2019年05月07日 のCoolに過ごそう

やはり効く!

コメント(1) (0)

cs60image1.jpg

 

 

先日ALSのTAMAさんの仕事の都合で、施術できない日がありました。

すると今日の朝1時間くらい、調子が悪くなり、腕に力が入らなくなったのです。

    

一日施術を休むと、やはり進行するようです。

空けずに継続していると、痙攣はあってもその「あとの調子の悪さ」がなくなります。

  

今まで約1か月の施術は、週6日くらいのペースで毎日50分行いました。

頭部に最も時間をかけますが、全身をくまなく擦ります。

 

頭部だけ50分というのもやってみましたが、全身50分で60兆の細胞に活力を与えることによる効果の方が効くうえに、彼曰く心地いいのだそうです。

頭部がただ痛いだけの50分は、つらいだけですからね。

ホントよく我慢しているなと感心します。

 

現時点でたぶんこうだろうな、と言えることは以下の2点です。

あくまでもTAMAさんの感覚によるものです。

  

痙攣(悪性)というかヒクつきがあり、そのあと調子が悪くなる = 進行

痙攣(好転反応?)があり調子いい = 進行停止あるいは逆行 

  

毎日やっていると、調子がいいのだそうです。

  

毎日やると進行停止あるいは逆行するということは、逆行が積もればどうなるかです。

吸い出してALSの元が枯渇すれば、完治する可能性がゼロではないはず。

    

という希望的観測ができるのは、TAMAさんの調子がいいからです。

   

実は4月26日(金)5:05分 に東京のホスピスに入院していたALSの友人が亡くなりました。

寝たきりでうつぶせにもなれないのでALS進行押戻作戦343日目 で書いているような対策以外に手立てがなく、最近ではフラワーロード先生の波動パックを枕の下に入れることくらいしかできませんでした。

本当に無念です。

     

ちなみに、ALSで呼吸ができなくなったのではなく、肝炎で高熱が出たのが原因のようです。

   

ラインで連絡があった電話番号を通じて奥さんから伺い、もらい泣きしました。

     

TAMAさんにとっても、つらい知らせとなりましたが、それだけに毎日の施術で何とか食い止めたいと願い、CS60の痛みに耐えています。

私も亡くなった友人のために頑張らないと・・と強く思いながら、毎日彼を施術しています。

   

     

2019年5月

« 前月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ