日本株ネットエイドについて

コメント(0) (0)

日本株のネットエイドは、東京マーケットでのトレードが購買力が回復するようになったため、1月から5カ月間実施し、そのパフォーマンスを含め検証してきました。

ボトムスキャンのパフォーマンスは?

トレードでどの程度獲れるのか?

など、多くのデータから得られた、日本株の現状と問題点をまとめてみました。

3月のパフォーマンス4月のパフォーマンスを見ると・・

  

3月

米国ナスダックマーケットのネットエイドのサービスでのパフォーマンスはドル円の為替レートが100円だと円換算で700万円。

ボトムスキャンのパフォーマンスは350万円で、ネットエイドの約50%。

  

東京マーケットでのネットエイドのサービスでのパフォーマンスは約245万円。

ボトムスキャンのパフォーマンスは167万円弱で、ネットエイドの約68%。

  

4月

米国ナスダックマーケットのネットエイドのサービスでのパフォーマンスは約9万6千ドル(960万円)で3月の7万ドルから増えています。

ボトムスキャンのパフォーマンスは3月の3万5千ドルから5万6千ドル(560万円)へ増加。

割合としては、ネットエイドのおおよそ約半分というのは変わりません。

  

東京マーケットでのネットエイドのサービスでのパフォーマンスは約400万円で3月の約245万円から増加。

ボトムスキャンのパフォーマンスは、245万で3月の167万円弱から増加し、ネットエイドの約62%のゲインで、3月の68%とあまり変わりません。

  

どちらにしても、日本株でのパフォーマンスは米国ナスダックでの半分以下ということになります。

一番問題なのは、シミュレーショントレードができないという点です。

というのは、日本の証券会社は、シミュレーションができるツールを、どこも提供していないからです。

  

米国株で日々トレーニングをされている方なら、シミュレーションをやらずにトレードをすることが、どれだけリスキーなことなのかは、よくご存じのはず。

ネットエイドを開催しても、参加される方が一向に増えないのは、当たり前だのクラッカー。

とダジャレを飛ばしたくもなろうというものです。(笑)

  

つまりトレーニングのしようがないわけです。

これでは勝てるようにはならないでしょう。

  

よく考えると、日本の証券会社って凄いよですよねえ。

いろんな意味でですが・・(笑)

 

ネットエイドの開催では、午前中に1時間以上、そしてそのまとめにも、かなり時間をとられるわけです。

それでもその甲斐があるのならまだしも、現状では以上のような理由から、これ以上続ける必然性がないのでは?

という結論に至りました。

  

以上の理由から、残念ですが日本株のネットエイドは、5月一杯で終了させていただくことにしました。

ご了承ください。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2013年5月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年5月

月別アーカイブ