Andy Snitzer

コメント(0) (0)

0130AndySnitzer.jpg

アンディ・スニッツァー  Andy Snitzer

1962年フィラデルフィア生まれのアメリカのジャズ・テナー・サックス奏者。
  

ローリング・ストーンズ、ポール・サイモン、エリック・クランプトン、ボブ・ディラン、エルトン・ジョン、スティング、マライア・キャリー、クリスティーナ・アギレラなどのツアーメンバー。

   

Andy Snitzer 「American Beauty」

 


2001年5月・アルバム「シュガー(Sugar)」をリリース。

2003年・マンハッタン・ジャズ・クインテットへ参加。

2006年5月サム・クワイエット・プレイス(Some Quiet Place)リリース。

2011年4月トラベラー(Traveler)リリース。

2013年4月『ザ・リズム(The Rhythm)リリース。

   

こちらで全曲の「さわり」だけだが、試聴可。

サンプル音源のサワリだけ聴きながら書いてみました。

  

 ↓ 

 

1曲目・September '79

アドリブのメロディーラインで、只者ではないことが、わかってしまいます。

 
2曲目・American Beauty

やるせなく、それでいて切ない曲調でこのリフは堪りません。

  

3曲目・She Loves Me

リズムとメロディーのコンビネーションに填まる快感あり。

   

4曲目・Next to You

ゆったりと流れるリズムで、モタリながらブローされるとねえ。

サンプル音源が短い!(笑)

 

5曲目・Daddy-O

サンプル音源ではアドリブのいいところで終わってしまう・・

なので、このあたりまで聴いて、アルバムを買うことになった。

  

6曲目・Montreal

ミディアムスローの「けだるい系」サウンド。

サンプル音源で、二拍三連フレーズを吹くところなどで、彼のチカラがよくわかる。

   

7曲目・Willow

バックでのキャイーンというギターで撃沈。(笑)

8曲目・Mondays at Gert's

シャッフル系リズムのミディアムスロー

リズムをモタリ気味で追いかけるフレージングで、やられました。

  

9曲目・On and On

ギターがシャカシャカと刻むバッキング・・

分かってるよなあ・・

フェンダーのストラスキャスター系だな。

    

10曲目・Rain 

3拍子系のスローバラード。 

ちょっと、突き放した世界観サウンドで 締められました。

  

全曲ハズレなし。

という希有なアルバム。

 

なので最近はもっぱら車中でのヘビーローテーション。

聴けば聴くほど、その良さに染まるので、やめられない、止まらない、カッパえびせん状態。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2016年1月

« 前月 翌月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年1月

月別アーカイブ