おせち

コメント(0) (0)

正月の気分を盛り上げてくれるアイテムとして、「おせち」があります。 

0101osechi.jpg

 

「おせち」という名前の由来ですが、もともとは季節の変わり目とされる「節」に、神に供え物をし、宴を開くという宮中行事で用いられていた料理だそうです。  

「御節供料理」と呼ばれた料理は、いつしか庶民の間にも浸透。

お正月の「おせち料理」として定着したとのころ。

昔の人々はおせち料理に、豊作や家内安全、子孫繁栄を願う意味を込めていたそうです。

 

0101osechi2.jpg

父が新聞広告を見て頼んだおせち。何故か2人前のサイズでした。

紀文のおせち料理大事典

 

0101osechi5.jpg

一段目。

  

0101osechi4.jpg

二段目

  

0101osechi3.jpg

三段目

 

ほとんどのものが、全体に砂糖甘いので、私は味見程度に食べただけでした。 

  

0101zouni.jpg

雑煮。

餅は糖質制限のため、普通の大きさの3分の一くらいのものが、下に沈んでいます。 

汁が多いので、見た目はイマイチな写真ですけどね。

薄味でおいしく作ってもらいいました。

  

0101gomame.jpg

田作り

五穀豊穣を願い、 小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられた田作り。

片口鰯の小魚(ごまめ)を使った田作りは、関東でも関西でも祝い肴3品のうちの1品。

 

今年はカミサンが砂糖の代わりに、ラカント(液体)を使って作ってくれました。

フライパンでカラカラにしっかり煎ってから、醤油とラカントで絡めます。

しっかり煎ると、出来上がりがパリパリになって、小魚同士もバラバラの状態で仕上がります。

ただし煎っている最中は、部屋中が臭くなりますけどね。(笑)

しつこい砂糖の甘さがなくて、上品な甘さと唐辛子の辛さが絡み合って、とても美味しい出来上がりです。

 

0101kuromame.jpg

黒豆

元気に働けますように! < 「まめ」に働く。(笑)

「まめ」は本来、丈夫・健康を意味する言葉だと言います。

「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない一品です。

 

これも、今年は砂糖の代わりに、ラカント(液体)を使っています。

重曹は使わないので、表面にシワが出来ず、ツルツルに仕上がります。 

ツヤのある黒い色にするための「さびた釘」は使っていないので、色は真っ黒ではありません。

でも豆そのものの味が濃厚で、しつこい砂糖の甘さのない、上品な味でついつい、食べ過ぎてしまうほどの美味しさです。

SONY α7R II + SEL30M35・E 30mm F3.5 Macro

 

 

  

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

 ↓ < ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2016年1月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年1月

月別アーカイブ