2018年12月01日 のCoolに過ごそう

318 i ツーリング

コメント(0) (0)

1130-318i-01.jpg

 

 D3一年点検の代車は、白い318 i ツーリング。  

1130-318i-02.jpg

逆光なのに、ちゃんと写ってる。(笑)

 

どうやら ラインナップの中の M・Sport のようです。

1130-318i-06.jpg

フロント・ドア・シル・プレート(Mロゴ、アルミ・インサート付)

  

1130-318i-03.jpg

   

ステーションワゴンタイプは、室内の音が籠もりがち。

籠もり音に関しては、空間の広さが、アダになっているようです。

 

1130-318i-04.jpg

1.5リッター直列3気筒なので、エンジン音に色気がありません。

日常使いには十分なトルクがあります。

   

BMW ツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジン

最高出力:100kW〔136ps〕/ 4,400rpm

最大トルク:220Nm〔22.4kgm〕/ 1,250-4,300rpm

  

1130-318i-05.jpg

D3を簡素にしたようなインテリア。

シートは一部、アルカンターラが使われています。

   

1130-318i-07.jpg

フロントフェンダーのドアよりについているバッジ。

 

1130-318i-08.jpg

リアの空調吹出し口。

 

1130-318i-09.jpg

 

 

街乗りでは全く過不足のないエンジンのため、実用性は十分です。

ただ急加速のときに、踏んでも音の割に車速が上がらない傾向にあります。

 

そういうときは、ドライブモードをスポーツモードにして回転を上げ目に走るという手があります。

パドルシフトはついていないので、シフトレバーをマニュアルにして操作する必要があります。

   

ただスイッチで、いちいちモードにするのはちょいと面倒です。

なので、ノーマルモードでは自然に周りの車と同じペースで走るようになります。

   

すると、ちょうどいい案配なんですね。 

 

エンジンは何も知らなければ、3気筒とは全く分かりません。

6気筒に比べると音に色気がなく、チカラもないというだけです。

    

乗り心地は、当たりが柔らかく、揺れの収束サイクルは少しゆったり目な乗り味。

なので周りの車と同じペースで走るのなら、なかなか「いい落としどころ」でしつらえてあります。

   

ただMスポーツたる「ゆえん」はどこにも見つけられませんでした。

エクステリア左右2カ所のバッジと、フロント・ドア・シル・プレート、あとはシートにも3色カラーでそれらしいM印は付いています。

 

まあ、ないと寂しくなるはずで、飾りとして使っているようです。

MAバッジでちょいとスポーティーな装いを、というわけですね。

 

あとアルカンターラを使っているシートは、なかなかお洒落。

ちょっと殺風景になりがちなダッシュ周りのデザインが、シートの質感で気にならなくなります。

  

そうなると走りの面で、何かMスポーツらしさがひとつ、欲しいところです。

せめてパドルシフトがついていればねえ・・とちと残念です。

  

エンジン音の遮音はなかなかのレベル。

立派です。

 

ただ、足回りからの突き上げでボディーに共振する音が気になりました。

 

遮音というか吸音が十分でないので、オレ的に一番気になった点です。

特定の周波数で籠もり音が出るのですが、これは二日目になっても慣れませんでした。

 

いわゆる乗っている状態で耳に入ってくる音に、高級感がないのです。

まあ、3シリーズのエントリークラスですから、無い物ねだりは分かっているのですが・・

 

仕方ありません、やはりこういうところは、値段相応です。

    

整備が終わったD3での帰路で、静けさのレベルが、段違いだと言うことがよくわかりました。

それと、全体にピシッと引き締まって、無駄な動きがありません。

  

さすがアルピナ!

   

これは、乗り換えてみると、実によく分かります。

高速で速度が上がっても、路面に張り付いているかのような挙動で走るんですね。

      

そのあまりの自然さに、気がつきにくいのですが、乗り比べると実によく分かります。

   

カミサンに代車の感想を聞くと、「ブワブワしてトラックみたい」。(笑)

  

 

QuickMagicAll - 30(金)

コメント(0) (0)

QMALL Watch

757fc1865ae1d03ff28dc78cedcdeb4e6a72dd08.jpg

米国ナスダックマーケット QMALL 昨夜の成績は?

    

ボトムスキャン ・ マーケット開始2分後の表示

1130bs2.gif

ボトムスキャン無料ユーザー登録 で 1週間無料トライアル

基本メソッド カットロス幅の基準は▼150ドル前後

  

 

ロングサイド

 

 

aal.gif

AAL 1000株 +410ドル

 

 

wday.gif

WDAY 300株 ▼200ドル

3分足でのプルバックは300ドル

下は30秒チャート

wday30.gif

3分足での手仕舞いだとロスは100ドル増加する

 

 

aaba.gif

AABA 500株 ▼60ドル

3分足でのプルバックは210ドル

下は30秒チャート

aaba30.gif

3分足での手仕舞いだとロスは150ドル増加する

 

 

lulu.gif

LULU 300株 +440ドル

プルバックは120ドル

 

 

mar.gif

MAR 500株 ▼140ドル

3分足でのプルバックは290ドル

下は30秒チャート

mar30.gif

3分足での手仕舞いだとロスは150ドル増加する

 

 

ショートサイド

 

 

atvi.gif

ATVI 1000株 +420ドル

 

 

ctsh.gif

CTSH 500株 ▼20ドル

 

 

csco.gif

CSCO 1000株 ▼150ドル

 

 

aapl.gif

AAPL 300株 +280ドル

 

 

algn.gif

ALGN 200株 ▼160ドル

 

      

QMALLは10銘柄へエントリー

ロングサイド +450ドル

ショートサイド +370ドル  

合計 +820ドル

すべて3分足での手仕舞いだとロスは400ドル増加する  

 

ボトムスキャンのゲインの 約53% のパフォーマンス。    

   

ボトムスキャンのパフォーマンスは +1550ドル。

 

両サイドとも2勝ずつという厳しい展開

勝ち銘柄はすべて400ドル台で、しかもカットロスもそれなり。

トータルでは500ドロオーバーの大勝!

 

  

2018年12月

« 前月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ