2016年01月12日 のCoolに過ごそう

快勝

コメント(0) (0)

クイックマジックWatch

QMALL クイックマジックオールプレイ 昨夜の成績は?

757fc1865ae1d03ff28dc78cedcdeb4e6a72dd08.jpg

  

多くのトレーダーの休暇明けとなる米国ナスダックマーケット11(月)は楽勝の展開。

   

10銘柄全てにエントリーすると?

0111BS2.gif

      

ロングサイド・クイックマジックで5銘柄 ▼480 ドル     

NXPI ▼90ドル

BRCM ▼120ドル

AMZN ▼140ドル

ESRX ▼30ドル

SBUX ▼100ドル

   

ショートサイド クイックマジックで5銘柄 +3110ドル

BBBY ▼280ドル

AKAM +1290ドル

ENDP +500ドル

STX ブレイクイーブン

VRTX +1600ドル

   

両サイド10銘柄で +2630ドル

ロングサイドは全滅でしたがマイナスは500ドル以下。

  

AKAM0111.gif

AKAM +1290ドル クアトロセットアップ

 

これとVRTXがいきなり大きなゲインで下げ始めたため、ロングサイドのマイナスはあっという間に解消。

というわけで、粘る必要もないので、ボトムを売ったであろうあたりで手仕舞い。

 

AKAM0111-2.gif

4本目でレンジアベレージを突破。

ハイローバンドのハイバンドがトレンドライン。

 

  

ENDP0111.gif

ENDP +500ドル

これはちょっと逃げようがないままで5本目ではマイナス200ドルオーバー。

他のショートサイド銘柄でガッツリ含み益があるのでホールドしたらいきなり長い陰線。

これだけ長い陰線が出たら次で手仕舞いでしょう。

 

ENDP0111-2.gif

長い陰線がレンジアベレージまで伸びたら、一応限界だからね。

手仕舞いのポイントはここしかないでしょう。

 

  

VRTX0111.gif   

VRTX +1600ドル クアトロセットアップ

 

これだけ長い陰線が続き、3本目がレンジアベレージを越えたら次は陽線の可能性が高いからね。

1500ドルオーバーのゲインでもあるわけで、これもここしか出る場所はないはず。

  

VRTX0111-2.gif 

    

伸びる銘柄が一銘柄でもあれば、実に楽な展開になるわけですが、今回は2銘柄もありましたからね。

こういう週の始まりの日にガッツリ獲れると、あとがラク。^^V

    

素晴らしい動きのナスダックマーケットでした。

   

 

朝の雲

コメント(0) (0)

0112clouds01.jpg

自宅ベランダから大阪湾方面

  

0112clouds02.jpg

灘・東灘方面

      

0112clouds03.jpg  

SONY α7R II + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

          

      

今日撮った写真 人気ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです。^^;

 ↓ < ありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

 

  

即決力

コメント(0) (0)

素早い判断をして、なおかつそれを行動に移す。

0104quickDecision.jpg

トレードではこうした「即決力」が成否を分けることになります。

ただ、これができる人というのは、とても少ないのです。

 

特にデイトレードの、いわゆるスカルピングと呼ばれる「利益を削ぎ取る」という意味のトレードスタイルでは、一瞬の遅れが利益そのものに大きく影響することになります。

ですが、これは正しい訓練をすることで、大幅に改善することができます。

    

こうした点を普通の仕事のケースにあてはめると、次のような二択問題に該当すると考えれば、よくわかると思います。

 

給料は上がるけれど、残業画大幅に増えて忙しくなる、あるいは給料は変わらないけど、権限を持てるうえに交際費が多く使えるようになる。

さて、あなたはどちらを選択するでしょうか?

 

こうした選択をする場合、たった二つのことでも、即決できずに悩む人は多いのです。

二つという単純な選択肢だから、かえって決められないのかもしれません。

 

ですがこうした問題について長時間悩んだからといって、よい選択ができるとは限りません。

かえってロクな結果にならないことの方が多いのです。

  

即決ができないということは、そこでプロセスがとまってしまうわけですから、第三者の評価としては、仕事のできない部類に属するとみなされてしまいます。

しかも、必ずそこには返事をしなければならない相手があるわけですから、その人を待たせる、つまりはその人の時間を、間接的に浪費していることになるのです。

 

ですから、即決ができない人は、普段からこうした事態を想定したことがないレベルの仕事しかしてこなかったと、判断されることにもなりかねません。

このような理由で、自分が置かれた状況を客観的に判断して、周りも納得できる答えを出すことができる人に、よい条件の仕事が集まることになります。

  

トレードの場合は、さらにシビアです。

 

数分後には、自分が取ったアクションの答えが数字となって、否が応でも戻ってくるからです。

セミナーでは、トレードで勝っても負けても、そこでトレードをやめる、つまり反対売買をして、トレードを停止するために、ストップをつけるのですが、それを決められない、あるいは決めるのに時間がかかる人が大多数です。

 

そうして反対方向へ動き続けても、何もアクションをとらなければ、損失だけがリアルタイムで増えてゆくことになります。

デイトレードでは秒単位での即決力が求められるのですが、面白いことに、ある時点を越えると、わかっているのに、何もできない状態になってしまうことがあります。

 

呆然として、範囲方向へ動き続けるのをただ見守るだけ、という状態になるわけです。

つまり予想外の損失を目の当たりにしたショックのあまり、思考が停止してしまうかのような状態に陥るのです。

  

トレードでは大なり小なり、こうした体験をして成長をするのですが、ほかの仕事では、こうしたことを訓練する機会というのは、全くないといっていいでしょう。

ほとんどの人にとっては、ヘッドハンティングされて、その選択に迷うというような状況というのは、人生で一度あるかどうかという頻度でしか起こらないはずです。

 

ですから、かなり切羽詰まった状態に追い込まれても判断をすることができる訓練をする機会自体が、全くないに等しいのです。

ですから、いざというときに即決できる人というのは、10人いれば、1人かあるいはもっと少ない割合になるのです。

こうした理由から、仕事の世界では、即決できる人の価値は高くなります。

   

男女の間でも、同じような状況が存在します。

 

決断力や即決力がどの程度あるのかを、女性は男性に対して非常にシビアな目で、しかも男性が自らを自己査定するよりも遥かに的確に、判定しているのです。

デートでの、プランや店の選択は、いくら事前に準備をしておいても、女性の希望により、全く違った展開となります。

 

そうしたケースでは、その時点の状況を的確に把握して、女性の気持ちを考えたうえでの、判断をする必要があります。

そこでの迷いや、間違った選択は、やさしく聡明な女性ほど、気がついていても、気がついていないフリをしますから、女性の顔色を窺っても、それは無駄というもの。

 

こうして深く考えると、仕事よりシビアかもしれません。

お互い気をつけましょう。(笑)

 

  

出典

2006年10月30日

 

 

2016年1月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年1月

月別アーカイブ