静音計画

コメント(0) (0)

いつの間にかなくなっていたことが発覚!

それはフロントとリアドアの間にあったはず・・

0326Dooredge.jpg

ディーラーで買うと、たぶん高くつくので、市販の製品で試してみた。

     

0326Dooredge2.jpg

助手席側は、このように専用のゴムのパーツが装着されている。

要はフロントドアとリアドアのチリの隙間を埋め、空気の侵入を防ぎ風切音を低減させるためのもの。

  

0326Dooredge3.jpg

上端部分はドアの形状に合わせた形になっている。 

ドライバーズサイドはいつの間にか外れ、無くなってしまっていたのだった。

  

0327Dooredge4.jpg

上端部分を拡大したショット。   

    

0326Dooredge1.jpg

このようにして取り付ける。

  

0326Dooredge4.jpg

というわけで無くなっていたドライバーズシート側へこのように装着。

  

0327Dooredge5.jpg

これができあがり。  

   

0326Door.jpg

ついでにこれも追加で装着。

ウェザーストリップが装着されている部分の反対側へ施行するアイテム。

つまりウェザーストリップが当たるドア枠外周部分に施行するパーツだ。

0327Dooredge6.jpg 

ドアが閉まった時の隙間を埋めるためのもの。

密着度と気密性を向上させ、外からの風切音等を含む騒音を減らそうというわけだ。

 

0327Door4.jpg

助手席のフロントドア側に装着したショット。

よく見ると、C6はこうした遮音のためのシールは、かなり入念に設置されている。

そのためだろうか、施工直後はドアの閉まりが少しが悪くなった。

なので、少し強めにドアを閉めないと、半ドアになりやすい。

1週間もすれば、馴染むだろうけどね。

   

0327Door3.jpg  

ボディー側へも装着。

派生効果として、ドアを閉める時の音に、高級感がさらに加わるという寸法だ。

    

取り付けのため、よくよく見てみると、4枚のドア回りは、ゴムのパーツが念入りに装着されている。

さすが静かな車だけあって、メーカーの対策は徹底して行われていることがわかる。

 

効果としては、さらに静かになった気がする。 

元々静かな車だったから、ゴムのパーツが無くなっていたことは、今まで知らなかった。

だがこの静音計画の一連の製品について知ってから、改めてドア回りを見たところ、紛失を発見したというわけだ。

  

0327Dooredgemini.jpg

余った分はカミサンのミニへ。

 

0327Dooredgemini2.jpg   

ミニは、戸が閉まりにくくなることはなかった。

装着後、車の剛性が上がり、静粛性も上がった気がする。

だが距離を走っていないので、それ以上の効果のほどは不明。

 

  

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

2016年3月

« 前月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年3月

月別アーカイブ