ジャガーEタイプ

コメント(0) (0)

ランチが終わって外へ出たら、珍しい車が・・

0315EtypeFront.jpg

1961年、ジュネーブショーでデビューしたジャガーEタイプ。

   

フロントはバンパーなしで、ボンネットにはエアインテーク・・

デビュー当初は3,781ccの直列6気筒DOHCエンジンだったが・・

    

0315EtypeRear.jpg

ナンバープレートの色が歴史を物語っている。

オレが知っているEタイプのリアはもっと流線型だったと思うのだが・・

     

0315Etyperearemb.jpg

トランクの上には誇らしげなV12気筒のエンブレム・・

1971年10月、アメリカの安全基準に適合させるために骨抜きになったEタイプはエンジンをウォルター・ハッサンとウォーリー・マンディにより設計されたボアφ90.0mm×ストローク70.0mmで5,343cc、圧縮比9.0の新開発V12気筒エンジンに置き換えることでそのパフォーマンスを回復したという。

      

0315EtypeSide.jpg

サイドはエレガントな曲線で構成されている。  

  

0315EtypeSide2.jpg

この個体は、かなり特殊なメイクのようだ・・

   

   

関連記事

    

新車で買える'60年代の名車!ジャガー「Eタイプ ライトウェイト」の再生産モデル

6台は顧客の注文に合わせ、ジャガー発祥の地であるブラウンズ・レーンに設けられたジャガー・ヘリテージのワークショップにて、FIA ヒストリックカー・レースの規定に則って製造される。価格は100万ポンド(約1億7,100万円)

  

ジャガー 50年前の奇跡の売れ残り!Eタイプ6台再生産

  

ジャガーE-タイプ・ライトウエイト AUTO CAR 海外初試乗

52年の安息を経て、いよいよジャガーは最新のE-タイプ・ライトウエイトを制作した。有益な52年だったかどうかをテストする。復刻版が今回の主人公である。価格は約£1,000,000(1億9,507万円)。現存するオリジナルのライトウエイトのオークション価格に比べるとかなり安い。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2016年3月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年3月

月別アーカイブ