ガットボトムのポイントは?

コメント(0) (0)

米国ナスダックマーケット7(火) は、「ガットボトム」のパターンが多い展開でした。

そのおかげで、ネットエイドのパフォーマンスはトータルで何と +9240ドル!

ガットボトムのパターンだけで+3910ドル!

ガットボトムは、反転するタイミングの見極めが大事。 

 

大事なのは、まずストップの位置。

うまく反転しなかったら、カットロスをしなければならないわけですから。

常に負けた時の対策を万全にしておく。

これは大事。

 

チャートを見た瞬間にストップの位置がわかるでしょうか? 

 

2013-05-07 22:31:07 はっち DTV

DTV0507.gif

DTV +650ドル  ガットボトム

下げ止まった陽線の後の陰線が続かず、陽線になっているのが目の付け所。

次のアタマでロングというわけです。

     

   
2013-05-07 22:31:11 はっち COST

COST0507.gif

COST +260ドル ガットボトム

ストップはマイナス236という絶好の位置。

わかりやすいパターンです。

  

  

2013-05-07 22:31:14 はっち NTAP

NTAP0507.gif

NTAP +150ドル +190ドル ガットボトム

これもストップはマイナス236という絶好の位置。

最初のガットボトムのゲインがあるので、次のガットボトムのストップの位置は深くまってもOKなわけです。

 

  

2013-05-07 22:31:53 はっち MNST

MNST0507.gif

MNST +330ドル  ガットボトム

これはストップからは距離があるように見えますが、500株ならOK。

これだけ長い陽線が出たら、次でエントリーしないとダメ。

    

   

2013-05-07 22:34:53 はっち WFM S

WFM0507.gif

WFM +210ドル

  

上のパターンの続きが下のガットボトム。

上のMNSTと似ていますが・・

マイナス236が邪魔。

それに長い陽線のあとでDOJIが出ています。

DOJIの後では入れないですからね。

次の陽線を待ってからだと、真上にマイナスの236が邪魔なので、ここは待ちです。

 

 

WFM0507-2.gif

WFM +440ドル ガットボトム

マイナス236をストップにした位置でエントリー。

ストップの位置決めの大事さが、よくわかりますね。

   

   

2013-05-07 22:36:24 はっち GPOR

GPOR0507.gif

GPOR +1040ドル ガットボトム

  

ストップは最初の陰線と次の陰線のギャップの下のエッジ。

連続した陽線が形成した距離の半分の位置がショートポイント。

エントリーポイントの手前の陽線のあと、陰線が出た時点で、ロングサイドのプルバックが起こる確率はなくなったわけです。

こういう「読み」が大事。 

ローソク足フォーメーションがしっかり頭に入っていれば、ガットボトムは難しくありません。

単なるプルバックなのか、それとも本格的な反転なのかを、しっかりと見極めることが大事です。

  

上下の2つは、ロングサイドからのガットボトム。

  

  
2013-05-07 22:41:55 はっち AKAM

AKAM0507.gif

AKAM +640ドル ガットボトム

 

最後のの陽線を呑み込んだ位置が、ショートのエントリーポイント。

プラス236をブレイクダウンすると、パニックが起こり、非常に長い陰線が形成されています。

236のガイドラインが、如何に重要かということが、よくわかるチャートです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2013年5月

« 前月 翌月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2013年5月

月別アーカイブ