週明雑感

コメント(0) (0)

1022led03.jpg

     

サウジの「汚れた皇太子」を待ち受ける結末 | アジア諸国

 

 

人気モデルの専属栄養士が語る低炭水化物ダイエットの極意 (1/1)| ダイエットポストセブン

ベラの専属栄養士・チャールズ・パスラー氏は、『ピープル』誌にこう話している。

十分なプロテインと脂肪、大量の非でんぷん質の野菜。

 

これが概して、最も効果的で実行しやすく続けられる方法です。

たんぱく質や脂肪と共に炭水化物を多量に摂ると、体はまず先に炭水化物を燃料として使おうとするのです。

 

体はエネルギー貯蓄のために、炭水化物を好みます。

よってそれらを全て吸収し、もう燃料がいらなくなると、今度は脂肪やたんぱく質からのカロリーが体脂肪に変わるのです。

 

炭水化物をカットしてタンパク質と脂肪を摂ることは、カロリーを減らすだけではなく、体内のエネルギーを安定化させることとなります。

  

 

糖質制限流行で「冷や飯」のコメ、農水省が支援サイト:朝日新聞デジタル

毎年、コメは8万トン、砂糖は2万トンのペースで消費が減っていて、農産物の中でも落ち込みが大きい。

近年は糖質制限の広がりの影響も懸念されている。

   

 

福島への帰還、国連が見合わせを要請 日本政府は反論

 

  

【写真特集】海外男性セレブのビフォーアフター

 

 

【写真特集】コート外でも魅了~マリア・シャラポワ~

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2018年10月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年10月

月別アーカイブ