The V.I.P Club

コメント(0) (0)

秋晴れのもとで幌を下ろしての早朝ドライブにはこれしかないでしょう!

というアルバムをご紹介。

vipclubjacket.jpg

 

最近はこればかり。

というのは気持ちのいいスカっと抜けるようなノリのよさが魅力だから。

ジャズの醍醐味はアドリブのフレーズとインタープレイだけど、フュージョンは何と言ってもアレンジ。

 

楽器の持ち味を生かしたアレンジで、それぞれの楽器のサウンドが織りなすコンビネーションを思う存分楽めるかどうかだが、最近はそういうアルバムが少ない。

でもご心配なく。このアルバムはそういう数少ないレアものの一品。

とにかく、リフのメロディーが印象的で、数回聴けば虜になってしまう魅力を持ち合わせた作品ばかり。

 

こちらで試聴可。でもCD Quarity のサウンドでないと魅力半減か?

試聴ページでのもう一枚のアルバム「Urban Life」は、ジャケットはイマイチなれど、4曲目の Night Rideと5曲目の Criss Cross だけのためにアルバムを買っても悔いなし。

2曲とも繰り広げられる怒濤のアドリブで「のけぞる」興奮が味わえますぞ。

  

COCONUT KISS

Drums, Keyboards: Wolfgang Haffner
Bass: Patrick Scales
Piano: Jorg Reiter
Fender Rhodes, Piano solo: Mitchel Forman
Alto Sax: Norbert Nagel
Guitars: Peter Tiehuis
Percussion: Marcio Doctor

Horns Unlimited:
Trumpet, Fiugelhorn: Andy Haderer
Trumpet, Flugelhorn: Rudiger Baldauf
Tenor Sax, Flute: Lothar van Staa
Trombone: Ludwig Gotz
Horns arranged by Wolfgang Haffner

  

   

イントロのギターのバッキングに分厚いが歯切れのいいホーンが絡み、弾けるリズムにアルトのテーマというコンビネーションでこれぞフュージョン!

途中の生ピアノの疾走感溢れるソロが素敵だ。

そしてそのフレーズの志の高さが、この曲のスパイとして色を添えている。

もう1コーラス聞きたいなあ・・と思った頃にフェードアウトだもんね。

   

  
SIMPLE LIFE

Drums, Keyboards: Wolfgang Haffner
Bass: Will Lee
Fender Rhodes: Mitchel Forman
Flugelhorn: Till Bronner
Guitars: Peter Tiehuis
Percussion: Marcio Doctor
Loop programming, Tambourine: Ernst Stroer

 

 

これも頭からご機嫌なリズムだが、こういうシンプルなノリがフュージョンの魅力だということを改めて認識。しかしこういうギターのバッキングは堪りませんなあ。

そこへ、かの Till Bronner  のフリューゲルが涼しげなテーマで絡むわけですから。

転調のアトのフェンダーローズでのソロへの入り方が、そんなあ・・という意表の突き方。

そしてモチ、ソロはこの音でこのフレーズなのですから、文句があろうはずなし。

で、Will Lee のベースラインも痺れまくりの線を走るわけです。

冷静になってみると、Till Bronner  のフリューゲルがこの曲のホットなサウンドとよくバランスされたコンビネーションとなって、素晴らしい曲として仕上がっている。

Till Bronner のソロへ戻るところの転調のカッコよさも、お聴き逃しなく。

最後の1分はエンディングのギターとフリューゲルの白熱ソロバトル

ココへの入りも、転調してからだもんね。

それにこのスピード感は爽快以外の何者でもない。

 

 

WARM BREEZE

Drums, Keyboards: Wolfgang Haffner
Bass: Will Lee
Fender Rhodes: Mitchel Forman
Alto Sax: Brandon Fields
Rhythm Guitar: Phil Upchurch
Wah Wah Guitar, Guitar solo: Peter Tiehuis
Loop programming: Ernst Stroer
Flugelhorn: Till Bronner
Flute: Norbert Nagel
Horns arranged by Wolfgang Haffner
  

 

Wolfgang Haffner がこの前の曲より少しテンポを落とし気味で、タイトなリズムを刻み、 Brandon Fields のアルトが絡む。リフのメロが美しい。

この曲でもメロとサビのところで飽きない転調が入っている。

途中から Peter Tiehuis のギターソロが入るのだけれど、ちょっとペキペキが入った音がまたいい。

リズムの「間」の具合とシュアなリズムは、リズムセクションの Wolfgang Haffner と Will Leeのなせるワザなのだろう。

最後の方でノーベースになるアレンジが新鮮。

そしてそのあとの Wolfgang Haffner のシンバルワークも楽しめるぞ。

  

 

INTO THE LIGHT

Drum and Percussion programming,
Cymbals, Keyboards: Wolfgang Haffner
Bass: Will Lee
Soprano Sax: Kim Waters
Guitars: Chuck Loeb
Flugelhorn, Trumpet: Till Bronner
Flute: Norbert Nagel
Horns arranged by Chuck Loeb, Wolfgang Haffner and Till Bronner
 

すこし哀愁を帯びた色調のサウンドにソプラノサックスが絡むが、途中での転調の「さりげなさ」が、これまたお洒落。

Chuck Loeb らしいギターソロが、とても良くマッチしている。

バッキングの色合いが、微妙に変わりながら、そしてリズムはまったりと、そしてグルーヴィンに刻まれるわけだから、そりゃあゴキゲンになるわけです。

多分シンセだと思うけど、マリンバや、ストリングスサウンドなども聞こえてくる・・

とにかく、ゆったり感を存分に楽しんでください。

最後のあたりのギターとサックスのソロが聴きもの。

  

 
RIGHT ON

Drums, Keyboards: Wolfgang Haffner
Bass: Will Lee
Fender Rhodes: Mitchel Forman
Tenor Sax: Andy Suit
Guitars: Peter Tielmis
Guitar solo: Jeff Golub
Percussion: Marcio Doctor

Horns Unlimited:
Trumpet, Fiugelhorn: Andy Haderer
Trumpet, Flugelhorn: Rudiger Baldauf
Tenor Sax, Flute: Lothar van Staa
Trombone: Ludwig Gotz
Horns arranged by Wolfgang Haffner

  

 

イントロはギター2本のコンビネーションによるカッティングから。

シンコペーションのリズムが印象的。ホーンの刻むリズムが新鮮。

リズムギターのカッティングがかなり凝ったことをしている。

テナーとギターのカッティングが目立つバッキングとのコンビは、ちょっと「ない」組み合わせだね。

バックのホーンとシンセのユニゾンとか、途中でのバッコンバッコンというリズムへの変化など、面白い仕掛けが次々と登場。

そして意表を突く転調と、いきなりのブレイク、というわけで、飽きない仕掛けがてんこ盛り。

パーカッションもしっかりと効いているしね。

  

 

NIGHT MOVE

Drums, Keyboards: Wolfgang Haffner
Bass: Christian Diener
Fender Rhodes: Mitchel Forman
Soprano Sax: Tony Lakatos
Rhythm Guitar: Phil Upchurch
Wah Wah Gutar, Sounds: Peter Tiehuis
Percussion: Marcia Doctor

 

 

暗くなってから聞くと、とてもいい。

ミディアムテンポのベードラとハイハットのリズムが「ずいずい」と乗ってくるから、堪りませんな。

ギターのWOWOW効果や、クラッシュするシンバルの音でアワワと思ってると、ソプラノの哀愁を帯びたサウンドのアトに、フェンダーローズでソロを展開。

怒濤のエモーションが押し寄せるから、良い音のオーディオで聞くと、鳥肌が立つハズ。

iPod の間引きされた音だと、この醍醐味は味わえないだろう・・というレベルなので。

おまけにソプラノのフレーズがこれだからね。

ハイハットがワザとフラットなノリを刻んだりして、 Wolfgang Haffner が職人だといういことがバレてしまうわけです。

 

 

FAR FROM HOME

Drums, Keyboards. Wolfgang Haffner
Bass: Patrick Scales
Piano: Mitchel Forman
Guitars: Chuck Loeb
Shaker: Marcio Doctor

  

  

このリズムに、この生ピアノのこういうソロというコンビネーションで、レベルがわかろうというもの。

これはフュージョンでなくて、完全なジャズだ。聴けばわかるそういう演奏。

生ギターをそうやって、そこだけのために使うんだね。・・参りました。

細かいシンバルワークで、これだけ涼感溢れるサウンドを醸し出せるなんて、知りませんでした。はい。(笑)

クレジットには書いてない、楽器がいっぱいあるから、よく聴くと結構サウンドが厚い。
  

 

 
MIAMI BEACH

Drums, Keyboards: Wolfgang Haffner
Bass: Will Lee
Flutes: Norbert Nagel
Guitar: Peter Tiehuis
Percussion: Marcio Doctor
Soprano Sax: Tony Lakatos
Vocal: Rogerio jardim

Horns Unlimited:
Trumpet, Fiugelhorn: Andy Haderer
Trumpet, Flugelhorn: Rudiger Baldauf
Tenor Sax, Flute: Lothar van Staa
Trombone: Ludwig Gotz
Horns arranged by Wolfgang Haffner

 
さっきの曲と180度雰囲気が違う、灼熱のマイアミサウンド!

ベースのシンコペーションとBドラの張り付き度というか、お互いのフレーズの食い付きがものすごくタイトなのが気持ちいい。

このキレのよさが堪らない。

 

  

SPRING-ROLL

Drums: Wolfgang Haffner
Bass: Patrick Scale
Keyboards: Frank Chastenier
Load Guitar, Guitar solo: Andreas Bluml
Rhythm Gust: Peter Tiehuis
'Tenor Sax: Andy Snitzer
Percussion: Marcio Doctor
 

 

ディストーションで少し歪んだギターのリフと、スネアのカンカンいう音がまた良く合ってるんだね。

それにサックスとギターのリフが一部ユニゾンだと、よく聴くと、かなり細かいことやってますが、一体誰がココまでこだわってるのか?

当然 Producer の WOLFGANG HAFFNER が犯人だろうけど、あんたドラムでしょ?とジョークをいいたくなるレベルまで来てるわけですね。

最後の方のオルガンの音があああ・・

  

  

THE DAY AFTER

Drums. Wolfgang Haffner
Bass: Patrick Scales
Piano: Mitchel Forman
Keyboards: Jo Barnikel
Guitars: Chuck Loeb
  

しっとりと、ドラムはブラシでかなりスローなリズム。最後にこういうのはいいねえ。

生ギターと生ピアノでリリカルな世界が展開される。だけど同じアルバムの中の曲とは思えないのがミソ?

ピアノソロの高い鍵盤の独特の弦を叩く音といい、いいオーディオ装置が欲しくなる曲だ。

 

PRODUCED BY WOLFGANG HAFFNER

EXCEPT "INTO THE LIGLI"
PRODUCED BY WOLFGANG AND CHUCK LOEB

ALL SONGS COMPOSED AND ARRANGED BY WOLFG HAFFNER

EXCEPT "INTO LIGHl"
COMPOSED AND ARRANGED BY
WOLFGANG HAFFNFR AND CHUCK LOEB.

 

 

出典

2007年0908 Sat.

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2015年11月

« 前月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年11月

月別アーカイブ