Chris Standring

コメント(0) (0)

chrisstandringTen.jpg

最近のヘビーローテーションとなっているアルバム。

 

1998年 ベルベット(Velvet)

2000年 ヒップ・スウェイ(Hip Sway)

2003年 グルーヴァリシャス(Groovalicious)

2006年 ソウル・エキスプレス(Soul Express)

2008年 ラブ・アンド・パラグラフス(Love & Paragraphs)

2010年 ブルー・ボレロ(Blue Bolero)

2011年 センド・ミー・サム・スノー(Send Me Some Snow)

2012年 エレクトリック・ワンダーランド(Electric Wonderland)』

2014年 ドント・トーク、ダンス!(Don't Talk, Dance!)

   

などに続く10作目のアルバムが Chris Standring の TEN。 

 

こちらが米国のアマゾンにある、このアルバムの全曲を試聴できるページ

彼のアルバムはここのページでほぼ聴くことができる。

 

Never Too Late - Chris Standring 5:38

  

アルバムの最後の曲が実にメロー・・

  

ゆったりとした流れに漂うリリカルで哀愁を帯びたギターのサウンドは、限りなく透明だ。

その空間を切り裂くように、アドリブのフレーズが突き刺さる・・

そして4分21秒には目眩を起こすようような転調が起こり、やがてエンディングへ。

 

この一曲だけのために買ってもいい、と思わせてくれる。 

  

chrisstandring.jpg

 

英国出身のベテラン・ジャズ・ギタリスト、クリス・スタンドリング。

1960年生まれの56歳。

 

音大卒業後、スタジオミュージシャンとして数多くのセッションにに参加。

その後、L.A.に移住し西海岸で活躍している。

  

Chris Standring - Ready Steady Flow

    

個性がないようでいて、聴き続けているとその個性がジワジワとやってくる・・

ある意味、実にスタジオミュージシャンらしいサウンドといっていいだろう。

こちらで試聴可   

 

Chris Standring Live at Anthology San Diego

ストラトのギターサウンドが実に甘美・・

 

Chris Standring - Sensual Overload [HQ]

 

Chris Standring - Bossa Blue

  

Chris Standring - 10 Yesterday's Heaven

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2016年3月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年3月

月別アーカイブ