2018年10月28日 のCoolに過ごそう

朝の雲

コメント(0) (0)

1028clouds01.jpg

自宅ベランダから神戸港・大阪湾方面

  

1028clouds02.jpg

灘・東灘方面

  

1028clouds03.jpg

日の出・入り時刻

日の出時刻 6:16

1028clouds04.jpg 

SONY α7RⅢ + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS  

 

 

 

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

 ↓ < ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

 

  

QM33かQMALLか?

コメント(1) (0)

xlnx.gif

  

ご質問をいただきました。

 

はっちさん、こんにちは。

ご無沙汰してます。かんきちです。

25日の検証を見ていて、ふと疑問に思った事があったので質問させてください。


質問のチャートは、ロングサイドのXLNXになります。

xlnx.gif

QMALLではなく、10銘柄の中から銘柄選択をするとして

この銘柄は33分から、ロングサイドへエントリーできるものなのでしょうか?


銘柄選択をする場合、自身の認識では

ボトムスキャンで、2分時点に表示された10銘柄について

まずチャートを表示させ、33分で236を超えている銘柄に

エントリーするのが、基本だと考えていました。


ボトムスキャンで見ても、2分表示時点では

BS2.gif


0.308まで伸びているので、エントリー候補に入っていますが

3分時点では

BS3.gif

-0.504で、ショートサイドに入ってきています。

 
Executioner Traningでの25日の記録です。

 

QMALLが始まる以前は、こういうチャートにエントリーしている事を見た記憶がなかったので、あれ?どうしてだろう?

となってしまったわけです。


自身としては、昨晩のXLNXは

33分からエントリーできないチャートと考えているので

認識が間違ってないか?

念の為、確認の質問になりますが、よろしくお願い致します。

 

QMALLでは32分の時点でのボトムスキャンの銘柄にエントリーすることになっています。

xlnx.gif

ですが33分になった時点では陰線になっています。

  

QMALLでは、この日のXLNXは32分の時点では陽線でしたが、その後急激に下げたため、確定した時点では陰線になってしまっています。

こうした現象はごく希に起こるようです。  

30sec.gif

これは30秒チャートですが、77.65あたりが+236ガイドラインの位置です。

32分の時点では陽線ですが、その後急激に下げたため、33分の時点では陰線になっています。

ですので、ご質問のように自分で銘柄選択をする、QM33のような手法だと、33分になる30秒前から、陰線になってしまうため、エントリーできないことになります。

ですので認識は間違っていません

QMALLの場合はエントリーするのがルールです。

   

   

QM33とQMALL

 

QMALLではチャートを見て銘柄選択をしなくても良いというメリットがあります。

ボトムスキャンに表示されている10銘柄へエントリーすればいいわけです。

エントリー時には集中力を消耗させることなく温存した方が、良い結果に繋がりやすいと考えています。

大事な集中力は手仕舞いの時に使うわけです。

   

最もめまぐるしく動くオープニングから2分以後に、チャートを見ながら銘柄を選択し、さらにエントリーの作業もしなくてはならないというのは大きなストレスとなり、ミスをしやすくなります。

ですので、QMALLでまず、勝てるようにした方が成功率は高くなるのではないでしょうか。

  

銘柄選択をするQM33では、エントリーできる銘柄はQMALL10銘柄から大幅に減少します。

それとエントリーしたあと、最終的に2本目が逆の色になっても、できるだけホールドする。

というルールが基本となります。

   

さらに6分後にエントリーすると、3分後にエントリーするよりも益幅が減るというデメリットがあります。 

さらに3本目が逆に大きく動くというリスクもあるわけです。

そうなると、2本目のアタマでエントリーするよりも、カットロスが大きくなるケースもあるはずです。

  

ですから、実トレードへ移行する前の段階で、実際にある程度の期間、検証してみる必要があるでしょう。 

    

QM33かQMALLか?

 

手仕舞いの考え方で書きましたが、仮に10銘柄から4銘柄を選択したとして、残りの6銘柄がどうなるのかは、誰にも分かりません。

さらに、QM33はオープニング時の限られた時間内で、銘柄選択をしなければなりません。

  

QMALLだと10銘柄に機械的にエントリーするだけ。

あとは手仕舞いだけに集中すればいいわけです。

  

同時ホールドする銘柄の数が少ないと、勝率は確実に下がります。

10機編隊で飛んでいて5機が落ちても、まだ5機が残ります。

ですが5機編隊で5機落ちれば全滅です。

   

QMALLというトレード手法を何故勧めているのかというと、このように単純な確率の問題だからです。

10銘柄の中でどの銘柄がエントリーした方向へ動くのかが分かれば良いですが、分からなければ確率の点で不利になります。

   

QM33では、エントリー時に10銘柄から特定の銘柄を選択するという、難しい選択をしなければなりません。

時間が限られるオープニング時に、こうした難しい選択をするのはストレスが高いため、エントリー時に集中力を消費してしまいます。

 

そのため、エントリー後の手仕舞い時の集中力は、低下することになります。

だったら10銘柄全部に入って、手仕舞いだけに集中した方が遥かに有利ではないか?

 

こうした点から、QMALLより、QM33 の方が、安定した成績を残すのが難しいと考えています。

こうした理由から QMALL を勧めています。

  

ただ、手仕舞いさえきちんとできれば、どちらの手法でも一定の安定した成績は残せるはずです。

   

   

QMALL・先週のパフォーマンス

コメント(0) (0)

QMALLでは、ボトムスキャンのパフォーマンスのどれくらい獲れるのか?

peformance.jpg

米国ナスダックマーケットでの成績を検証。

     

トレード方法

ボトムスキャンのマーケット開始2分後の表示を見る。

ロングサイド5銘柄・ショートサイド5銘柄へ3分の時点でエントリー

損益がマイナスになったら、基準のカットロス幅でカットロス。

カットロス幅の基準は▼150ドル前後  

1026bs2.gif

ボトムスキャン無料ユーザー登録 で 1週間無料トライアル

基本メソッド カットロス幅の基準は▼150ドル前後

 

4月21日からボトムスキャンは新バージョンへ        

QM33へ移行するまでの QMALL の成績のまとめは 2016月04月03日(日) に掲載。

以後はQM33へ移行

2017月03月12日(日)にQM33からQMAALへ移行

 

2017年月別成績 

5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

  

2018年月別成績

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月   

 

 

現在までのトータルの成績は・・

1026QMALL.gif

     

一日の平均利益は1520ドル

    

1週間では7600ドル

この成績だと、月収3万400ドル。

ちなみに、すべて3分足での手仕舞いだとロスは1週間で1270ドル増加する。

          

年収36万4800ドル。

(為替レート110円だと4012万円強)

         

その半分しか獲れなくても2006万円強!

     

     

この9月で一年4ヶ月が経過。

このあたりの数字がこのトレード手法のパフォーマンスだと考えていいだろう。

             

銘柄選択はボトムスキャンといういわゆる「銘柄選択ロボット」におまかせ。        

確実に稼ぐことができる銘柄を安定して選択できるため、手仕舞いだけに集中すればいいわけだ。

        

この手法では一日1500ドルは手堅く獲ることができる。   

人間がトレーニングをして、正しいメソッドで取り組めば、ここまでできるわけだ。

                        

訓練することによって身につけることができる、経済的な完全自立への道。

トレードセミナー随時開催中            

                 

   

関連記事

  

応用問題

ご質問

ギャップリバーサルを見逃すな

30分チャートは便利

訓練はまず3分足だけ

角度を変えて見る

クアトロバンド

クアトロセットアップ

エントリー方向とトレンド

トレンドに従え!逆らうな

手仕舞いの理由

最新版をリリース!

好調で推移!

今何をすべきか?

2つの可能性を考えておく

デモトレーダー機能アップ作戦

ボトムスキャンの新機能あれこれ

30分ギャッププレイ

自動入力表示機能

▼150ドルの判定

ご要望について

4月23日QMALL初日

手仕舞いのルール

ボトムスキャン新バージョン

30秒チャートか3分足チャートか?

▼150ドル警告機能

ボトムスキャン・バージョンアップ計画 

オールグリーン達成

4月セミナーの前ですが・・

備えあれば憂いなし

アドバイス

勝てるようになるまでの時間

30秒チャートでロスを減らせ

30秒チャートの見方

サインを見逃すな

2本目がサイン

やる気への対処法

フォーメーションと読み

生きがい 

予測

AdvancedExecutionの威力

仕事と「やりがい」

カットロスの改善度

NOと言える勇気

出る杭

2月までのトータルパフォーマンス

ルールを守るための秘訣

カットロスはどの程度減るのか? 

新モジュール使用サンプル

CQGフィボナッチモジュール

「みんなの意見」は案外正しいか?

二択の醍醐味

加速する転職の時代

自分への今日の一句

人生のシミュレーション

大きな流れ

落差

信じる世界

女性のハートを掴め!

情報の価値

チャレンジ

幸せへの道

考えの変革が運命を左右する

不動産と年金制度

プライオリティー

逆境といかに闘うのか

夢の磨き方

フィードバックの効果

ルールの違い と変化

本当にやりたいこと

幸せになるためのヒント

自立と判断力

老いは誰にでも公平にやってくる

成功するトレーダーの3条件

夢の持ち方

最初のルールを忘れるな

    

  

2018年10月

« 前月 翌月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年10月

月別アーカイブ