毛玉取り

コメント(0) (0)

なかなかの優れものをご紹介。

そろそろ衣替えかなということで、冬物のセーターなどを整理していたら、結構毛玉のできているものが多いことに気がついた。

車を運転していると、背中などが頻繁にシートと擦れるため、結構毛玉ができるのだ。

    

毛玉取りでバッテリー動作のものは、値段も1000円以下のものが多い。

ウチでも買ったはずなので、どこへやった?と聞くと、カミさん曰く「すぐに動かなくなったので、捨てたわよ」。(笑)

   

で、ネットで調べてみると、3Mのたわしで擦るとか、いろいろな手があるようだが・・

結局買ったのは、IZUMI 毛玉取り器 毛玉カット「とるとる」 KC-500T(ダークブラウン)をアマゾンで4381円!

高いようだが、使ってみると、それだけの値打ちのある製品だ。

   

1115izumikedamatori01.jpg 

   

周囲のボツボツのついたプラスチックのアタッチメントを回すと、アタッチメントと「刃のつている面」との距離を調節することができる。

   

1115izumikedamatori02.jpg 

    

交流式なので、電池式のような非力感がないのがいい。

      

1115izumikedamatori03.jpg 

    

背面の蓋を外すと、溜まった毛玉を捨てることができる。

だがこの蓋をスライドさせるとき、とても堅いのが難点だ。

おまけに容量がそれほど大きくないから、まめに捨てなければならない。

セーターだと少なくとも2回は、溜まった毛玉を捨てることになる。 

      

1115izumikedamatori04.jpg 

上は使用前。

  

下は使用後。

ササっと軽くなぞっただけで、この通り。

1115izumikedamatori05.jpg

  

セーターなどは水平なところで一度作業をしてから、着た状態でもう一度毛玉を取ると、ほぼ取り残しなく仕上げることができる。

靴下は履いた状態で作業をしてから、残った部分を水平なテーブルに置いて取る。

プラスチックガードは最も密着した状態で作業をしても、生地を傷めるようなことはなかった。

  

セータ-をお持ちの方には、せひ一台、手元に置いておくことを薦めしたくなる製品だ。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2013年5月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年5月

月別アーカイブ