湧水風呂、遠赤外線サウナ、塩サウナ

  

数はそれなりに揃っていますが、全体に設定温度の幅やバラエティが、水春には遠く及ばず。

露天エリアのそれぞれの風呂の配置にまとまりがなく、適当に配置したのではないかという感じを受けました。

 

その中では高濃度炭酸泉(湯温39度)でこれが一番良かったのですが、それ以外がねえ・・

内湯の「長寿の湯」はやたらぬるく、電気風呂も一応ありますというレベル。

  

水春は温泉好きが作った、という感じがあるのですが、ここはそういう「こだわり」が感じられないのが残念でした。

    

1002uharanoyu02.jpg

館内のレイアウトや雰囲気も水春の方が遥かに高級感があります。

   

入浴後、館内の食事処でランチを食べてみましたが・・

ま、オープンしたてと言う事情はあるにしても、基本となる卵焼きがあれではねえ・・

 

とにかく、すべての料理の味がイマイチでした。 

店長には料理人の腕の問題ではないかと話しておきましたが、果たして改善されるでしょうか。

    

全体的なコストパフォーマンスを含め、また訪問したいという気にならなかったのが残念でした。

  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年10月

« 前月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年10月

月別アーカイブ